映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ウディ・アレンのザ・フロント』は赤狩りの実態を描く社会派コメディの傑作
2014年04月04日 (金) | 編集 |
 

小説家が出てくる映画を特集してましたが、ここからは少し範囲を広げて、脚本家が出てくる映画を2~3。
今日はハリウッドを震撼させた赤狩りを描く社会派コメディ『ウディ・アレンのザ・フロント』です。
ウディ・アレンのザ・フロント(1976)アメリカ
原題:The Front
監督:マーティン・リット
出演:ウディ・アレン/ゼロ・モステル/マイケル・マーフィ/G・ジョンソン 
  ソ連と冷戦下にあったアメリカは、共産主義者による諜報行動などの脅威から、共産主義者とそのシンパを「赤」として排除。映画界も例外ではなく50年代には「赤狩り」によって多くの映画人がブラックリストに載せられ、ハリウッドから追放されることになったんですね。

役者や監督は表に出ることが出来なければどうすることもできない。
けれど脚本家は密かに執筆を続け、別の人の名前を借りて作品を発表していた様子。
表に出ることの出来ない脚本家たちに変わって名前を貸し、表に出る人物をさすのがタイトルの「フロント」。
『ローマの休日』のダルトン・トランボがイアン・マクレラン・ハンター名義でクレジットされていたことなどがその例。
本作ではウディ・アレン演じるハワード・プリンスが「フロント」の役割を担っています。
 
 

ウディ演じるハワードは、元はしがないバーのレジ係。
賭け事で金をスっては給料の前借を頼み込むようなダメダメ人間なんですがフロントを請け負い偽の脚本家デビューするや、業界から注目されようになる。羽振りもよくなると同時に名声まで得てくると、まるで自分が偉くなったような錯覚に陥り妙な自意識が前面に出てくるのが可笑しいんですよ。

前半はウディ・アレンの好演もあって、シニカルコメディとして笑って楽しめるんですが自体は段々に深刻になり、お気軽ハワードがもはやお気軽でいられなくなる。。という話。  

邦題には「ウディ・アレンの」とくっついてますが、監督はマーティン・リット

実は監督のリット、脚本のウォルター・バーンスタインや俳優人の主なところがみな赤狩りの憂き目にあった面々とのこと。
それゆえに、単なるコメディに終わるはずはなく、社会派なメッセージが込められた作品に仕上がっています。

役者にスパイ行為まで強要する調査委員会の実態など、赤狩りが魔女狩り的にハリウッドに浸透していった実態など驚くと同時に大変興味深いものがありました。
スパイ行為に及んだ有名俳優が自殺する事態に発展していて、作り手の憤りの大きさも感じます。
ヒッキーを演じるゼロ・モステルはこれが遺作となりました。
 
 

終盤のウディ・アレンのカッコいいこと。
時代を映す貴重な作品だと思います。これは面白かった。
 



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。