映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『パトリオット・デイ』 ボストンマラソンテロ事件で強固になる愛国心
2017年05月04日 (木) | 編集 |
Patriots_Day_Onesheet_AU_LR.jpg
パトリオット・デイ
(2016)アメリカ
原題:Patriots Day
監督:ピーター・バーグ
脚本:セオドア・メルフィ
出演:マーク・ウォールバーグジョン・グッドマン/ケヴィン・ベーコン/J・K・シモンズ/ミシェル・モナハン
【あらすじ】
13年4月15日。ボストン警察の殺人課に所属する刑事トミーはボストンマラソンの警備にあたっていた。50万人の観衆で会場が埋め尽くされる中、トミーの背後で突如として大規模な爆発が発生し・・


【感想】
『ローン・サバイバー』から快進撃を続けるピーター・バーグ監督が今回選んだのは、2013年に起きたボストンマラソン爆弾テロ事件。膝から下が引き裂かれたカーテンみたいになって車いすで搬送される被害者の様子などショッキングな映像が映し出されたのも印象的でしたが、まもなく犯人と思われる2人の写真が公開され、犯人が潜伏したウォータータウンの民家を捜索する映像などニュースから目が離せない数日間でしたね。
Patriots-Day-3.jpg
犯人の特定に関しては、ここでも監視カメラが大活躍。
現場の観衆から集めたスマホ映像などを解析する捜査の鮮やかさには感心しきり。
クールなFBI捜査官を演じたケヴィン・ベーコンと地道で実直なボストン警察の殺人課の刑事トミー(マーク・ウォールバーグ)のキャラクターは対照的で、だからこそそれぞれの役割が強調されてもいます。

タイトルのパトリオット・デイというのはボストン・マラソンがパトリオット・デイに開催されたからというのもあるんですが、事件によってより強固なものになるアメリカ人の愛国心がこの映画のテーマになってるからなんですね。

そのため、犯人側の思惑にはあまり深入りすることなく事件の進展を描き、関わった人々の活躍にフォーカスする作り。
銃と爆弾を武器に抵抗を続ける犯人に果敢に立ち向かう銃撃戦のシーンの緊張感たるや!
警察の勇気には敬意を払うしかありません。
patriotsday0002.jpg
ただ一つ疑問に思うのは、ウォールバーグ演じるトミーが架空の人物である点。
目の前で起きた事件の衝撃をリアルに伝えるという点では成功してるし、トミーの存在が映画をより人間味のあるものに仕上げていていいんですが、捜査の場面でのウォルバーグの活躍は作り事だったの?と思うと、実録ものとしての信頼性が低下する気がしてちょっと複雑な気分。

それでも、事件解決後のボストン市民の一体感は、ニュースからも伝わるところで、愛をもって事件をポジティブな視点で見つめているのがいい。
日本で「愛国心」というと右寄りなものを想像してしまうけれど、元来愛国心というのは純粋に国を愛するということ。
悲惨な事件を体験して人々が助け合い支え合う姿が感動的で、どんな邪悪な敵にも愛をもって立ち向かうことができると・・
文字にするときれいごとだけど、そのメッセージには心を揺さぶられます。

ただ、アルカイダにしろ北朝鮮にしろ、邪悪な敵の皆さんも彼らなりの愛国心を持っているんだよね、きっと。
愛国心をテーマにするのなら、爆弾犯の動機などにも触れないと偏ったものになるんじゃないかという気はしましたね。
とはいえ、捜査の全容を明かしつつ、事件現場のカオスを緊張感たっぷりに描いた実録スリラーとしては大変面白く見ごたえもたっぷりでした。


お気に入り度4.0


ブログパーツ

スポンサーサイト
【映画】『ローン・サバイバー』
2014年12月15日 (月) | 編集 |



ローン・サバイバー (2013)アメリカ
原題: Lone Survivor
監督: ピーター・バーグ
出演:マーク・ウォールバーグ/ テイラー・キッチュ/ エミール・ハーシュ/ベン・フォスター/ エリック・バナ/ アリ・スリマン/ アレクサンダー・ルドウィグ/ ジェリー・フェレーラ/ ユセフ・アザミ
アフガニスタンの山岳地帯にやってきたマーカス(マーク・ウォルバーグ)ら4人のシールズ部隊隊員の使命は、タリバン幹部アフマド・シャーを見つけ出し拘束あるいは殺害すること。ところが潜伏中にヤギ飼いの村人と遭遇。一般市民を巻き込むことは基本的に許されない。しかし放置すればタリバンに潜伏をチクられることは確実。本部との連絡が思うように取れない中、4人は苦渋の決断を下す・・・



タイトルのローン・サバイバーはそのまま「一人ぼっちの生存者」を意味していて、本作は、唯一生還を果たしたマーカス・ラトレルの手記『アフガン、たった一人の生還』を基に、2005年のアフガニスタンでレッドウィング作戦に臨んだ米ネイビーシールズの過酷な闘いと、マーカスはいかに生還したかを描く作品です。



いやはや、これは凄かった。
敵地に潜伏する兵士はたった4人。さすがの精鋭部隊も多勢を前に次第に追い詰められていく。
その様子が実にリアルで壮絶なのです。
途中山羊飼いの村人に出会った4人は究極の選択を余儀なくされ、そこからさらに危険が増すことになる。
戦争アクションとしても迫力で、私なんかは怖くて途中何度か一時停止しつつ観たくらいなんですが、厳しい訓練をともにしてきた彼らの絆と信頼関係が生むドラマが泣かせるんですよね。
特にマーク・ウォルバーグ演じるマーカスがどうやって生還を果たすのか見せる後半は緊張感と驚きの連続。

監督のピーター・バーグはこの前に『バトルシップ』なんて映画を撮って大コケしてますが、ご本人とすれば自分のキャリアから消してしまいたいでしょうね。お金をかけたアクション大作の前作とは打って変わって、インディーズ系とも言える本作は同じ監督が取ったとは思えないほどのリアリティとヒューマンドラマがありました。

村の子供を演じた子役のローハン・チャンド君がまた可愛くてね。ちょっと笑わせてくれるところもあったりでグッジョブ。ちなみに彼は英語ぺらぺらで『Bad Words(原題)』というコメディでも準主役の活躍でした。
キャッチコピーにもあるように、マーカスが生還したのは彼だけの力ではありません。
因果応報。神はいるんだと感じてしまう展開に、観終わってからジワジワと感動。
でもたくさんの人が命を落としていて、戦争の悲惨さを思わずにはいられない作品です。。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。