映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気
2016年12月06日 (火) | 編集 |
freeheldposter.jpg

 ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気(2015 アメリカ
原題:Freeheld
監督:ピーター・ソレット
脚本:ロン・ナイスワーナー
出演:ジュリアン・ムーアエレン・ペイジマイケル・シャノンスティーヴ・カレル

【あらすじ】
20年以上にわたり刑事として働くローレルは、ステイシーと出会い恋に落ちる。やがて一緒に暮らし始める二人だったがローレルが病に冒されていることが発覚。ローレルは自分の死後、ステイシーが遺族年金を受け取れるよう郡に申請するが・・


第80回アカデミー賞で短編ドキュメンタリー映画賞を受賞したドキュメンタリーを映画化した作品です。
freeheld-main-compressor.jpg
同姓婚カップル、ローレルとステイシーにジュリアン・ムーアエレン・ペイジ
愛し合う二人は出会いから間もなくパートナー登録し、晴れて公的なカップルになります。
しかし家も買い幸せな毎日を送る中、ローレルが癌に罹患。余命いくばくもないことを知り、ローレルは遺族年金をトレイシーが受け取ることを希望するのですが、郡は無碍もなく却下。
それでもローレルの思いは強く、同僚デーン(マイケル・シャノン)の助言もあって郡の委員会にかけあうことに。
委員会は同姓婚カップルの権利に対し、どんな判断を下すのかという話です。
freeheld2.jpg
全米で同姓婚が認められることになったのは昨年のこと。それまでは認める、認めないは州によって違っていたんですね。舞台となるニュージャージー州が同姓婚を認めたのは2013年。ですから、当時のローレルとステイシーの関係はあくまでドメスティック・パートナー・システムで許可されたものにすぎず結婚とは違うもの。委員会がローレルの申し出を却下するのも、不思議ではないのです。
そんなこともあって個人的には同姓婚には異論はないものの、ローレルのケースで「平等」を求めるのには無理があると思ったんですが、支援グループが参加し自体が動き始めるのを興味津々で観ました。
hol9.jpg
後半は法廷もののような展開になるんですが、活動家スティーヴンを演じるスティーヴ・カレルがゲイ・トークで笑わせてくれるし、朴訥としていながらも誠実にローレルを助ける刑事の相棒マイケル・シャノンとのやり取りも楽しい。友情だったり、同情だったり、あるいは信念や勇気だったりと、支援者の思惑もベクトルも違うのだけど、それがかえってリアルで、映画の楽しみどころにもなっていたのはサプライズ。

ローレルとステイシーの力は微力でも、同じ考えのものが集まれば声は大きくなる。
結局委員会は痛いところを握られるということもあり、ごり押し的ではあるものの最後は二人の愛と支援の力が大きなうねりを生み出す様には感動しました。

ジュリアン・ムーアは刑事でレズビアンで癌末期という難しい役でしたが、終盤は観ているこちらが苦しくなるほどの喘鳴を伴う息遣いを見せるなど細かい演技も秀逸。流石ですね。
製作にも携わるエレン・ペイジもナチュラルでよかった。プライベートでもゲイをオープンにするエレン、脚本のロン・ナイスワーナー(『フィラデルフィア』)ともに、思い入れの強さも感じるところでした。



ブログパーツ


スポンサーサイト
【映画】ラビング 愛という名前のふたり
2016年12月05日 (月) | 編集 |
 loving-poster-ruth-negga-joel-edgerton.jpg

ラビング 愛という名前のふたり(2016 アメリカ
原題:Loving
監督/脚本:ジェフ・ニコルズ
出演:ルース・ネッガ/ジョエル・エドガートン/ウィル・ダルトン
日本公開:2017/3

【あらすじ】
白人と黒人のカップル、リチャードとミルドレッドは妊娠を機に結婚を決意するが・・


ジェフ・ニコルズの新作です。
黒人差別の残る50年代のアメリカ、ヴァージニア州で、州の禁じる「異種族結婚」に立ち向かった白人と黒人のカップルを描く実話です

妊娠を機に結婚した二人ですが、ある日、二人が眠るベッドルームに保安官や警察が押し掛け
州法を破ったかどで夫妻を逮捕し牢屋に入れてしまうんです。
Loving-2017-Movie-Download-Free-720p-BluRay-Free-Movies-Download.jpg
就寝中だったミルドレッドは着替えも許されないまま連行され、保釈時も寝間着のままだったのには気の毒すぎて言葉が出ません。そんな娘を目にしても何も言えない両親の悲しい顔も忘れられない。
黒人は黙って耐えるしかない。これが50年代のヴァージニア州の現実だったんですね。

