映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】クリード チャンプを継ぐ男
2015年12月13日 (日) | 編集 |

Creed-Movie-Poster.jpg
クリード チャンプを継ぐ男
(2015)アメリカ

原題:Creed
監督:ライアン・クーグラー
脚本:ライアン・クーグラー/アーロン・コヴィントン
出演: シルヴェスター・スタローン/ マイケル・B・ジョーダン/ テッサ・トンプソン  /フィリシア・ラシャド  / アンソニー・ベリュー

【あらすじ】
静かにレストランを営むロッキーの前に一人の青年が現れた。
かつての盟友アポロ・クリードの息子と名乗るその青年はロッキーにトレーニングを依頼する。。

ロッキーシリーズが新しくなって復活!!!!
なんとアポロの息子が現れて、ロッキーの指導の下チャンピオンを目指そうというのです。

タイトルのクリードはアポロの苗字だったのね
そんなことさえ知らない私ですが、いやぁ、これは面白かった。


アポロの息子アドニスを演じるのは『フルートベール駅で』のマイケル・B・ジョーダン
一年かけてトレーニングしたらしい身体も凄いことになってて、リアルな強さを感じさせてくれました。
対戦相手の方が見劣りして、ただの風呂上りの兄ちゃんに見えたもんね(笑)

監督は『フルートベール駅で』で注目を浴びたライアン・クーグラー
『ロッキー』シリーズの大ファンで台詞も覚えてると言うだけあって『ロッキー』愛に溢れる仕上がり。

オマージュたっぷりのトレーニングシーンが懐かしいやら、エイドリアンのいないロッキーの心情が胸に迫るやら
そこここで胸が熱くなってかなわんかった。
アポロに大きな恩があるロッキーと
伝説のアポロを父に持ちながら、父を知らずに育ったアドニスの親子のような師弟愛を描くなんて
監督は上手いところついてきたなぁ。
いまどきのアイテムもたくさん出てきて
2人の世代のギャップをユーモアで見せているのも楽しいですが
なんといっても抜け殻のようなロッキーと、自分が信じられる何かを求めてさ迷うアドニスと
2人の魂のふれあいが素晴らしいんですよ。
ジョーダンも映画賞のいくつかで主演男優賞にノミネートされてるし
スタローンもゴールデン・グローブ賞助演男優賞にノミネート!

これで二作目という新人監督がここまでの作品を撮りあげるとは
最後にロッキーのテーマが流れるとアドレナリンも一気に噴出でした!

ロッキー公開から来年で40年
新たな始まりですね。


日本公開は12/23日からです



[READ MORE...]
スポンサーサイト
クロニクル
2012年03月14日 (水) | 編集 |


クロニクル  2012年(米)
原題:Chronicle
監督:ジョシュ・トランク
出演:デイン・デハーンマイケル・B・ジョーダン
   アレックス・ラッセル
 【ストーリー】
高校生のアンドリュー、マット、スティーヴの3人はパーティの日、
森の近くに大きな穴を見つけたことから、物を動かす特殊能力を手に入れてしまう。



今日は特殊能力を手に入れた高校生を描くSFサスペンス・ホラー『クロニクル』を観てきました。
これね、映画オタクの主人公アンドリュー君がいつもカメラを回してるって設定で
ハンディカメラによる映像が揺れるんですよ。
序盤特にそれが強く、友人は最初の15分くらいで退室とあいなりました(;´Д`)

さて、突然特殊能力を得た高校生はどうするか。
もしかしたら『スパイダーマン』みたいにヒーローとして活躍する展開を
期待する人がいるかもしれません。だけど考えても見て。
もし自分だったら、街に繰り出して人助けに奔走する?しないよね普通。
そう、この映画でも3人はその力を、念力が使えたらそれやってみたいなということや
いかにも高校生な幼稚な悪戯に使うんですね。
ところが段々にパワーは強くなり、下手すりゃ人を殺すこともできるのだと気づくことになる。
さて、3人の運命は・・。

いやはや、お気軽ティーンズアクションムービーと思いきや
後半は家庭に問題のあるアンドリューの内なる怒りが爆発し
驚きぶっ飛びのダークファンタジーへと様相を変えます。
クライマックスの恐ろしさはただ事じゃない。
監督が一番影響を受けたのは大友克洋の『AKIRA』だそうで、
未見ですが、観た方は話の展開が想像つくかな。
正直、段々ダークになっていくストーリーに心が落ち着かず、辛いものがありました。
でもなんか凄いものを観たという気持ちになるのも確か。

道徳からかけ離れていく本作、もっとブラックでホラーに着地するところを
ラストシーンでかろうじて救ってますね。

誰にも愛されてないと思ってるあなた。でも愛してくれてる人はいるんだよ とか
力の使い方を間違えるととんでもないことになるよ とか
そんなメッセージも感じる青春映画です。

賛否両論あるでしょうけど、観る価値ありの一本かと。
日本公開は今のところ未定

">



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。