映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
『テイカーズ』にみる男たちのプライドと生き様
2012年05月21日 (月) | 編集 |
『プロメテウス』の出演者チェックということで
今日は宇宙船プロメテウスのキャプテンを演じるイドリス・エルバの出演作を一本。
犯罪プロ集団とそれを追う警察のドラマをスタイリッシュに描く『テイカーズ』



テイカーズ
2010年(アメリカ)
原題:Takers
監督:ジョン・ラッセンホップ
出演:マット・ディロンポール・ウォーカー
イドリス・エルバジェイ・ヘルナンデスマイケル・イーリー
ティップ・“T.I.”・ハリスクリス・ブラウンヘイデン・クリステンセン
ゾーイ・サルダナ


テイカーズ(強奪者)を名乗る犯罪グループのメンバーは年一度の大仕事を
綿密に計画し、普段はセレブな暮らしをしている。
そこにかつてのメンバーだったゴースト(ティップ・“T.I.”・ハリス)が仕事を持ちかける。
決行までわずか5日。
ゴーストを信じられるのか、十分に準備できるのか
自分たちのスタイルではないと思いながらも、
テイカーズのプライドと欲から計画に乗る5人。
しかし、彼らを地道に追う刑事がそれを阻むという作品。




白人2人、黒人3人の犯罪グループのメンバーたちがカッコよくてね。
仕立てのいいスーツに身を包み、高級車を乗り回す。
まるでファッション誌から抜け出したようなポール・ウォーカー
警察の踏み込みの波から優雅に立ち去る姿が印象的でしたね。
気品さえ漂わせる彼らを誰も犯罪者とは疑わない。
メンバー中一番好きだったのはへイデン・クリステンセン
感情を見せずなんだかフワフワしてるのに、戦うときにはどこまでも捨て身。
クレイジーさの底にある刹那な感じにグっときましたよ。

『プロメテウス』のキャプテンを演じるイドリス・エルバ
メンバーのゴードンを演じてますが
ゴードンには麻薬かアルコールのリハビリ施設で治療中の姉がいて
唯一の身内姉を愛しているけど、それは彼にとってのウィークポイントでもあり
完全な犯罪計画のほころびのきっかけにもなる。

彼らを地道に追う刑事コンビに、マット・ディロンジェイ・ヘルナンデス
犯罪者たちがセレブに暮らす一方で
病気の子供を抱えた若き刑事の生活は厳しい。
やりきれない現実。

男たちのそれぞれのプライドや生き様が描かれ
単なるスタイリッシュな犯罪ドラマになってないところに深みを感じさせます。
逃走シーンのアクロバティカルなアクションも見ものですよ。

★★★★