映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】スポットライト/Spotlight(原題)
2015年12月02日 (水) | 編集 |
spotlight-one-sheet.jpg

スポットライト(2015)アメリカ
原題:Spotlight
監督:トーマス・マッカーシー
脚本:ジョシュ・シンガー/トーマス・マッカーシー  
出演:マーク・ラファロマイケル・キートン /レイチェル・マクアダムス/リーヴ・シュライバー/スタンリー・トゥッチ

【あらすじ】
ボストンの地方紙ボストン・グローブのスポットライトチームは、新任のボスの提案で、ローマンカトリック教会による少年性的虐待事件の追跡を始める……。



昨日はトーマス・マッカーシー監督による話題の新作『スポットライト』を観てきました。

『バッド・エデュケーション』という映画で、神学校の司教が生徒を性的に虐待する様子が描かれてましたが
こういう問題は実はずっと昔からあって、時々逮捕者が出ることがあってもあまり表だって問題にされないんですね。

新任ボスの一言でこの問題を調べることになるのが、ボストンの地方紙のスポットライトという調査チーム。
マイケル・キートンをリーダーに、マーク・ラファロ、レイチェル・マクアダムスら5人のメンバーです。

驚くのがね、ボスのリーヴ・シュライダー含むたった6人が、世界中を震撼させるキリスト教会の大スキャンダルを暴くことになること!

四面楚歌の中足を使って地道に真実に迫っていくスポットライトのメンバーが、次第に正義感に突き動かされ
ジャーナリズムを極めていく姿がカッコいいし、彼らが暴くものにも興奮させられます。
被害者加害者、それらを支える組織やシステムなど、さまざまな立場や角度から問題を炙り出すストーリーテリングも見事。

その一方で敬虔なクリスチャンはこれをどう見るだろうと心配にもなります。
神の代弁者として絶対の信頼を置いていた司教たちがあんなことや、こんなことしてたなんて

特に同時多発テロの時期と重なったので、支えを失ったボストニアのショックは大きかったでしょうね。

ほとぼりが冷めかけたところで、この映画でまた注目を浴びるであろうカトリック教会もちとお気の毒・・
でもジャーナリズムの目が悪を抑止すると考えれば、それも意味あることかな。

監督は『扉をたたく人』のトーマス・マッカーシー
やっぱり社会派ドラマで力を発揮する監督さん。

マーク・ラファロマイケル・キートンはじめ役者陣のアンサンブル演技が素晴らしい。
中でも好きだったのは被害者を支援する弁護士を演じたスタンリー・トゥッチ(髪あり)。
声を上げることを半ば諦めていた彼が、ラファロ演じるマイクの情熱に希望を見出し始める
繊細な心の変化を上手く表現してました。

関係ないけど、途中ラファロがハルクに見えて仕方なかったよ。髪型のせい?
オスカーにどう絡むのか、注目の一本ですね。
スポンサーサイト
【映画】フォックスキャッチャー
2015年03月06日 (金) | 編集 |


フォックスキャッチャー(2014)アメリカ
原題:Foxcatcher
allcinemaデータ

96年に起きたデュポン財団御曹司による事件を題材にした実録ドラマ。
富豪のデュポンにスティーヴ・カレル、事件に巻き込まれていくオリンピック金メダリスト兄弟にマーク・ラファロチャニング・テイタムが扮し、カレルさんとラファロがそれぞれ主演、助演男優賞にノミネート、ベネット・ミラーが監督賞にノミネートされるなど、思わぬ快挙を成し遂げましたね。

DVDになったので楽しみに観ましたが、いやもうほんと、ゾワゾワと不快感を引きずるいやぁな映画だったな(汗)


冒頭、殺風景なアパートで質素で味気ない食事をとるマーク(チャニング・テイタム)。
その後トレーニングに励む姿に覇気はない。次に小学生を前に金メダリストとしてのスピーチをし20砲諒鷭靴鯑世襦事務員が兄「デイヴ」の名前でチェックを切ろうとするところを「マーク」に修正させて・・。

この一連のシークエンスで、経済状況やマークを思う兄の心情、兄のおこぼれに与らなくてはならない弟の負い目やら情けなさなどマークを取り巻く状況や、これから立ち向かおうとする問題を一気に集約させる見せ方がまず見事。

マークが次のオリンピックで金メダルを取りたいと思うのは、兄弟の夢であると同時に、自立のために不可欠だったんでしょう。
ところがその切実な思いはデュポンによって阻まれることになります。


デュポンはその行動がそう見せるのかとても醜いんですよね。特殊メイクを施してるとはいえ、全身から不快なオーラを発するその姿はとても『40歳の童貞男』や『ラブ・アゲイン』のカレルさんとは思えないほど。

