映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
オズ はじまりの戦い
2013年05月23日 (木) | 編集 |



一週間のご無沙汰です♪
甥っ子の結婚式に出席するため日本に帰ってましたが、昨日戻ってきました。
旅のプチ報告は裏でするとして、今日は機内で観た映画の中から『オズ はじまりの戦い』を。

オズ はじまりの戦い(2013)アメリカ
原題:Oz: The Great and Powerful
監督:サム・ライミ
出演:ジェームズ・フランコ、 ミラ・クニス、 レイチェル・ワイズ、 ミシェル・ウィリアムズ、 ビル・コッブス  
 L・フランク・ボームの『オズの魔法使い』を下敷きにした作品です。

3D用に作られた映像で見せるファンタジーアドベンチャーを機内の小さなモニターで観るという無茶な鑑賞でしたが、気づいたことなどを少々。

まず、オズの目指すエメラルドの都に続く道が先日記事にした映画のタイトルと同じ「イエローブリックロード(黄色いレンガの道)」。
映画の途中で気づいたのだけど、これは夢に続く道であると同時に、途中にある「ケシの森」は死へ誘う危険な道でもある。
タイトルと途中ケシが出てくることから、オズの物語を知っていれば、前述の『イエローブリックロード』がどんな映画であるかは、おのずと分かるものになってたわけですねぇ。

さて、話を『オズ~』に戻しましょう。
オリジナルと同じように、旅をともにする面々が欠けていたもの(欲しいもの)を手にするというプロットは感動的で、流石に元は児童文学と思うところ。
特に、詐欺師のオズが途中に出会うものを偶然に助けたりするうちに、本来の美しい心に気づき変わっていくところがいいですね。心からの感謝を伝えられ、ハッとするところなど、フランコ君の細かい表情の演技が光ってました。

正直、途中の戦いなどには興味をそそられず、少し退屈したし、観た後もサム・ライミ監督作品であることがあまりピンと来ないのだけど、大きなスクリーンで観れば、ファンタジックな映像美を堪能できたのでしょうね。
個人的に好きだったのは、陶器の少女や羽のある猿の台詞や動作にユーモアのセンスが溢れていたこと。
役者陣もそれぞれの役を上手くこなしてました。
オリジナルを知って観るともっと違った楽しみ方ができたんだろうな。

トラックバック一覧

  1. 1. オズ はじまりの戦い

    • [風に吹かれて]
    • May 28, 2013 13:16
    • 映画も魔法のひとつ公式サイト http://www.disney.co.jp/movies/oz-hajimari監督: サム・ライミカンザスのサーカス一座の奇術師オズ(ジェームズ・フランコ)は、ある
  2. 2. 映画備忘録 「オズ はじまりの戦い」「レッド・ライト」「シャドー・ダンサー」

    • [アンダンテ あっち行って ホイ♪]
    • June 05, 2013 10:00
    • アップしていない作品何本か・・・ 「オズ はじまりの戦い」 と 「レッド・ライト」 どちらもイリュージョンを駆使しての作品ですが 「オズ〜」は名前の通り「オズの魔法使い」の前日談 「レッド・ライト」は超能力?と見せかけて人を欺く詐欺師 と 実は・・