映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】トレスパス・アゲンスト・アス(原題)
2017年03月11日 (土) | 編集 |
trespassagainstus2.jpg

トレスパス・アゲンスト・アス(原題)(
2016 イギリス
原題:Trespass Against Us
監督:アダム・スミス
脚本: Alastair Siddons
出演:マイケル・ファスベンダーブレンダン・グリーソン/リンゼイ・マーシャル/ジョージ―・スミス

【あらすじ】

父親にコントロールされ、トレイラーハウスで移動しながら犯罪を繰り返すコミュニティに生きるチャドは、将来に不安を感じていた。


【感想】

長編初メガホンのアダム・スミスが監督したクライムアクションドラマです。
主演はマイケル・ファスベンダー
trespass.jpg
ファス演じるチャドはトレイラーハウスでジプシー生活を送るコミュニティに生きる男。
2人の子供を持つチャドは、コミュニティを支配する父親のコルビー(ブレンダン・グリーソン)に命じられ犯罪を繰り返す暮らしから抜け出したいと思っている。
しかし学校に行かず読み書きのできないチャドの自立には壁があり、何より父親がそれを許さない。
子供を守りたい、でもそのためには犯罪を犯すしかないという主人公のジレンマが悲しい映画です。

ファスベンダーがとにかく走る 走る! 走る!!の大活躍。 
華麗なるドライビングテクニックを披露しつつ、パトカーから逃げ、犬から逃げ、ヘリコプターから逃げる。
憤りに顔をゆがませ、邪悪な行動に出て自己嫌悪に陥ったかと思えば、優しい瞳で子供を見つめたりと 
様々なアクション&表情のファスを拝める点でこれはファン必見と思いますです。はい。
Trespass-Against-Us.jpg
ただ映画としては、賛否が分かれてしまいますね。
犯罪生活に見切りをつけたいと思いながら、結局は父親に従うしかないチャドに
その気になれば身体を使ったどんな仕事でもできるんじゃないのー?とか思ってしまう。
小さい頃から暴力で抑えられてきたであろうことは想像できるけれど、チャドが父に感じる恐れなどが今いち伝わないから、ラストシーンにもほかに選択がなかったの?っていうか、それはないわぁって気になるしね。

でもチャドの行動の可否を問うのは作り手の思うところではないかもしれない。
多分この映画は、三世代の親子の関係を通し、親と子供の愛情や、責任なんかを描いているのだと思う。
本当の親の愛は子供に可能性を与えてあげることだなと思ってみたり。

ともあれ、ファスベンダーにブレンソン、妻役のリンゼル・マーシャルが、それぞれの立場の愛情を表現してうまい。
ファスベンダーに感化されたか、息子役のジョージ―・スミスの最後の演技も秀逸で、演技者はみな素晴らしかった。

ラストシーンをどう解釈するかで印象は変わるかな。
エンタメ性もあり、私は楽しめました。

日本公開は未定。


お気に入り度3.8



ブログパーツ





















【映画】光をくれた人
2016年09月04日 (日) | 編集 |
light-between-oceans-movie-reviews-cast.jpg

 光をくれた人(2016 イギリス/ニュージーランド/アメリカ
原題:The Light Between Oceans
監督:デレク・シアンフランス
出演: マイケル・ファスベンダーアリシア・ヴィキャンデルレイチェル・ワイズ/ブライアン・ブラウン/ジャック・トンプソン

【あらすじ
人里離れた灯台守として働き始めた帰還兵のトムは、上司の娘と出会い恋に落ちる。孤島に新居を構えまもなく子供を授かるが・・

【感想
ヴェニスでいちゃいちゃ
今最もホットなカップル マイケル・ファスベンダーアリシア・ヴィキャンデル主演のメロドラマです。
1280_the_light_between_oceans_alicia_vikander_michael_fassbender.jpg
孤島の灯台守として新生活をスタートさせた帰還兵のトム(ファスベンダー)と美しい妻のイザベル(ヴィキャンデル)。幸せいっぱいの二人ですが、まもなく授かった子供を続けて流産しイザベルは壊れ気味に。そんなとき漂流するボートに赤ん坊発見。自分たちの子供として育ててしまうのです。

