映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】お帰りマット・デイモン!でも、やっちまったな『ジェイソン・ボーン』
2016年07月31日 (日) | 編集 |
jason-bourne-2016-movie-poster.jpg

ジェイソン・ボーン(
2016) アメリカ
原題:Jason Bourne
監督:ポール・グリーングラス
脚本:ポール・グリーングラス/クリストファー・ラウズ
出演:マット・デイモンアリシア・ヴィキャンデルトミー・リー・ジョーンズ/ヴァンサン・カッセル/ジュリア・スタイルズ
 日本公開:2016/10/7

【あらすじ 
ジェイソン・ボーンが帰ってきた

【感想
マット・デイモンが9年ぶりにジェイソン・ボーンを演じるボーン3部作の続編です。

かすかな記憶を辿りながらアイデンティティを追い求めてきたボーン
前作でほぼ記憶を取り戻し、姿をくらましていたボーンですが
本作ではストリートファイターみたいなことやってる姿で登場します。
jason-bourne-2.jpg 

それ本業?何年もそれで食いつないでいたの?
なんと言いますが、色んな疑問が沸くんですけど、本作では色んなことスルーで
またしてもCIAに追われる展開となり、アクションになだれ込みます。

こんなにセリフのない映画初めて観たってくらい前半はひたすらアクション
エモーショナルなことが起きてもさらりとかわしてまたアクション

これまでのボーンシリーズは同じ逃げるにしても、もっと知的な部分があったのに
そういうのが感じられない。
マット・デイモンのアクションのキレも以前ほどではないですしね
それにCIAによって殺人マシーンに作り上げられた男の悲しい性として観るのと
すべてを知ったボーンとして観るのとでは、こちらの受け止め方も違うというか
むやみに人を殺しまくることに違和感を感じてしまったんだよねぇ。

前半はとにかく退屈
後半に入ってヴェガスを舞台にしたド派手なカーチェイスでは流石に目が覚めたけど
車170台がらみの無謀なアクションはもはやワイルドスピードシリーズ(笑)

jason-bourne-alicia-vikander-tommy-lee-jones.jpg 

CIAのトップにトミー・リー・ジョーンズ
アリシア・ヴィキャンデルが007シリーズのQに近いITに強いエージェントを演じてますけど
立場的には前作のジョーン・アレンくらいなので、
20代の彼女がCIAでここまでの権力を持つのかっていうのはやや違和感。
立ち位置としては面白いし、クールビューティのアリシアちゃんも悪くなかったけど
終わってみれば、登場人物がみんな利己的に思えて誰にも共感できなかったというのが正直なところ。

単純にアクション映画として楽しめる人もいると思うけど私はダメだったな。
何かのインタビューでマットが「Iscrewed up」と言ってたけど
マット自身やっちまった感あるんじゃないだろうか。
というか、マットが脚本書けばいいのに。



日本公開は10月



ブログパーツ


[READ MORE...]
スポンサーサイト
【映画】マット・デイモンが火星にぼっち映画『オデッセイ』が面白すぎる
2015年10月07日 (水) | 編集 |


オデッセイ(2015)アメリカ
原題:The Martian
出演:マット・デイモン/ ジェシカ・チャステイン/ ジェフ・ダニエルズ / マイケル・ペーニャ/ ケイト・マーラ/キウェテル・イジョフォー/ ショーン・ビーン / クリステン・ウィグ  
日本公開:2016/2

火星で有人探査中のヘルメスヘル号の宇宙飛行士たちは、突然の嵐により緊急脱出を余儀なくされる。しかしマーク・ワトニーが事故に遭い・・

英国男優総選挙 特集
2回目は意外と根強い人気の ショーン・ビーン作品。

誰やねん!の若い写真出してみた(笑)

はい、すみません。
この映画勿論主役はマット・デイモン
事故で死んだとみなされ火星に置き去りにされてしまったマーク・ワトニーと
彼を帰還させようと頑張る地上の人々を描くリドリー・スコットの新作です。

これ最高に面白かった。


素人考えでは、また迎えに行って連れて帰ってあげればいいじゃんって思ってしまうんだけど、火星に行くには何ヶ月もかかるのね。
それでは食料や水、酸素がもたない。
その厳しい状況をクリアするためには、ワトニー側、地上側双方の努力が必要ということで、試行錯誤の取り組みが描かれることになります。

