映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】マンチェスター・バイ・ザ・シー
2016年12月15日 (木) | 編集 |
2016-11-12-1478968630-1457362-manchester2674x491.jpg  

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016 アメリカ
原題:Manchester by the Sea
監督/脚本:ケネス・ロナーガン
出演:ケイシー・アフレック/ルーカス・ヘッジズ/ミシェル・ウィリアムズ/カイル・チャンドラー

【あらすじ】
ボストンで雇われの便利屋で生計を立てるリー・チャンドラーは兄のジョー危篤の知らせを受け病院に駆けつけるもジョーは臨終していた。リーは兄の息子パトリックの後継人に選ばれたことを告げられるが・・


オスカー主演男優賞の最有力候補、ケイシー・アフレックが素晴らしい演技を見せる再生のドラマです。

ケイシー演じるリーは水道工事などよろず便利屋で生計を立てる独り身の男。
時間も守り腕もいいのに、愛想がなくぶしつけであることから客とのトラブルが絶えない。
ある日兄のジョーが急逝し、故郷マンチェスター・バイ・ザ・シーで兄の葬儀などを切り盛りするリー。
彼はジョーの遺書に記されていたジョーの息子の後継人になるという現実に直面し戸惑う。自分のこともままならないリーにはそれを受け入れる自信がない。

それはなぜか、というのをフラッシュバックで丁寧に紐解く作品です。
この役はそもそもマット・デイモンが監督&主演を務めるはずだったらしいですがスケジュール調節できず、マット自身がケイシーに主演をオファーしたとのこと。ケイシーで正解でしたね。
もうね、リーの過去のあることが明かされる瞬間には会場がどよめくほどで
胸が張り裂ける思いとはまさにこのこと。
人間本当に辛かったらこんな風になるんだというケイシーの演技に、ただただ涙が出ましたねぇ。
18MANBYSEA-blog427.jpg
本作ではリーはもちろんのこと、パトリックもある意味壊れている。
この映画は壊れたもの同士の再生の物語でもあります。
manchester-by-the-sea-casey-affleck-lucas-hedges-promo.jpg
過去のフラッシュバックはリーにフォーカスしてるように見えて、さりげなくパトリックとリーの関係も描かれている。リーを支えてくれた兄のそばにはいつも幼いパトリックがいて、2人の絆は思いのほか固いのだと感じさせてくれる。そのあたり監督の脚本は丁寧だと思いますね。

ミシェル・ウィリアムズも出番は少ないながら重要な役どころを演じていて見事。
彼女もまた再生を必要とする人でしたが、女性としてはあの形がベストなんだろうと思う。

冬のマンチェスター・バイ・ザ・シー(という地名です!)は寒すぎて、死体を埋葬できないということで、ジョーの遺体は春まで保存されることに。
雪が融けてようやく埋葬できるとき、過去の悲しみも融けていく感じが上手い。

エンドロールが始まると隣のおばさんグループなどは「ここで終わるの?」という風にすっとんきょうな声を上げてましたけど、全てを説明しつくさない作風につき行間を埋めるのは観客。
後から色々考えて気づいたことにまた涙したり、個人的にはこういう映画は好みです。

見た記憶のあるボストンの風景、音楽も美しかった。




ブログパーツ

スポンサーサイト
キルスティン・ダンストの 大統領に気をつけろ!
2013年05月30日 (木) | 編集 |





キルスティン・ダンストの 大統領に気をつけろ!<未>(1999)アメリカ
原題:Dick監督:アンドリュー・フレミング
出演: キルステン・ダンスト、ミシェル・ウィリアムズ、 ダン・ヘダヤ、 デイヴ・フォーリー、 ウィル・フェレル、 ブルース・マックロック、 テリー・ガー、 アナ・ガステヤー


いや~、これはウケた、ウケたw 
1974年にニクソン大統領を現役からの辞任に追い込んだウォーターゲート事件を題材に、事件を目撃した女子高生が繰りひろげる騒動を描く青春コメディ。
ワシントン・ポストの2人の記者がディープスロートと名づけた提供者からの情報を元に事件を暴いていくわけですが、本作はディープスロートは実は15歳の2人の女の子だったとする半フィクションな歴史コメディなのです。

女の子たち演じるのが、キルスティン・ダンストミシェル・ウィリアムズ!!
この映画が面白いのは、箸が転んでも可笑しい年頃の二人が、実に女子高生らしい関心からホワイトハウスに接近し、ニクソン大統領と係わっていくこと。
ミシェルに至っては大統領に恋してしまい、次第に綺麗になっていくしw 
偶然に見つけたある証拠から、大統領が嘘つきであると確信する二人は、傷つけられた乙女心へのリベンジと高校生らしい正義感で事件の証拠を得ようとする。後半の大活躍はちょっと行きすぎな感もあるけど、能天気さと大胆さを併せ持つ、ティーンならではのハチャメチャぶりが楽しい。
証拠テープの謎の空白は、そういうことだったのね、とかw
歴史的事実を絶妙に、しかもシモネタ絡みで盛り込んでいて最高でした。
そもそも、原題のDick(映画ではニクソンのニックネーム) って男性のアレだし、ディープスロートだってアダルト用語なのねw