ファス&アリシアが恋人と噂されるようになって結構経ちますが、2人はこの映画での共演で交際が始まったんですね。こんな幸せな新婚カップルを演じれば、そりゃ恋にも落ちるでしょう。
The-Light-Between-Oceans-trailer-con-Michael-Fassbender-y-Alicia-Vikander_landscape.png
海に囲まれた絶景の地、淡い色調で描き出される美しい二人のラブストーリー。
眼福でございますよ。
でも映画の二人の幸せは意外に長く続かない。
だって海からやってきた子供には本当の親がいて、2人はその真実から逃れることができないから。
でもって監督は『ブルーバレンタイン』のデレク・シアンフランスときた。

まず思うのは男女の違いですね。
わが子を失った悲しみに暮れているときに目の前に赤ん坊が現れたら、もう絶対に手放したくなくなる気持ちは女として理解できます。一方第一次世界大戦でたくさんの仲間の死を目の当たりにしたトムは、イザベルに出会うまでは戦争後後遺症で心を閉ざしていたほど。志半ばで命を落とした若者への思いからトムは罪の意識にさいなまれてしまう。
良心とイザベルへの愛のはざまで苦悩するファスベンダーがなんとも切ないんです。

正直途中までは一番かわいそうなのはレイチェル・ワイズやんと、やるせない思いで観てましたが、最後の最後はファスに泣かされました。




日本公開は来年春?まじか
二人に本当の子供ができちゃうよ。


「英国男優50人斬り」8人目はマイケル・ファスベンダーでした。


ブログパーツ






[READ MORE...]
【映画】『X-MEN:アポカリプス』首チョンパ祭り
2016年06月08日 (水) | 編集 |
xmenapocalypseimax-1.jpg


X-MEN:アポカリプス(2016)
アメリカ
原題:X-MEN:Apocalypse
監督:ブライアン・シンガー
脚本:サイモン・キンバーグ
出演: ジェームズ・マカヴォイ /  マイケル・ファスベンダー/ ジェニファー・ローレンス/ オスカー・アイザック/ ニコラス・ホルト/ ローズ・バーン /  オリヴィア・マン /  エヴァン・ピーターズ/ コディ・スミット=マクフィー/ ソフィー・ターナー/ タイ・シェリダン
日本公開:2016/8

1983年、人類の文明誕生以前からミュータントの力を使い、神として世界を支配していたアポカリプスが、数千年の眠りから目を覚ました。人類の文明が間違った方向に発展したと考えるアポカリプスは世界の破滅を計画・・。

【感想 
のっかり特集中休みとしましょう。
本当はDCやらマーヴェルのコミック系はもう卒業でいいやと思ってたんだけど
キャストにつられて『
X-MEN:アポカリプス』観てきました。

今回のタイト"アポカリプス=黙示録”とは「終末の予言」
なんと、太古の神が蘇って、堕落した地球を滅ぼそうとする という話なんだな。

凄いのはこのアポカリプスの神様はミュータント第一号なんだって。
神は4人のホースメンを従えて世界をリセットしようとする。
それを阻止するため立ち上がるのがプロフェッサーXやミスティークらが率いるX-MENたちってことになるんですね。

自慢じゃないけど私はこのシリーズを観始めたのは2009年の『ウルヴァリン』からでして
その元祖をよく知らないんですけど、『X-MEN』結集の意味を紐解き、メンバーを紹介するという作品名なだけに、ブライアン・シンガーの復活はファンには嬉しいんじゃないでしょうか。
X-Men-Apocalypse-Trailer-1-Cyclops.jpg 

タイ・シェリダン君など、オリジナルキャストと交代した若いミュータントたちの活躍がフレッシュで楽しい。
アポカリプス神を演じたオスカー・アイザックも素顔はほとんど拝めないけど頑張ってました。
Screen20Shot202016-03-1720at2012_54_5720PM.png 

ただね、アポカリプス復活やらX-MENのメンバー紹介やらを割と丁寧にやるので
どうしても時間がかかって、散漫な感じになるんですよね。

そんな中映画を引き締めるのはやっぱりマイケル・ファスベンダー
もう何も言いません。いいよ、ファスベンダー。
michael-fassbender-as-magneto-in-x-men-apocalypse.png 

個人的にはファスベンダーシーンの重さで通してもいいんじゃないかと思うのだけど
思いのほか漫画だったね。
楽しいけど、映画全体が軽い印象になるのは否めない。
あと本作を最後にシリーズ卒業となるジェニファー・ローレンスはすでに心が離れてる印象で
ちょっと浮いてたのが残念。