デュポンの心の闇はどこから来るのか。
親の愛を得られなかった?富豪の孤独?そんなの知るかと言いたい。
神聖なスポーツを小さな人間の心の隙間を埋めるために利用することにとにかく腹が立って仕方なかったですもん。
デュポンが金持ちじゃなかったらマークたちに関わることもなかったのにと思うと悔しい。
でも、マークの中の弱さや物事に悲観的な彼の本質がデュポンを惹き付けたのかなと思うとそれも悲しくてね。

不幸が迫り来る様をじっと我慢して待つという辛い鑑賞になったけど、それも演出の上手さゆえでしょう。優しさ溢れる兄デイヴを演じたマーク・ラファロはじめ、それぞれの心理を表現した俳優陣はお見事でした。

左は本物のご兄弟。




アベンジャーズ
2013年11月10日 (日) | 編集 |



『マイティ・ソー ダーク・ワールド』が公開になったので、未見だった『アベンジジャーズ』を観ました。
地球を守るため、マーベルのヒーローたちが集結するアクション映画です。
アベンジャーズ(2012)アメリカ
原題:The Avengers 
監督:ジェス・ウェドン
出演:ロバート・ダウニー・Jr./トム・ヒドルストン/クリス・エヴァンス/マーク・ラファロ/クリス・ヘムズワース/スカーレット・ヨハンソン/ジェレミー・レナー/クラーク・グレッグ/ステラン・スカルスガルド/サミュエル・L・ジャクソン
 
 『マイティ・ソー』で最初にロキ(トム・ヒドルストン)を観た時には、ひ弱そうな印象で、なんじゃこいつはだったけど、彼がマーベルのヒーローたちを集結させるわけだからたいしたもんです。
アイアンマン、キャプテン・アメリカ、ハルク等、個々で主役をはれるヒーローたちを同じスクリーンで観る贅沢。特別アメコミファンでない私でもワクワク、ヒーローたちが絡む様子にワクワク。
それに「弟が迷惑かけてすみません」的なソー(クリス・ヘムズワース)まで登場するのには、ニマニマしちゃいましたもの。




 この面々がロキをやっつけることなど、赤子の手を捻るより簡単だろうと思いきや、「ボクっち軍隊持ってるもんねぇ」との言葉通り、ロキの送り込む強烈な武装軍団によりアベンジャーズは苦戦を強いられる。ってなわけで、ヒートアップする怒涛のアクション・バトルを満喫いたしました。

 70年の眠りから覚めたキャプテン・アメリカ(クリス・エヴァンス)、がジジむさかったり、キャラの特徴を生かした笑いが楽しい。
最初は折り合いの悪いメンバーが、いつしかチームとして機能するさまはスポ根的にスカッとします。
アイアンマン(ロバート・ダウニー・Jr.)にカッコいいところを持っていかせるあたり、マーベルにも人気による序列があるのかなと思ってみたり。でも結局は体がでかいのが強いよね、的な。
アメリカという国は過去に超能力特殊部隊を作ろうと画策したようだけど、今はきっとハルク作戦を研究してると思います。軍にハルクが4、5人もいれば負けなしですよね(笑)

神経症的にして、恨み節をパワーに変える複雑なヴィラン、ロキはやっぱり面白い存在ですね。
役柄と裏腹の優しそうな素顔やシェークスピアの舞台で培った確かな演技力、ケンブリッジ大卒の知的さもあいまって人気もうなぎ上り。
ジェレミー・レナースカヨハの生身の活躍も良かった。
軽く扱われがちなヒーローものだけど、やっぱり子供たちに夢を与えるんですよね。
これはスクリーンで観たかった。


トラックバック一覧

  1. 1. アベンジャーズ

    • [マープルのつぶやき]
    • November 15, 2013 12:56
    • JUGEMテーマ:アクション映画全般「アベンジャーズ」原題:Marvel's The Avengers監督:ジョス・ウェドン2012年 アメリカ映画 144分キャスト:ロバート・ダウニー・Jr.     クリス・エバンス     マーク・ラファロ     クリス・ヘイムズワース   




グランド・イリュージョン
2013年06月20日 (木) | 編集 |



グランド・イリュージョン(2013)アメリカ
原題:Now You See Me
監督:ルイ・ルテリエ
出演:ジェシー・アイゼンバーグマーク・ラファロ/ウディ・ハレルソン/メラニー・ロラン/アイラ・フィッシャー/デイヴ・フランコ/マイケル・ケイン/モーガン・フリーマン
日本公開:10/25

ジェシー・アイゼンバーグはマジック、ウディ・ハレルソンは催眠術を駆使したメンタリスト、セクシーなアイラ・フィッシャーは脱出系、デイヴ・フランコはスプーン曲げや鍵開けで詐欺まがいの小金稼ぎ
それぞれの分野で活躍する4人に謎の招待カードが届き、スーパー・イリュージョニスト、4フォースメンが集うことになります。