『大統領の陰謀』でロバート・レッドフォードとダスティン・ホフマンが演じた記者を本作ではウィル・フェレルとブルース・マックロックと言う冴えない2人が演じてるのも笑える。





何よりも女子高生に翻弄されるニクソン大統領のあたふたぶりが最高で、ニクソンにそっくりなダン・ヘダヤがグッジョブ。
ホワイトハウスを去る日、ピースで飛行機に乗り込む歴史的なシーンにも爆笑
事件に詳しいほど、仕込まれたネタに笑えるはず。上手い作品ですよ。


■トラックバックいただいてます


Tracked from CINEmaCITTA&.. at 2013-05-30 00:24 x

タイトル : キルスティン・ダンストの 大統領に気をつけろ!
"ディープスロート" の正体は、じつはおバカな女子高生2人組だった 深夜放送で観ちゃいました~、のシリーズが出来そうですが・・・これも先日の放映でした。(・ω・)bグッ キルスティン・ダンスト と ミシェル・ウィリアムズ が演じる女子高生2人組が、なんとあの歴史的事件 "ウォーターゲート事件" の影の主役だった! ってな設定の仮想コメディです。 そうなんですよ~、あの事件をスクープしたワシントン・ポストの記者、 ボブ・ウッドワード と ......more




オズ はじまりの戦い
2013年05月23日 (木) | 編集 |



一週間のご無沙汰です♪
甥っ子の結婚式に出席するため日本に帰ってましたが、昨日戻ってきました。
旅のプチ報告は裏でするとして、今日は機内で観た映画の中から『オズ はじまりの戦い』を。

オズ はじまりの戦い(2013)アメリカ
原題:Oz: The Great and Powerful
監督:サム・ライミ
出演:ジェームズ・フランコ、 ミラ・クニス、 レイチェル・ワイズ、 ミシェル・ウィリアムズ、 ビル・コッブス  
 L・フランク・ボームの『オズの魔法使い』を下敷きにした作品です。

3D用に作られた映像で見せるファンタジーアドベンチャーを機内の小さなモニターで観るという無茶な鑑賞でしたが、気づいたことなどを少々。

まず、オズの目指すエメラルドの都に続く道が先日記事にした映画のタイトルと同じ「イエローブリックロード(黄色いレンガの道)」。
映画の途中で気づいたのだけど、これは夢に続く道であると同時に、途中にある「ケシの森」は死へ誘う危険な道でもある。
タイトルと途中ケシが出てくることから、オズの物語を知っていれば、前述の『イエローブリックロード』がどんな映画であるかは、おのずと分かるものになってたわけですねぇ。

さて、話を『オズ~』に戻しましょう。
オリジナルと同じように、旅をともにする面々が欠けていたもの(欲しいもの)を手にするというプロットは感動的で、流石に元は児童文学と思うところ。
特に、詐欺師のオズが途中に出会うものを偶然に助けたりするうちに、本来の美しい心に気づき変わっていくところがいいですね。心からの感謝を伝えられ、ハッとするところなど、フランコ君の細かい表情の演技が光ってました。

正直、途中の戦いなどには興味をそそられず、少し退屈したし、観た後もサム・ライミ監督作品であることがあまりピンと来ないのだけど、大きなスクリーンで観れば、ファンタジックな映像美を堪能できたのでしょうね。
個人的に好きだったのは、陶器の少女や羽のある猿の台詞や動作にユーモアのセンスが溢れていたこと。
役者陣もそれぞれの役を上手くこなしてました。
オリジナルを知って観るともっと違った楽しみ方ができたんだろうな。

トラックバック一覧

  1. 1. オズ はじまりの戦い

    • [風に吹かれて]
    • May 28, 2013 13:16
    • 映画も魔法のひとつ公式サイト http://www.disney.co.jp/movies/oz-hajimari監督: サム・ライミカンザスのサーカス一座の奇術師オズ(ジェームズ・フランコ)は、ある
  2. 2. 映画備忘録 「オズ はじまりの戦い」「レッド・ライト」「シャドー・ダンサー」

    • [アンダンテ あっち行って ホイ♪]
    • June 05, 2013 10:00
    • アップしていない作品何本か・・・ 「オズ はじまりの戦い」 と 「レッド・ライト」 どちらもイリュージョンを駆使しての作品ですが 「オズ〜」は名前の通り「オズの魔法使い」の前日談 「レッド・ライト」は超能力?と見せかけて人を欺く詐欺師 と 実は・・




サラ・ポーリー監督最新作『テイク・ディス・ワルツ』
2012年06月30日 (土) | 編集 |
サラ・ポリー監督2作目は、ミシェル・ウィリアムズセス・ローゲンを主演に迎え
結婚5年目の若い夫婦に訪れる変化を描くヒューマンドラマです。



テイク・ディス・ワルツ
2011年(カナダ)
原題:Take This Waltz
監督:サラ・ポーリー
出演:ミシェル・ウィリアムズセス・ローゲン
ルーク・カービーサラ・シルバーマン