とはいえ、X-MEN誕生の物語として楽しめたのでよしということで。
オリジナルのシリーズも観てみよう。
ウルヴァリンの登場・・というか退場には笑った(笑)


ブログパーツ
【映画』地獄に一番近い愛 マイケル・ファスベンダー『マクベス』
2016年03月14日 (月) | 編集 |
今年はアカデミー賞の生放送も見られず、受賞式前の特集も十分出来なかったので
これからはちょっと遅いオスカー特集としてアカデミー賞を振り返ろうと思います。

本年、最大の話題はレオナルド・ディカプリオ悲願のオスカーなるか!でしたね。
実際『レヴェナント』を見た時点で受賞を確信するほどレオの演技は素晴らしく、お情けでもなんでもない
実力で勝ち取ったオスカーだったわけですが。

それだけに、二番手につけていたマイケル・ファスベンダーは残念。
でも次の機会はまた直ぐにやってくるでしょう。
今日はそんなファスベンダーの最新作、シェークスピアの戯曲を映画化した『マクベス』を観ました。
やっぱり上手いわ。

macbeth-2015-poster-4.jpg

マクベス
(2015)イギリス/アメリカ/フランス
原題:Macbeth
監督:ジョスティン・カーゼル
原作戯曲:ウィリアム・シェイクスピア

出演:マイケル・ファスベンダー
/ マリオン・コティヤール  /パディ・コンシダイン/ エリザベス・デビッキ/ ショーン・ハリス 
日本公開:2016/5/13 
 
  
 【あらすじ
スコットランドでダンカン王の下、武将としてならすマクベスは、イングランドとの対戦にも勇敢に戦い勝利に貢献した。しかし戦いの帰り4人の魔女に「いずれ王となる」と予言されたマクベスは野望に駆り立てられ・・。


【感想
シェイクスピア没後400年を記念しての映画化だそうです。

台詞も古い言葉で語られるので私には難しかったんですが
『マクベス』を読んでいたのは助けになりました。

武将であるマクベスが魔女に「いずれ王になる」と予言されたことから野望に火がつき
野心家の妻にも煽られ、王ダンカンを暗殺。
そうして王になるも、マクベスは罪の意識と王位を失うことの不安から次々に人を殺めていく・・

ラストシーンをのぞいて有名なストーリーを忠実に再現したという印象です。
冒頭は、マクベスの子供の葬儀のシーンから始まり、次にイングランドとの戦いが描かれる
辛くも勝利を収めるものの、多くの若い命を失ったことは彼の心に暗い影を落としています。
そんなときに野心家の妻に煽られ穏やかな君主ダンカン王を暗殺してしまったマクベスは
さらに心の平衡を失っていくのです。
macbeth09.jpg
ファスベンダー演じるマクベスが痛々しくてねぇ。
欲にほだされた暴君と言ってしまえばそれまでだけど、戦後のトラウマ状態にあったマクベスは
明らかに心を病んでいて、脅迫観念から王位を脅かす存在を排除せずにいられない。
途中ファスベンダーがBB8に見えるシーンがあって笑ったけど(笑)
葛藤から一筋の涙を流すマクベスの瞳が、いつしか虚ろなものとなっていくのが切なかったわぁ。


macbeth-scene2.jpg 

監督のジョスティン・カーゼル は『アサシン・クリード』の監督にも抜擢されていて
迫力のバトルシーンなんかはちょっとゲーム風でもあるんですが
スモーキーに青みがかった映像、パノラマに映し出されるスコットランドの風景、不穏な音楽と
独特の静寂感と緊張感があって、アートな雰囲気を醸しだしてもいます。

多分自然光や室内の明かりのみを利用したドグマ方式なのかな。
時代背景に合っていたと思うし、幻視に怯えるマクベスの心情にも合っていた。

MacBethFassbender-xlarge.jpg
力のあるものが王座に付く。そんな戦国の時代。
マクベスを鼓舞する妻の欲深さは内助の功でもあったんでしょう。
でもマクベスの暴挙に、次第に自分の罪を悔いるようになり、これまた心を病んでいく
目力と凛とした声で強さを強調したマリオンがマクベス夫人を美しくそして悲しく演じて見事。