二人はそれでも結婚を諦めません。
冒頭に書いたように「異種族結婚」に立ち向かったというのは、差別問題に取り組んだ活動家の話のように思われそうだけど、決してそんな風ではない。
彼らは静かに、一緒にいられる術を自然体で模索するんです。
タイトルのLovingは彼らの性でもあるんですが、もちろん愛し合う二人を表してもいるんでしょう。
そんな二人が法律までも塗り替えてしまうのには感動します。
582156d7ebc80Loving.jpg
エドガートンは怒りや焦燥感を言葉にすることなしに、真摯に妻子を愛する誠実な演技
逆境に耐え、夫を全身全霊で信頼し寄り添うミルドレッドを演じたルース・エッガは特に素晴らしく
2人そろって前哨戦のいくつかで主演男優賞、女優賞にノミネートされてますね。

ちなみにこちらが本物のラヴィング夫妻
loving.png



ジェフ・ニコルズにしては緊張感でピリピリするところもなかったですが、彼らの姿勢はムーブメントの貴重な一歩。実話ならではの重みがありました。
ブロードキャスト映画批評家協会賞、サテライト賞で作品賞にノミネートされています。

ジェフ・ニコルズ作品なのにマイケル・シャノンは出てないの?と思ったらやっぱり出てきました(笑)



ブログパーツ


【映画】ノクターナル・アニマルズ(原題)
2016年12月01日 (木) | 編集 |
nocturnal-animals-film-gets_9c5e4c14_m.jpg

 ノクターナル・アニマルズ(原題)(2016 アメリカ
原題:Nocturnal Animals
監督/脚本:トム・フォード
原作:オースティン・ライト
出演:エイミー・アダムスジェイク・ギレンホールマイケル・シャノン、アーロン・テイラー=ジョンソン、アイラ・フィッシャー、アーミー・ハマー、ローラ・リニー

【あらすじ】
夫との関係に不安を覚えるある日、ス―ザンの元に元夫のエドワードから小説の原稿が届く・・。
「読んで感想を聞かせて欲しい」とメモのあるその原稿には、ドライブ中にトラブルに巻き込まれるある一家の話が、つづられており・・


オスカーシーズン到来ということで、前哨戦がらみの作品を観ていきます。

まずはサテライト賞の作品賞にノミネートされた『ノクターナル・アニマルズ』。
『シングルマン』のトム・フォードの監督2作目となるスリラーです。
今回はゲイは出てきませんが、「失ったものへの思い」という点で通じるものがあるかも。

ジェイク・ギレンホール演じるエドワードは、小説の原稿を元妻のスーザンに送り付けます。
これが劇中劇となり、トラブルに巻き込まれる主人公トニーをジェイクが演じてるんですが、マイケル・シャノン、アーロン・テイラー=ジョンソン等、うまい役者も脇を固め見ごたえあり。サスペンスフルでこれだけで十分一本の映画になるクオリティです。しかし暴力的で泥臭い(ただし死体はスタイリッシュ)こういう映画をトム・フォードがも撮るのかというのは驚きです。
e1342d37-5e0e-4cc5-a983-42ff860ee707.jpg
小説のタイトル『ノクターナル・アニマルズ』は夜行性動物の意味。
不眠症のスーザンが昔元夫にこう呼ばれていたと語るシーンがあり、すなわち小説は少なからずスーザンに関係してるのです。

maxresdefault-6-790x494.jpg

エイミー・アダムスの衣装や住まいなどがスタイリッシュなのはさすがトム・フォード


ジェイクは、スーザンのフラッシュバックの中で若き日のエドワードとしても登場するんですが、面白いことに現在のエドワードは一度も姿を見せません。
それでも映画が終わるころには、「失ったもの」に対するエドワードの思いを感じることになるわけで
なかなか面白い見せ方だと思います。

スリラーの形をとりながら、中身はロマンス。
ただし、ラストシーンは解釈を観客にゆだねる形になるので、ロマンスをどう終わらせているかは見てのお楽しみということで。

しかし、玄関の前にトイレってw
テキサスの家はみんなそうか思われたら困るなぁ。
それにアーロン君、うん○見せてくれなくていいから(笑)



ブログパーツ









【映画】ドリーム ホーム 99%を操る男たち
2016年10月20日 (木) | 編集 |
 
99HOMESXXXXW0110980_BAN1_2424_NEWTV.jpg
ドリーム ホーム 99%を操る男たち(2014 アメリカ
原題:99 Homes
監督/脚本:ラミン・バーラニ
出演:アンドリュー・ガーフィールドマイケル・シャノン/ティム・ギニー/ノア・ロマックス/ローラ・ダーン/クランシー・ブラウン/ウェイン・ペレ

【感想
ラミン・バーラニが原作、脚本、監督を手掛けた本作は、自宅の立ち退きを命じられたシングルファーザーを主人公にしたエコノミック・ドラマです。
今年『マネー・ショート』『マネーモンスター』と観て、いまいちピンとこなかった経済音痴の私でも、これはわかりやすく、しかも身につまされました。

本日「50人斬り」の34人目の英国男優はスパイダーマンのアンドリュー・ガーフィールド

99-homes-99homes-fp-00970-rgb.jpg
アンドリュー演じるデニスは屋根葺きなどの建築作業員として働いていたが、不況のあおりを受け仕事が激減。
借金が返せなくなり、母と息子と暮らす持ち家からの立ち退きを余儀なくされる。