ミシェルとセスが演じるのは結婚5年目の夫婦マーゴットとルー。
いつも冗談を言い合って、友達のような2人だけど
料理研究家で優しいルーは空気のような存在で、
マーゴットは平和すぎる暮らしに、どこか物足りなさを感じている。
そんなとき知り合ったダニエル(ルーク・カービー)はルーとは違うタイプの青年
ダニエルが向かいの住人だったことから、二人は徐々に交流を深めていき・・・


今週公開の映画ですが、テレビで放送してくれて観ることができました。

監督のサラ・ポーリーは今回も自ら脚本を手がけています。
優しくて居心地のいい夫との暮らしがありながら
情熱的なダニエルには恋に落ちる瞬間のドキドキを感じてしまうマーゴット。
そんなヒロインの葛藤と恋の行方を、サラはクールかつリアルに描き
確かな実力を見せ付けます。




ミシェルの上手さは言うまでもないですが、
本作では夫ルーを演じるセスに新たな魅力を発見しましたよ。
心から妻を愛し、傷つきながらも彼なりの優しさで包みこむ。
彼の切なくシリアスな演技に胸キュンでしたもん。
オスカーに絡んだりしないかなぁ。

映画の中で、ルーがマーゴットに毎日ある悪戯をするのだけど
これが後半彼の大きな愛を表現することになり、泣かされました。

恋のときめき、後ろめたさと渇望、
心が離れていくのを止められないもどかしさ  などなど
サラは驚くべく観察力と洞察力で日常と人の心をみつめます。

この物語の結末は人によって捉え方が違ってくるかもしれません。

恋する気持ちに正直であることって素晴らしい
けれど、その結果がもたらすものを受け入れる覚悟も必要。
ただの不倫物語に仕上げていないところが
サラ・ポーリーらしさでもありますね。

恋のエッセンスがギューっと詰まって、ときめきを覚える一方で、
揺れる恋の行方がほろ苦い、大人な作品でした。
日本公開は8月

★★★★☆



アラスカを目指すミシェル・ウィリアムズの孤独『ウェンディ&ルーシー』
2012年06月28日 (木) | 編集 |

日本では残念ながら未公開となってしまいました。
シネフィル・イマジカなどでは放送されたようだけど
来月ようやくDVDが発売されるようなので、この機会に再度記事をアップします。

『Meek's Cutoff』の女性監督ケリー・ライヒャルトが監督、ミシェル・ウィリアムズが主演し
2008年のインディペンデント・スピリット賞でも作品賞、主演女優賞にノミネートされるなど
話題になったインディーズ作品です。



ウェンディ&ルーシー
2008年(アメリカ)
原題:Wendy & Lucy
監督:
ケリー・ライヒャルト
出演:ミシェル・ウィリアムズ
ウォーリー・ダルトン
ウィル・パットンジョン・ロビンソン


主人公のウェンディ(ミシェル・ウィリアムズ)は愛犬のルーシーとともに車でアラスカを目指す女性。
オレゴンに差し掛かった時、車が故障。
修理には多額のお金がかかると言われ、やむなく車を手放すことになります
ドッグフードも底をついてしまうという苦境の中
ウェンディはコンビニでドッグフードを万引きしようとして捕まってしまうんですね。
コンビニの前に繋いでいたルーシーはその間に姿を消してしまい‥






これは切ない映画でした。
ウェンディが何故この歳でホームレスなのか、なぜ足首に怪我をしてるのか、何の説明もありません。
おそらくは姉妹の間に何かトラブルがあり、全てを捨てなければならなかったのか。
辛い過去があったことだけは想像出来ます。

ウェンディにとって、唯一の心のよりどころが愛犬のルーシー。
木片を投げては、ルーシーが拾って帰ってくる。何度も何度も・・。

そのルーシーがいなくなった‥。
この映画はほぼ最初から最後まで、ルーシーをひたすら探すウェンディの姿が映し出されるだけ。
フィルムから溢れるウェンディの心細さは半端ないのですよ。

住所も電話もなければ、仕事を得ることも難しい。
だからウェンディはアラスカを目指すというけれど
『イントゥ・ザ・ワイルド』もそうだったように、
アラスカには寂しい人たちを惹き付ける何かがあるのでしょうか。

唯一心が温まったのは、ウォーリー・ダルトン演じる警備係の老人とのエピソード。
老人は出しゃばりすぎることなくウェンディのルーシー探しを助け、終いにはお金まで渡そうとします。
高額の車の修理費をウェンディに請求する整備士ウェル・パットンとは対照的な描き方で
警備員の温かさが胸に沁みます。

しかしながらホームレスとして生きる人間に犬を飼うことなど難しいのだと思い知らされる瞬間は、ただただ切ない
ウェンディが口ずさむハミングの簡単なメロディが唯一のBGMとなり、一層の孤独を浮き上がらせます。

ウェンディは果たしてアラスカにたどり着くことができるのか
アラスカでは何が待っているのか、、。
シンプルな中に、アメリカの社会と人々の孤独を描く隠れた秀作です。

★★★★☆






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。