映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】ラドクリフ君が死体になる『スイス・アーミー・マン(原題)』
2016年07月13日 (水) | 編集 |
swissarmyman_tn.jpg


スイス・アーミー・マン(原題)
アメリカ

原題:Swiss Army Man
監督/脚本:ダニエル・シャイナート/ダニエル・クワン
出演:ポール・ダノダニエル・ラドクリフメアリー・エリザベス・ウィンステッド
 

生きる望みを失い、無人島でまさに自殺を図ろうとしていたハンクは海辺に打ち上げらえた死体に気づき・・
swiss-army-man-006-1280x535.jpg 


【感想
 
ダニエル・ラドクリフ君が死体を演じて話題の本作
生きる望みを失くしていたポール・ダノ君演じるハンクが死体を見つけ、
ともに島を脱出しようとするというヘンテコな話
swiss-army-man-image_2048_0_0.jpg 

死体を生きているように見せてハチャメチャするというと『バーニーズ/あぶない!?ウィークエンド』を思いだすところだけど、本作でも死体のハチャメチャ振りでは負けてない。

ハンクが見出すことになる死体の思わぬ能力はスイスアーミー・ナイフばりに万能(笑)
その力を利用して島を脱出しようとする展開は爆笑です。

そもそもは「死体がこんな風だったら」という監督のジョークが高じて作られた作品らしく
ひたすら繰り広げられる死体ネタは小学生か!と突っ込みたくなるし
見続けていると少々引いてもくるw

でも死体が能力を発揮し始めるオナラとエレクションはハンクのトラウマにもつながるもので
死体との出会いがハンクの生きる力になっていくことに意味がありました。

劇場予告も観てたので、大方は予定調和。
でも最後の10分くらいの思わぬ展開にちょっと呆然としてしまってね。
正直受け入れられないままに劇場を後にしたものの
帰ってじっくり考えて、これでいいんだと納得したんですよね。
ネタバレしたくないので詳しく書けないけど・・

ただ作り手の思いを理解できずに終わる人の方が多いんじゃないかな。
もう一歩説明を加えてもよかったんじゃないかと思うけど
ストレートじゃないだけに、気づいた時の感動もありますね。
限りなくオリジナル
ラドクリフ可笑しくて切なくて、真剣な映画でした。

ブログパーツ


【映画】『10 クローバーフィールド・レーン』前作の血族?
2016年03月24日 (木) | 編集 |

10+CLOVERFIELD+LANE.jpg 

10 クローバーフィールド・レーン(2016)アメリカ

原題:10 Cloverfield Lane
監督:ダン・トラクテンバーグ
脚本:ジョシュ・キャンベル/ マット・ストゥーケン /  デイミアン・チャゼル
出演:メアリー・エリザベス・ウィンステッドジョン・グッドマン  / ジョン・ギャラガー・Jr 
    
【あらすじ】
見知らぬシェルターの中で目を覚ました若い女性ミシェル。そこには「君を救うためにここへ連れてきた」と話す見知らぬ男がおり、ミシェルと男の共同生活が始まるが……。
--------------------------------------------------------------------------------
【感想】

ん?クローバーフィールド?続編??と
殆ど情報を入れずに観にいきました。

一応2008年の『~HAKAISYA』とは血族の位置づけだそうで・・
血族ってなんや(笑)
要するに続編ってワケでもないけど近いもんがあるよという感じ。
今回J・J・エイブラムスは製作に回り、新人監督がメガホンを取ってますね。

冒頭、車を走らせるミシェル(メアリー・エリザベス・ウィンステッド)。
恋人のベン(ブラッドリー・クーパーの声だったらしい)から電話があるも、ミシェルはベンから逃げている様子。
そしていきなり事故に遭います。
1035x668-CE-00792R_02.jpg 

目覚めた彼女の腕には点滴が施され、片足は鎖に繋がれている。
そこにジョン・グッドマン演じるハワードが現れ、「外は危険だから出ちゃいけない。
ここは危険から逃れるために準備していた地下シェルターだ」と説明するんですね。

ミシェルにしてみれば変態に監禁されたという思いしかなく、
なんとか隙を見つけて脱出しようとするわけ。
さて、ミシェルが知ることになる真実は?という話。



ハワードの正体と、外界で何が起きているのかの両方を謎にしてミステリーを展開させる本作ですが、
比較的スローなのと、前日の睡眠不足もたたって途中ちょっと寝てしまった(汗)
気づいたら腕を負傷した先客エメット(ジョン・ギャラガー・Jr )が登場してて
彼はなんであそこにいたんだろう?とか、そんなことまで謎になってしまった(笑)

ypwewbz94kppm4zttkg9.jpg

ジョン・グッドマンがちょっと怖くて、いい人なのか悪いヤツなのか分からないのと
外に出たらばとんでもなかったというところをちゃんと見せてくれるのはいい。
ただクライマックスのバトルはもう少し見せ場が欲しかった。




メアリー・エリザベス・ウィンステッドが途中お着替えをするのが無粋。
着替えたその服は誰のだ?っていうところもミステリーの一環なので仕方ないですが
闘う女は白タンクトップとおパンツというのを守って欲しかった。
彼女は今回も得意の火責めで頑張ります。




地下シェルターで過ごす映画に『ディヴァイド』(2011)というのもあったけど
爆撃や災害に備えてシェルターの準備が必要かもだな。




と、ここまで書いたところで、我が地域はいきなりのヘイル・ストームに見舞われました。
ひょうが屋根をたたく音のものすごいことといったら。
わずか5分くらいだったけどその間命が縮まる思いだったわぁ。
終わってみたら外は一面のひょう。
車もボコボコになるくらいだから、外に出てる人がいたら大変なことになってるでしょうね。
シェルターを見つけられたらいいのだけど・・。




ちなみに直後からインターネットも電話も不通になり、今やっとアップしようとしてるところ。
ひょうの写真などはあとでお見せしますね。

ブログパーツ


[READ MORE...]