もうね、デイモンの火星ぼっち生活が最高なんです。
サバイバルのための彼の工夫がユーモアたっぷりに描かれ、会場は笑いの渦。
マットは知性と忍耐とユーモアを兼ね備えた宇宙飛行士を好演。
失敗を繰り返しながら頑張る姿に、彼を好きにならずにいられませんね。

NASA側の取り組みは専門的な知識があるとより楽しめたかなと思うけど
地味な裏方に光を当てたり、一人の宇宙飛行士の命を世界中が見守る様子に胸アツでした。


クルーのリーダーにジェシカ・チャステイン
置き去りにするという判断を下さねばならなかったコマンダーの苦悩を表現。
スイスイとシャトル内を移動する姿もかっこよかった。
ジェシカの残したCDをマットが聴くという形で、BGMに懐かしのディスコミュージックが使われているのは、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』の真似かいなと思ったけど、前の席のおばさんも音楽がかかるたびに身体を揺らして喜んでたし、楽しいからOKです。
マイケル・ペーニャはいつだって映画にユーモアと優しさを運んでくれますね。



さてショーン・ビーンは火星探査プロジェクトの指揮をとるNASAの人で登場。
最近は悪役顔になっちゃって、悪い判断を下すんじゃないかと心配したけど
ワトニー生還に懸命に働きかける大事な役割を担ってました。
英国男優総選挙ボットを手繰ると、彼を推す声もちらほら
「先生側か生徒なのか微妙」という声もあって笑ったわ(笑)

日本では2月公開とか、遅すぎだよ。

『ミケランジェロ・プロジェクト』:美術品奪還に懸けるオーシャンズ7
2014年02月17日 (月) | 編集 |
monumentposter.jpg

ロバート・M・エドゼルの『ナチ略奪美術品を救え』をもとに、ナチスドイツに奪われた美術品奪還の命を受けた7人のモニュメント・メンの活躍を描く実録ドラマ。ジョージ・クルーニー監督&主演の『ミケランジェロ・プロジェクト』を観てきました。
ミケランジェロ・プロジェクト(2013)アメリカ
原題:The Monuments Men
監督:ジョージ・クルーニー
出演:ジョージ・クルーニー/ マット・デイモン/ ビル・マーレイ/ ジョン・グッドマン/ ジャン・デュジャルダン/ ボブ・バラバン/ ヒュー・ボネヴィル/ ケイト・ブランシェット
日本公開: 2014/4公開中止
 
第二次世界中、ヨーロッパ各地から美術品を略奪していたナチスドイツは、戦況の悪化に伴い、奪った美術品を焼き捨てるという暴挙に出た。これに危機感を感じたハーバード大学付属の美術館館長ストークス(ジョージ・クルーニー)が大統領の認可を得て美術品奪還プロジェクトを立ち上げる。
集められたのは学者などからなる美術に通じた6人。本作は、プロジェクトに命を懸けた7人の「モニュメンツ・メン」の活躍を描く作品です。

ナチスに奪われた美術品を取り戻せ!!
こんな映画みたいなことが実際にあったとことさえ知りませんでしたが、
ゴッホのひまわりやダ・ヴィンチの最後の晩餐など、私でも知っている偉大な美術品の数々が、ナチスによって隠され、焼き払われようとする寸前にこのプロジェクトによって救われていたんですね。
monument2.jpg

当然ながらプロジェクトは危険を伴うもの。
それゆえ、映画にもトレジャー・ハンティングのワクワクと、戦火でのスパイ映画的なスリルを味わえるものと大いに期待したんですが・・、意外に静かな仕上がりで思ったのと少々違いました。
プロジェクトのメンバーにビル・マーレイジョン・グッドマン、『アーティスト』のジャン・デュジャルダンなどですからね、オフビートな笑いどころがチラホラ。ただ、危険なシーンもさり気にユーモラスに描かれているので、サスペンスとしての盛り上がりに欠けたのはちょっと残念。
これをタラちゃんが撮ったら、イングロ的な大エンタメ作品になるんじゃないかな。

しかしながら、クルーニーの持ち味は勿論健在で、偉大なる芸術や先人へのリスペクトを感じさせてくれるまじめなつくり。人は何のために戦うのか、その意味は・・というところにメッセージも込めています。
ただ、個人的にはそのメッセージ部分に完全には共感できず、答えは観客に委ねた方が良かったんじゃないかなという気がします。