メンバーはラスベガスでショーをしながら、遠く離れたパリの銀行から現金を奪う。
捜査に乗り出すFBI捜査官にマーク・ラファロメラニー・ロラン
トリックを明かすことに人生をかける大御所にモーガン・フリーマン

豪華なイリュージョンで派手な犯罪を見せ、FBI捜査官との攻防をスピーディなアクションで展開させつつ、トリックの謎に迫ると言う作品。個人的にはトリックを明かされても全部は飲み込めなかったのだけど(笑)、このキャストだし、笑いどころもあり楽しめました。

ただね、終わってどんな映画だったかと振り返ると、深みはないことに気づくんですね。
例えば同じようにイリュージョンを利用したマジシャンを描いたノーランの『プレステージ』は、トリックのために自分のアイデンティティを偽ることも厭わない男たちの人生をかけた闘いが描かれ、凄く深いドラマに仕上がっていた。それと比べると登場人物の背景や葛藤にまるで触れない『グランド・イリュージョン』は中味がなくて物足りない。勿論、4人のメンバーの専門分野を紹介し、3つの派手なトリックを明かし、4人を招集した人物に迫るという内容を115分で見せるのだから仕方ないですが、映画としてはほんの序章に過ぎないという気がします。続編があるのかも。

ちなみに劇中ジェシー君が披露するカードトリックの場面で、パラパラとめくられるカードから観客に任意の一枚を選ばせる というのがあって、客の選んだカードが私が心の中で選んだ一枚と一緒で「え?」って思ったんですよね。どんな仕掛けかわからないけど、その一枚が気になった。
観客自身に「トリックに嵌る」という体験をさせ、映画に引き込む演出は天晴れです。

ジェシー君は相変わらず早口だけど、いつのまにかカッコよくなってきたね。
フランコ君の弟デイヴ君は、これまですぐに死ぬ役や悪役での彼しか見てなかったので、今回ようやくいい役もらえて、今後の活躍が楽しみになりました。

監督は年寄りの扱いが厳しいねw


















【映画】ユー・キャン・カウント・オン・ミー
2006年05月15日 (月) | 編集 |


2000年(米)
監督: ケネス・ロナーガン
出演: ローラ・リニー / マーク・ラファロ / マシュー・ブロデリック / ロリー・カルキン 
【ストーリー】
サミーは、田舎町で銀行に勤めながら8歳の息子を育てるシングルマザー。子供のころ両親を交通事故で亡くして、家族は弟のテリーだけ。そんなサミーのもとにしばらく音信不通だった弟から連絡が。テリーはガールフレンドとトラブルを起こし、借金をしに帰ってきたのだ。銀行には新たな支店長 ブライアンが転属してきたのだが、とても細かい男でイライラが募るばかりだった…。
しっかりモノの姉をローラ・リニー、ダメダメ弟をマーク・ラファロが演じ、兄弟の絆を温かく描いたファミリー・ドラマ。
仕事に子育てにと頑張るローラ・リニー演じるサミーの奮闘振りが楽しい。

息子役には「サイン」ロリー・カルキン。なんとカルキン5兄弟の末っ子らしい。
けなげな息子を淡々と演じ、幼いながらなかなかの存在感。

また、サミーの上司役として「プロデューサーズ」マシュー・ブロデリック
いつもは優しいトッチャン坊やタイプの彼には珍しく、
なんともキモい上司を演じていてちょっと不気味~。目が笑ってないよー (+_+)

そんな個性的な面々が揃い、作品自体は見ごたえ十分。
働くシングルマザーの悩み、父親がいない子供の寂しさ、兄弟の絆・・・
これらのテーマを決して大げさにではなく、さらりと爽やかに描いているところに好感がもてます。

ローラ・リニーの優しげで爽やか、でも思いっきり普通な雰囲気が作品にピッタリマッチ。
アカデミー主演女優賞ノミネート。各批評家賞では主演女優賞を獲得の評価を得ています。

見ものはラストシーンの姉弟二人の会話。
動きのない会話だけなのに、姉弟の絆の深さがしみじみと伝わってきてこれはもう感動!

タイトル「You can count on me.」は直訳すれば「私を頼りにしてもいいんですよ」
物語の途中まで、これはサミーの言葉なんだろうなと漠然と思っていたんだけど
最後には、これは両方の言葉なんだと実感。
姉サミーもまた弟を頼りにしている。お互いになくてはならない存在。
「そばにいるからね。大丈夫。」そんなメッセージを感じました。

やさしい気持ちになれるいい作品です。
日本ではまだDVD化されてないらしいのでビデオコーナーで探してね。


★★★★☆

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。