映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】『Far from the Madding Crowd(原題)』-遙か群衆を離れてー
2015年05月30日 (土) | 編集 |



Far from the Madding Crowd (原題)(2015 )
イギリス/アメリカ原題:Far from the Madding Crowd
日本公開:未定

あらすじ
19世紀のイギリス南部。叔父から相続した農場切り盛りする女主人のバスシーバは3人の男性から求婚される。
トレーラー

感想

『偽らざる者』のトマス・ヴィンターベアが、イギリスの文豪トマス・ハーディの原作小説『遙か群衆を離れて』を映画化した一本。
19世紀のイギリス南部を舞台に、3人の異なるタイプの男に愛された女農場主の姿を描く文芸ドラマです。

農場主バスシーバを演じるのはキャリー・マリガン
バスシーバは叔父から相続した農場を守るために、働きの悪い労働者をくびにすることも辞さないしっかり者の女性。しかも美しく可憐ですからね、農夫のゲイブリエル(マティアス・スナールツ)、隣の大地主のボールウッド(マイケル・シーン)、軍曹のトロイ(トム・スターリッジ)といった面々が次々と彼女に魅了され求婚する。バスシーバのハートを射止めるのは・・という話。


ふむ、四角関係を119分でまとめるって至難の業だったんじゃないだろうか。
出会ってすぐにプロポーズされる(ように見える)という展開に無理を感じて
正直ちょっと苦笑いになっちゃったんですが(笑)
それでも2時間で各キャラクターの特徴を的確に描き、理解に支障ないのは凄い。

バスシーバはこの時代には珍しく独立心のある女性で、人に所有されることを嫌うがゆえに図らずも男性を翻弄してしまう。そんな彼女も三人三様の魅力に心を動かされる。

特に印象に残ったのは軍曹トロイと恋に落ちるシーン。
トロイのサディスティックな行動はともすれば失笑を買うところだけど
二人の間に存在する危険で甘い官能にはちょっとドキッとするし、ポスターにもあるように
トロイの勝負服 軍服の緋が効いて、なんたって映像が美しい。

シリアスドラマを手がけてきたヴィンターベア監督がこういう文芸ロマンスもいけるというのは意外でもあったな。 風景の美しさも際立ってました。
トレーラーのマリガンの美しい歌声もぜひ聴いていただきたい。

ところで、コスチューム姿のマリガンはウエストが驚くほど細かったのだけど
このプレミアのお写真から推察するに、ご懐妊なのかな。




ちなみに68年のジョン・シュレシンジャー版は170分の大作。
バスシーバにジュリー・クリスティ、ゲイブリエルにアラン・ベイツ、ボールウッドにピーター・フィンチ、トロイにテレンス・スタンプというキャストもいけてるし、撮影がニコラス・ローグというのが気になる。


トラックバックされた記事

 
忠愛の男

 アイルランド⇔日本 機内映画鑑賞記?  「Far From the Madding Crowd」  19世紀のイギリス西部エセックス。聡明で独立心の強い農家の娘バスシーバは、羊飼いのガブリエルに求婚されるが男は要らないと断る。叔父から遺産を相続したバスシーバは、不運な事故で全財産... 

2015/10/10(土) 午後 6:25 [ まつたけ秘帖 ]