キャストではビル・マーレイ、ジョン・グッドマンがグッド・ジョブ。
ボブ・バラバンも2人に負けないいい味を出してます。

monument3.jpg

フランスの美術館の職員を演じるケイト・ブランシェットは、アメリカ人を警戒しながらも、マット・デイモン演じるモニュメンツ・メンの少尉と交流するうち心を開いていく女性を演じています。
相変わらずフランス訛りの英語を器用に操ってますが、彼女の美術品を愛する気持ちが伝わるシーンは感動的で、映画のテーマにも通じる大事な役どころでした。

日本の宣伝のように、スリルを期待しすぎると「あれ?」ってことになるかも。
偉大な美術品が次々に発見され、救われるシーンはホーっとなりますが
絵画や彫像に詳しいと余計に楽しめるかもしれません。

それにしてもヒトラー、どんだけ集めたねん!

マット・デイモン『エリジウム』
2013年08月12日 (月) | 編集 |



『第9地区』のニール・ブロンカンプ監督の「空にぽっかりシリーズ(←勝手に命名)」第2弾
『エリジウム』を観てきました。
エリジウム(2013)アメリカ
原題:Elysium
監督:ニール・ブロンカンプ
出演:マット・デイモン/ジョディ・フォスター/シャールト・コプリー/アリシー・ブラガ/ディエゴ・ルナ/ワグネル・モウラ/ウィリアム・フィクトナー
日本公開:9/20
 
2154年
1%の裕福な人間は空に浮かぶスペース・コロニー「エリジウム」で理想的に暮らし、
残り99%は、人口の過密した荒廃した地球で貧しい暮らしを余儀なくされている。
マックス(マット・デイモン)は車泥棒として荒れた暮らしをしていたが、
工場での職を得て、まじめに生きようとしていた矢先、ある事故から余命5日と宣告されてしまう。
助かるためには「エリジウム」に行くしかないが、高価なチケットが手に入るはずもない。
そんなマックスにあるオファーが舞い込む。

マット・デイモン主演のSFアクション映画です。
140年後、荒廃した地球に溢れる貧困層の多くがヒスパニック系というのが
アメリカの未来を予見してるようです。
面白いのは、かつて国境を越えて移民してきた彼らが
今度は宇宙を渡ってエリジウムに不法に入ろうとすること。
エリジウム側は徹底的に排除しようとすることから、移民たちは命がけ。
このあたりケイリー・フクナガの『闇の列車、光の旅』を思い出します。
勿論移動手段は列車ではないですが・・。

この映画には、不法移民を助ける組織が存在し
マックスはその組織のリーダーにあるミッションを託され、エリジム側と戦うことになるんですね。

富裕層と貧困層に分割した社会の描き方は、リメイク版『トータル・リコール』を思い出すけれど 本作はさすがブロンカンプ監督作品、空に浮かぶエリジウムなど圧倒的なビジュアルが見もので 究極の移民対策など社会派的な視点が面白い作品になっています。

マット・デイモン演じるマックスは、カトリック系の孤児院で育っていて
かつてシスターに「あなたは救世主となる人」と言われてたんですね。
そのことが重責となり、どうにもならないもどかしさから犯罪にも手を染めたけれど
余命5日を宣告され、なくすもの等ない彼は、人類のために命を懸けようとするのです。
銃を構えるマットはスキンヘッド版ボーン!



細かいことを言うと、スキンヘッドギアの使い方も「??」で
ビジュアル的な効果以外にさほど意味を成さない気がしたり
孤児院で一緒に育ったフェイとの関係も子供を絡ませないほうがシンプルな
ロマンスになったんじゃないかなぁとも思います。
ファクトナー演じる人物をめぐるあれこれや、途中のグダグダをもう少しスッキリさせると
地球を救うというテーマがより浮き上がるんじゃないかな。

とは言え、マックスを突き動かすものが愛する人を救うためであり
神に課せられた任務である というような運命的な描き方がとっても良くて
最後は切ないながら感動します。

共演陣は
ジョディ・フォスターは移民を徹底的に取り締まり、エリジウムの保安に躍起になる高官を冷酷に演じていて、悲しい悪役が似合ってる。
『第9地区』で主演を演じたシャールト・コプリーが、地球側で移民を取り締まるクルーガーを演じていて、思えば移民を取りしまる中間責任者という役割は『第9地区』と同じ。
前作でお役人風が嵌ってたコプリーですが、今回はこの風貌で大暴れ。



