映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
見えない恐怖
2012年12月10日 (月) | 編集 |







見えない恐怖(1971)イギリス
監督:リチャード・フライシャー
出演:ミア・ファロー、 ドロシー・アリソン、 ロビン・ベイリー、 ノーマン・アシュレイ




叔父と同居している盲目の娘が、ある日、家に帰ると人の気配がない。風呂に入ろうと、湯舟に手を入れると、そこには叔父の死体が……。
ミア・ファロー演じる盲目の少女が何者かに襲われる恐怖を描くサスペンス。

 家に転がる叔父一家の惨殺死体、
ヒロインの目が見えないことから、彼女に迫る恐怖を知るのは観客のみで
踏みそうで踏まない床のガラス片など、様々なハザードがスリルを守り立てます。

 犯人と思しきをブーツのみで見せるという演出も不気味。
私たちも恐怖の対象が見えないヒロインの不安を追体験することになります。

 サスペンスの演出としては時代を感じるところだけど
結局は、こんなことで一家を惨殺するんだ・・という犯人像に薄ら寒いものが残る。
通り魔事件の横行する今見るほうが、リアルに怖いと感じる作品かもしれません。







ミア・ファローの揺れる乙女心『フォロー・ミー』
2012年07月14日 (土) | 編集 |
今ではツイッターお誘いの常套句になってしまいましたが・・
『フォロー・ミー』

『第三の男』の名匠キャロル・リードの遺作である本作は
夫婦の揺らぐ愛を優しい視線で描く、キュートな恋愛ドラマです。







フォロー・ミー
1971年(イギリス)
原題:The Public Eye
監督:キャロル・リード
出演:ミア・ファロートポルマイケル・ジェイストンマーガレット・ローリングス

 
会計士のチャールズは、妻のベリンダの行動に疑問を抱いていた。
彼は私立探偵のクリストフォローに、妻の行動を探るように依頼する。

マイケル・ジェイストン演じる会計士チャールズは、悩んでいた
最近どうも妻べリンダ(ミア・ファロー)の様子がおかしい。
隠れて浮気をしているの違いないと踏んだチャールズは私立探偵を雇い
妻の素行調査を依頼するのだが・・・

イギリスのお坊ちゃま育ちのチャールズと、自由を謳歌する根無し草なベリンダ
ベリンダはチャールズの世界観に自分を当てはめることに疑問を感じ
そんな妻のストレスをチャールズは理解できない
もうそこに愛はないのか と思い始めた頃
夫の雇った私立探偵(トポル)の存在が二人の関係の修復に
一役買うことになるんですね。
 
強制されるのも、形にはめられるのもいや。
でも心を繋ぎとめてあげなければ、風船のようにフワフワと飛んでいきそう。
不思議ちゃんなミア・ファローは、そんな揺れるヒロインにぴったりでした
 




白いコートに身を包んだトポル演じる探偵クリストフォロー(命名がまた絶妙w)は
謎の中東人風で胡散臭そうなのだけど、実際には何でもこなす不思議なキャラクター。
彼の素性を探れば、それはそれで面白いスピンオフ作品が生まれそう
イギリス映画にこんな人物が登場する意外性も楽しいよね。

 
孤独に歩けば物寂しいだけのロンドンの街並みも、
気分が変われば、また新鮮に見えてくる。
出会いのときめきや、同じ空気を吸い、同じ時を共有することの幸せを感じられたりと思いがけない恋のエッセンスが詰まってるのも、この映画の魅力ですね。
 
さてさて、夫婦の運命は
 
最後は可笑しいやら、嬉しいやら
とっても幸せな気持ちになりました。
 
キャロル・リードはこんな優しく愛おしい映画も撮ってたんですね。
元気になれるキュートな作品です。大好き!

         ※旧ブログから移動、加筆しています

★★★★★