映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
ヤング・フランケンシュタイン
2012年10月24日 (水) | 編集 |
ハロウィンには三大モンスターはつきものですが、
今日はメアリー・シェリーの『フランケンシュタイン』をパロディにしちゃった名作コメディ『ヤング・フランケンシュタイン』です。





ヤング・フランケンシュタイン
1974年(アメリカ)
原題:Young Frankenstein
監督:メル・ブルックス
出演:ジーン・ワイルダー、ピーター・ボイル、マーティ・フェルドマンテリー・ガーマデリーン・カーン





脳外科医フレデリックは家督を継ぐため、トランシルバニア城を訪れる。彼はそこで祖父の“怪物”実験記録を発見。自分も墓地から大男の遺体を掘り起こし、ある脳髄を移植する。




フランケンシュタインの孫にあたる医大講師にフレデリックにジーン・ワイルダー
彼は監督のメル・ブルックと共同で脚本も書いてますね。
フレデリックは祖父と血縁であることも隠すほど、その実験に否定的だったのに、
おじいさんの実験ノートを目にするや
自ら死体を蘇らせる実験を実行してしまう。血は争えません。
そしてやっぱりモンスターを生み出し、世間を騒がせるのですが・・

いやぁ、オリジナルの名シーンをパロディにして笑わせつつも
クラシカルな雰囲気そのままに、新しいフランケンシュタインの話に仕上げてる
フランケンが少女と出会うシーンでは、そこに井戸があり、
悲しい結末を予測させておいての あれだもんなぁ(笑)
そんな意外な展開が嬉しくてたまらない。




アブノーマルをアビー・ノーマルさんと間違えちゃうギョロ目のマーティ・フェルドマンや博士の助手役のテリー・ガーなどキャストもいいですね。
鉄の義手を持つ警視などは、『キングピン』や『ヒューゴの不思議な発見』のバロンちゃんの足の元ネタだったのかな。
一番のお気に入りはジーン・ワイルダー扮する博士とフランケンが
ダンスを踊って歌うシーン。フランケンの合いの手も最高で爆笑でした。

オリジナルでは悲しいものだったフランケンの人生を180度転換させ、
叶えることができなかった夢のあれこれを丁寧に叶えてあげるという発想も優しいじゃありませんか。
ジョン・モリスの美しい音楽もしっとりとして、映画の格を上げています。




★★★★☆