マックスの親友フリオ役のディエゴ・ルナが、刹那的にカッコよくて最高。泣かせました。

移民問題や、裕福なものだけしか文明の恩恵に預かれない社会ってどうよ など
さまざまな社会問題について考えさせられる作品でもありますね。







 



プロミスト・ランド
2013年06月09日 (日) | 編集 |



プロミスト・ランド(2012)アメリカ
原題:Promised Land
監督:ガス・ヴァン・サント
出演:マット・デイモン/フランシス・マクドーマンド/ジョン・クラシンスキー/ハル・ホルブルック・ローズマリー・デウィット
日本公開:未定
 
天然ガス会社のセールスマン、スティーヴ(マット・デイモン)は、同僚スー(フランシス・マクドーマンド)と共に、経済危機に陥った田舎町に派遣される。ガス採掘のドリル作業を開始するために、その土地の人々を買収するのが目的だ。しかし地元住民への説明会の席で、元サイエンティストの学校の教師が危険性を指摘。さらには環境保護者のダスティン(ジョン・クラシンスキー)の出現によりスティーヴの買収計画は暗礁に乗り上げる。

ガス会社のセールスマンの葛藤を描くヒューマン・ドラマ
マット・デイモンが主演、製作、共同脚本を務め、予定していた監督をスケジュールの都合からガス・ヴァン・サント監督に委ねました。
マット演じるスティーヴは、自身が経済破綻をきたした田舎の出であることから、彼は天然ガス事業が田舎町の経済を潤すことを確信し、土地を助けたいという思いがあるんですね。
ところが環境汚染を危惧する土地の知識者の反対に遭い、地元住民はガス会社を誘致するかどうかの判断を、3週間後の投票で決めることにする。映画はこの期間のスティーヴの葛藤と心の変化を描くもの。

ここで扱う天然ガスというのが、採掘法が改善されて以来、石油や石炭に代わる新たなエネルギー資源として注目を浴びるシェールガス。一方で環境汚染が問題にもなっているため、映画がどこまで環境問題を暴くのかに注目し、鑑賞しました。

セールスマンとして、一人の人間としての主人公の葛藤、土地を愛する地元住人の思いなど静かに描かれるヒューマンな部分は悪くないです。
ヴァンサント監督らしいピュアな映像と音楽とともに描かれ、観やすいし美しい。
マットもアクションものより、こういうヒューマンドラマが似合う役者だと思います。


↑郷に入れば郷に従えということで、地元ファッションに身を包むことから始めるのが可笑しいw

ただ、ガス採屈で具体的にどんな環境汚染が起こるのかを明示していないところが、期待したものと違いました。スティーヴ自身が環境問題をどこまで把握しているのにも言及してないため、観ていてどうもすっきりしない。天然ガスによる危険性を仄めかしてはいるものの、メッセージとしてはとてもマイルドといわざるを得ず、何かの規制がかかったのかなぁなどと想像しちゃいますね。




共同脚本を務めたジョン・クラシンスキー(エミリー・ブラントの旦那様ですね)が、環境保護を訴える反対派(?)ダスティンを演じてます。

 

      

トラックバック一覧

  1. 1. ガス・ヴァン・サントの『プロミスト・ランド』: 悪魔との取引?

  2. 2. 「プロミスト・ランド」

    • [ここなつ映画レビュー]
    • September 17, 2014 13:14
    • 心から素晴らしい作品だったと思える。生い立ち、思い出、プライド、仕事に対する姿勢、積み重ねた生き方…そんなものをまとめた自分自身という名の胸倉を掴まれ上に持ち上げられ、ぐらぐらと揺らされた挙句にパッと手を放されたような感じ。パッと突き放された割には余韻が
  3. 3. 映画『プロミスト・ランド』を観て

    • [kintyre's Diary 新館]
    • November 15, 2014 10:25
    • 14-71.プロミスド・ランド■原題:Promised Land■製作年、国:2012年、アメリカ■上映時間:106分■料金:1,100円、TOHOシネマズシャンテ(日比谷)■鑑賞日:9月1日 □監督:ガス・ヴァン・サント□脚本・製作:マット・デイモン、ジョン・クラシンスキー◆


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。