映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】沈黙 ーサイレンスー
2017年01月22日 (日) | 編集 |
Silence-2016.jpg

 沈黙 ーサイレンスー(2016 アメリカ
原題:Silence
監督:マーティン・スコセッシ
脚本:ジェイ・コックス/マーティン・スコセッシ
出演:アンドリュー・ガーフィールドアダム・ドライバー/浅野忠信/キアラン・ハインズ/リーアム・ニーソン/窪塚洋介/イッセー尾形/塚本晋也

【あらすじ】
17世紀、キリスト教が禁じられた日本で棄教したとされる師の真相を確かめるため、若き宣教師のロドリゴとガルペは日本にやってくる。


【感想】
 ようやく今年の劇場1本目
先日帰省の際、原作をゲットしたので読んでからと思っていたんですが、昼間の上映最終日ということで、慌てて観てきました。

隠れキリシタンが迫害を受けた江戸時代初期の日本を舞台に、信仰と向き合う若きポルトガル人宣教師の姿を描くマーティン・スコセッシ作品です。

「踏み絵」や「隠れキリシタン」というのは日本史の授業でも教わったことですけど
幕府による迫害の実態についてはイメージできなくて、ちゃんと習ったんだっけ?

本作は残忍な迫害シーンもたっぷり。信仰に篤そうなお年寄り夫婦とかに交じっての鑑賞だもので、キリスト教徒でもない日本人の私としては、ちょっと肩身の狭いものがありました。
『レイルウェイ 運命の旅路』の時の感覚にも近いもの。

もちろん段々には、これは「真の信仰とは」を問う映画だとわかって来るので、日本人としての肩身の狭さは薄れてはきます。
幕府に迫害されながらも、懸命に信仰を全うしようとする姿に心を打たれるのもあります。
出てくる隠れキリシタンたちは外観はうす汚れてはいても、心の清純さを感じさせるんですよね。
silencekichijiro.jpg
そんな中、目を引くのが窪塚洋介演じるキチジロー。
インタビューでは自らを「踏み絵マスター」と称してましたがw他の信者が踏み絵を頑なに拒む中、彼は何度も踏み絵をする(笑)
でも軟弱なのに、それでも神にすがることをやめない=信仰を捨てないところに柳のような強さがあるんですね。キチジローが登場すると会場に笑いが起きたりして、裏切者でもどこか憎めない存在となっているのは窪塚のうまさかな。救いを求めようとするキチジローの存在が宣教師の信仰心を保たせることにもなっていたことを思うと、彼は完全にキーパーソンでした。

silenceisseiogata.jpg


個人的にツボだったのはイッセー尾形ですね。
一つ一つの動作に計算しつくされた可笑しみや、時には怖さがあって、和製クリストフ・ヴァルツとお呼びしたい。
塚本晋也もよかったんですが、私には英語がわかり難かったのが残念。
silence-1024x397.png


ガーフィールド君ももちろん熱演で、宣教師の葛藤は観ていて辛くなるほど伝わりました。
神父さんと思しき方々の感想をyoutubeで聴いてみると、宣教師ロドリゴに対しはっきり「裏切者」と言い放つ人もいて、聖職者でも理解しがたいものがあるようす。スピリチュアルな表現をしてる部分は賛否の別れるところかも。
それでも背徳者の立場に身を置きながらも、誰かの命を救うことに生涯をかけたロドリゴの生きざまに心惹かれずにはいられません。

波の音を聞きながら崇高な気分になる、静かだけど力強い映画でした。

ブログパーツ

スポンサーサイト
【映画】ハスラー2
2015年09月28日 (月) | 編集 |

The-Color-of-Money

【作品情報】
ハスラー2(1986)アメリカ
原題:The Hustler
監督:マーティン・スコセッシ
脚本:リチャード・プライス
出演:ポール・ニューマントム・クルーズ /  メアリー・エリザベス・マストラントニオ/ ヘレン・シェイヴァー / ジョン・タートゥーロ / ビル・コッブス/ ロバート・エイギンス/ アルヴィン・アナスタシア