立ち退き現場に警察と現れ、冷徹に仕事を進める不動産ブローカー、リックを演じるのがインディーズ映画で抜群の存在感を見せるマイケル・シャノン。本作でも流石の演技力で悪徳ブローカーを演じてます。
デニスに自分を重ねている部分もあって、父のような兄のようなシンパシーも持っているように見える。悪なだけじゃないと思わせるところがシャノンのうまさ。
635799353573092195-99-homes.jpg
愛する家族に家を買い戻したい一心から、憎くてたまらない男に雇われるデニスですが
手段を選ばぬやり方に戸惑いながら、大金を得るようになると次第にモラルの意識が薄れていく。
ある意味スポ根もののような見せ方で、観る者の感覚さえ翻弄する演出が凄い。

しかし利益を上げるものがいれば、その分誰かがお金を失っているわけで
やがて私たちはデニスとともに弱肉強食のアメリカ経済の仕組みを、いやというほど見せられるですよね。
デニスのジレンマとアイロニー。苦悩が似合うガーフィールドは熱演です。

共演はほかにローラ・ダーン。
欲にほだされることなく、良心を貫き通すデニスの若い母親を演じています。
家族を愛するがゆえに悪魔に心を売るデニスだけど、彼が心を取り戻す力となるのは、やはり家族の存在でしょう。

終盤起こることへの伏線も十分で、映画に漂う緊張感は半端なし。
ダレるところの全くない演出でアメリカ社会の闇を描き上げた傑作ですね。

監督はイラン系のアメリカ人。敬愛する批評家、故ロジャー・エバート氏が、「これからのアメリア映画を背負っていく最高の映画監督」と絶賛したとのことで、ラミン・バーラニ監督、要注意だわ。




ブログパーツ
【映画】『ミッドナイト・スペシャル(原題)』はSFスリラーとして観ると失敗する
2016年04月20日 (水) | 編集 |

share-1.jpg 

ミッドナイト・スペシャル
(2016)アメリカ

原題:Midnight Special
監督/脚本:ジェフ・ニコルズ
出演:マイケル・シャノンキルステン・ダンストジョエル・エドガートンジェイデン・リーバハーアダム・ドライヴァー
 
 【あらすじ
追っ手から息子を守るため、父は深夜車を走らせる


【感想
『MUD マッド』のジェフ・ニコルズ監督の新作はちょっと変わったSFです。

奇妙なサングラスをかけた子供(ジェイデン・リーバハー)と何やら緊張した面持ちの男が二人(マイケル・シャノンジョエル・エドガートン)。片方の顔が指名手配のニュースで映し出され、3人はモーテルを出て夜明けのハイウエイに車を走らせる。
wlkwcocr3c8fsbfxuppn.jpg 

何もわからぬまま、3人の逃避行を見守ることになる本作
正直、冒頭の10分を見損ねたのではないかと頭の中「@&?+%」状態となりますが
次第に彼らが政府とカルト集団の双方から追われていることが分かってきます。

ようやく身を寄せた家でガタガタピシピシ・・
ここでも大地震発生か??!!
と思いきや、それが子供の超がつく能力の一端であることを知るんですわ。
 

ジェフ・ニコルズ監督作品は好きでデビュー作から観てますが、監督の作品のほとんどが家族への責任や絆といった結婚生活で感じたことが題材になっているんですね。
本作も幼い息子が熱性けいれんを起こし、夫婦で怖い思いをした経験から生まれた作品だそうです。

けいれんを起こした人を間近に見た経験のあるかたはお分かりでしょうが
およそ人間とは思えないような動きや表情を目前にするのは怖いものがあります。
ましてや幼いわが子となれば、子供を失うのではないかとの不安にもかられるでしょう。

本作では監督のミューズ マイケル・シャノンが、息子の能力に畏怖しながらも、息子を愛しひたすら守ろうとする父を演じ、監督の思いを代弁しています。
SFという監督にしては珍しいジャンルながら根本に家族愛があるところは従来通り。
midnight-special-michael-shannon-joel-edgerton.jpg 

クライマックスに向けスケールも大きくなるし、結末に衝撃もあるものの
正直面白かったかといわれると微妙(汗)
リニューアルした劇場の革張りの座席が滑って姿勢が落ち着かず集中できなかったのもあるけど
スローな逃走劇に少々飽きたし疲れてしまった。

唯一よかったのは、『スターウォーズ/フォースの覚醒』でレンを演じたアダム・ドライヴァー
政府側のアナリストを演じるドライヴァーのどこかほのぼのした学者肌なキャラが退屈な作品(言っちゃったw)にユーモアと癒しを与えてくれました。

共演はほかにサム・シェパードとマイケル・シャノン
田舎のおばさんの風貌にはちょっとビックリなキルステン・ダンストが意外な母性を見せくれます。

はたして子供は何者かで家族は息子を守ることができるのか・・
SFスリラーを期待せずに観るのが正解かと。


ブログパーツ

[READ MORE...]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。