マクダフ役のショーン・ハリス、バンクォー役のパディ・コンシダインも凄くよかった。
人物関連図を頭に入れておくほうが分かりやすいかも。

洗っても洗っても落ちない血と全てを焼き尽くす炎の「赤」が印象的
マクベスと夫人の「地獄に一番近い愛」が悲しい作品でした。

ブログパーツ
[READ MORE...]
【映画】マイケル・ファスベンダーは『スティーブ・ジョブズ』
2015年10月29日 (木) | 編集 |

スティーブ・ジョブズ(2015)アメリカ
原題:Steve Jobs
監督:ダニー・ボイル
出演: マイケル・ファスベンダー /ケイト・ウィンスレット/セス・ローゲン
/ サラ・スヌーク/ キャサリン・ウォーターストーン/ ジェフ・ダニエルズ/ マイケル・スタールバーグ
日本公開:2016/2

1984、アップルのPC発表を30分後に控えた舞台裏では、スクリーンに「Hello」を表示できないというトラブルが発生しジョブズは激怒。一方楽屋に訪ねてきたアンドレアはスティーヴに娘サラの認知を迫るが・・

英国男優総選挙 特集 13回目

今日はマイランキングング6位のマイケル・ファスベンダー!!
でも本選では何故か30位以内に名前がないんだよね。なんで?
みーすけさんのお怒りはごもっとも。私も納得いきません。

今日はファスベンダーが主演の『スティーブ・ジョブズ』観てきました。

ダニー・ボイルが監督し『ソーシャル・ネットワーク』のアーロン・ソーキンが脚本を書いたいわずと知れたアップル創業者スティーヴ・ジョブズの伝記映画です。
これ凄くよかった!
選挙の前に公開されてたら順位も違ったかもだ。

あらすじにも書いたように本作は1984年、アップルがマッキントッシュを発表する30分前の舞台裏から始ります。世界を変えることになるパーソナル・コンピューターを世に送り出す第一声として「Hello!」と呼びかけたいジョブズ。

ところがプログラムに問題が発生し、責任者が「出来ない」とのたまう。
『バカヤロー、なにがなんでも間に合わせろ!」
Fワードで罵声を浴びせるファスベンダーにのっけからビビらされました(笑)

この映画、ジョブズの転機となる3つの時期(「マッキントッシュ発表」「アップルを首になったあと作ったNextの発表」「アップル復帰」)の発表会場のステージ裏を主な舞台にし、これだけでジョブズのイノベーションの軌跡を見せるという構成が面白い。

その全部のシーンに関わってくるのが娘のサラ。
DNA検査でも実の娘であることが証明されたにも関わらず、ジョブズはサラを自分の子供として認めようとしないのですよ。

アシュトン・カッチャーの映画は観てないし、ジョブズについても詳しく知らなかった私は、敵を作り摩擦の絶えないジョブズの一面に驚いたのだけど、そんなアッスホールのはずのジョブズが次第に愛しくなるから不思議です。

それは彼の実績と未来を見通す才能のみならず
本当にやりたいことをとことん追求する夢追い人であることがわかるから。

脚本もいいのだと思うけど、行間をしっかり演じたファスベンダーがとにかく上手い。
完璧主義ゆえに周囲との摩擦が絶えず、それに傷つくジョブズを演じるファスの表情に胸きゅん。
認知しないとしながらも、サラを愛していることも、彼女をみつめる瞳の優しさで表現しているのですよ。
勿論アシスタントを演じたケイト・ウィンスレットの力も大きくて
これほどジョブズを信じ支えられるのは、ジョブズに魅力がないと出来ないだろうと思わせます。


昨日トレーラーを検索していて、たまたまNHKのクローズアップ現代が2001年に放送した「パソコン界の先駆者 そのベンチャー精神に迫る」という動画を見つけて観てみたんですが、そのインタビューの中にジョブズの夢や展望の全てが語られていて感動しました。

同時に「10年後の自分はどうなっていると思うか」という質問に「わからない」と答えていてはっとします。
「目標を持ってやっていても、変化が起きることもあるから」と。
丁度その10年後の2011年に56歳の若さでお亡くなりになったんですよね。
抗うことのできない変化に道を閉ざされたこと、さぞ無念だったことでしょう。

一見爽やかに終わる映画ですが、映像処理に暗示を感じて・・
彼に待ち受けるものを知っているだけに最後は涙があふれてしまいました。


ファスベンダーは勿論のこと、共演のケイト・ウィンスレット、セス・ローゲン、ジェフ・ダニエルズみんなオスカーにノミネートされてもおかしくない素晴らしい演技でした。