【感想】
『ハスラー』の続編となるマーティン・スコセッシ監督の『ハスラー2』です。


あれから25年。
かつてハスラーとしてならしたエディ(ポール・ニューマン)も、今は現役を退き、酒の販売などで生計をたてつつ、時にはハスラーの胴元として賭けを楽しむ中年男となっている。
そんなエディの目に留まるのが、抜群の腕を持つヴィンセント(トム・クルーズ
ヴィンセントに自分の姿を重ねたエディは、彼を一流のハスラーに育てるべくマネージメントを買って出る。
ヴィンセントの恋人カーメンも同行し、トーナメントの行われるアトランタを目指すのだが・・・

the-color-of-money-cast

これね、『ハスラー』から間を置いて観たらば素直に楽しめたかもしれない。
変な髪形でお調子者なハスラーを演じるトム・クルーズの教育に四苦八苦しながら
やがて自分の情熱を蘇らせるニューマン。二人の攻防は見ごたえがあります。

でも『ハスラー』のエディに感情移入し、苦いラストの余韻を引きずったまま見ると、納得できないところが多すぎてね。

まず、ハスラーの裏世界から追放されたエディが、その後もハスラーの胴元(っていうの?)みたいなことして今もビリヤード場に出入りしてることに「あ、そうなん?」ってなるし
痛い過去を引きずるはずのエディが、ハスラーとしていかに賢く(汚く)金を稼ぐかをヴィンセントに教えることにも違和感を感じてしまった。

勿論好きでハスラーの世界を捨てたわけではない。
エディの中には沸々としたビリヤード愛があっただろうことは分かるんだけど、出来れば死んだサラや盟友ファッツのことなどに触れるなど、悔恨の念をもう少し表現して欲しかったとも思ってしまった。
まぁ、ビリヤード場を舞台にすることがこの映画の醍醐味であり、スコセッシは、エディの再起を新しいビリヤード映画として描きたかったのでしょうけどね。
全てはマネーゲームとしてのビリヤードの楽しみ方を理解してない私自身の問題かもです。

ヴィンセントを演じるトム・クルーズは青くダサいヴィンセントを好演してます。
ヴィンセントがお金に執着がないことを彼が一銭にもならないゲームの攻略に夢中になるところに垣間見せる演出もよし。そんなヴィンセントをハスラーとして教育する過程のニューマンとクルーズのデコボコ師弟劇は面白い。
TheColorofMoney-Still3

しかし、マネーゲームの駆け引きよりも力を出し切ることに真剣になるヴィンセントがやがてエディを変えることになり、ヴィンセントのゲームに25年の思いをめぐらせるニューマンの表情がいいんですよね。
歳をとってもその後の人生において今日が一番若いんだというのはいつも思うことで
後悔するより挑戦してみようとするエディの姿に多くの中年が勇気を貰ったことでしょう。

ただ個人的にはせっかくならヴィンセントはビリヤード馬鹿のままでいて欲しかった。
予測不能の展開も面白さだとは思うものの、見ていて何度も「そっち?」と期待を裏切られました。
こういう映画も珍しい(笑)
映像もスタイリッシュでよかったし、ニューマンがこれでオスカーをゲットしたのも嬉しい。
ただ、どうしてももう少し前作への愛が欲しかったな。

Color%20of%20Money%20pic%202

ところで、ひとつ疑問に思うところがあるんですが・・

フォレスト・ウィテカー演じるアモスがエディに「お前はハスラーか?」と訊かれて
それには答えずゲームを終えて立ち去る前に「もっとやせたほうがいいかな?」とエディに訊くシーン
あれはミネソタ・ファッツを意識してるとする意見をいくつか目にしたのだけど、本当のところはどうなんだろう。
デブのファッツ=ハスラーで、ファッツを思い起こさせることで自分はハスラーだと暗に答えているという意見も分からなくはないけど
なんだか作りこみに感じるし、アモスがファッツとエディの攻防を知ってたかも疑問。

個人的には単純に「お前はハスラーか?」のイエスの答えの代わりに
「もっとやせたほうがいいか?」と訊いて「イエス」の答えを誘導したと考えるほうが自然じゃなかろうか。


ヒューゴの不思議な発明
2012年02月27日 (月) | 編集 |



【昨年12/2に書いた記事の移動です】
原作はブライアン・セルズニックの冒険ファンタジー小説『ユゴーの不思議な発明』。
原作を知らないのでなんとも言えないんだけど、映画はファンタジーではないんですよね。
そして『ヒューゴの不思議な発明』という邦題にも「??」。
ちなみに映画の原題はただの『Hugo』
ヒューゴの不思議な発明(2011) アメリカ
監督:マーティン・スコセッシ
出演:エイサ・バターフィールド/クロエ・グレース・モレッツ/ベン・キングズレー/ジュード・ロウ
クリストファー・リー/サシャ・バロン・コーエン
1930年代のパリ。
父親(ジュード・ロー)の残した壊れたからくり人形とともに
駅の時計塔に暮らす少年ヒューゴ(エイサ・バターフィールド)は、
ある日、修理に必要な部品を調達するため、駅構内にある玩具屋の玩具を盗もうとし
店の主人ジョルジュ(ベン・キングズレー)に、人形の修理法が細かく記された
父の形見の手帳を取り上げられてしまう。
やがてジョルジュの養女イザベル(クロエ・グレース・モレッツ)と知り合ったヒューゴは
イザベルの協力を得て、手帳を取り戻そうとするが・・。

主人公が子供ではあるけど、決して子供向けの作品ではありません。
公開前に、あまり宣伝もしていなかったためノーマークだったのに
大感動のすばらしい作品でした。

からくり人形修復を目指す冒険は、ヒューゴを人形にまつわる壮大な秘密へと導きます。
そして、それはある人物の心に固くかけられた鍵を開ける冒険でもあったのです。
 
近年、スコセッシが古い映画の修復に努めているというのは何かのDVDのCMの中で、彼自身が語っているのを聞いたことがあるけど
古い映画をデジタル化し修復するのは、美しいものを残したいから。
映画の歴史を辿り、古い映画の素晴らしさを教えてくれる本作は、
映画愛に溢れる、スコセッシの集大成とも言える作品でしょう。
3Dという新しい映画技術で描いているところにも、監督の意図を感じるところで
寄しくも、これは宿敵『アーティスト』に通じるものがあるんですよね。

からくり人形を動かす鍵がハート型なのも、なんかいいよね~。

駅構内を取り締まる足の悪い警官役でヒューゴの宿敵となるサシャ・バロン・コーエンと獰猛な犬のコンビがユーモラス。
レトロな駅構内の人々にも、群像劇的に物語を与えているのも映画的で素敵です。
一瞬だけどスコセッシ自身が登場するシーンがあるのでお見逃しなく。

まもなく今年のアカデミー賞が始まります。
これ獲って欲しい~。



アリスの恋
2009年06月21日 (日) | 編集 |


1974年(米)
監督:マーティン・スコセッシ
出演:エレン・バースティン/クリス・クリストファーソン/ビリー・グリーン・ブッシュ/ジョディ・フォスター
   ダイアン・ラッド/ハーヴェイ・カイテル/ヴァレリー・カーティン/ローラ・ダーン/アルフレッド・ラッター
【ストーリー】
平凡な主婦アリス(バースティン)は夫を事故で亡くし、ひとり息子と共に故郷のモンタレーへと旅立つ。幼い頃からの夢、歌手になる事を実現させようとするアリスだが、酒場で歌を唄うはめになったり、既婚のくせにいいよってくる男がいたり、その道中は多難続きだ。やがてアリスの前に実直な農場主(クリストファーソン)が現れるのだが……。
■感想
夫を亡くした普通の主婦が息子と二人、人生を切り開いていく姿を描くハート・ウォーミングなドラマです。
監督は本作が日本初公開作となったマーティン・スコセッシ

ある日突然夫を事故で亡くしたしがない主婦のアリス(エレン・バースティン)。
葬儀を終え、手元にあるのはわずかに50ドル。

娘時代に歌手になることを夢見ていたアリスは、再び歌手を目指すべく、故郷モントレーへと旅立ちます。
目的地に着くまで既にお金は尽き、歌手と偽り働き始めるものの、たいしたお金にはならず
付き合い始めた男は既婚の暴力男。
逃げるように宿を飛び出したアリスがようやく見つけたのは、ダイナーのウエイトレスの仕事・・・。

前途多難のアリスと息子の運命は。。

なんて書くと、とっても暗いお話みたいですが、これが何ともハートウォーミングなんですね。
息子のトミー(アルフレッド・ラッター)がちょっと風変わりで、アリスとのやりとりに爆笑してしまうことたびたび。
困難にあっては泣いてばかりいるアリスだけど、息子がいるから頑張れる。


特に大きな感動があるとか、奇跡的なことがおこるとかでもないけれど、
幸せ探しのロードムービーと言った作風が心地よい。

スコ爺がこういう作品を撮ってるってちょっと意外な気もしました。


健気に頑張るアリスを魅力的に演じたエレン・バースティンは、本作で見事にオスカー受賞
息子の友だち役でまだ子供のジョディ・フォスターが出てますね。男気があります(笑)

とっても好きな作品でした。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。