映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】ジーサンズ はじめての強盗
2017年04月29日 (土) | 編集 |
goinginstyleposter.jpg
ジーサンズ はじめての強盗
(2017)アメリカ
原題:Going in Style
監督:ザック・ブラフ
脚本:セオドア・メルフィ
出演:マイケル・ケイン/モーガン・フリーマン/アラン・アーキン/アン・マーグレット/マット・ディロン/クリストファー・ロイド

【あらすじ】
鮮やかな銀行強盗の現場を目撃したジョーは、長年勤めた会社の年金がもらえない事態になったことから、自分たちの金を取り戻そうと、仲間に銀行強盗を持ち掛ける・・


【感想】
こちらではご無沙汰してます。引っ越しの予定が少し延びてちょっと中休み。
ということで、モーガン・フリーマン、マイケル・ケイン、アラン・アーキンの共演が話題のクライム・コメディ『ジーサンズ はじめての強盗』を観てきました。邦題凄いねw

これマーティン・ブレストが監督した『お達者コメディ/シルバー・ギャング』(1979)のリメイクなんですね。
オリジナルはお年寄りの哀愁がにじみ出て好きな作品でした。

本作でも、冒頭からマイケル・ケインに年寄りネタやらせて笑わせてくれたり、健康問題やらも仕込んではいるものの
なんだろ、哀愁少なめなのは3人にあまり爺さん臭さがないからだろうか。
アラン・アーキン演じるアル爺さんなんか、まだあちらも現役ですからね。
going-in-style.jpg
今回、老後の暮らしが保障されないという社会問題を含有しているのは時代の変遷というべきか。
実際日本でも年金支給年齢は上がる一方で、老後には一抹の不安があるよね。
年寄りが働こうと思っても、機械化や安い賃金で働く外国人の労働力により、チャンスは減る一方。
穏やかで何もない日常から逃れるための強盗だったオリジナルに比べると設定は随分と世知辛くなりました。
年寄りが犯罪を犯してでも自分で何とかするしかないことが現実的なのが怖い話でもありますね。
GIS-MDillon-1024x682.jpg
正直友情とか家族の問題とかは表面的で、もっと深められただろうにと思わないでもないですが
この3人がコメディで共演して銀行強盗までやらかしてくれるんだから、そりゃ貴重ですよ。
実際3人の醸し出すケミストリーでそこそこ楽しめるし、お久しぶり!のマット・ディロンが刑事役で出てたり、アン・マーグリットとアラン・アーキンのデュエットまで聴けて、クリストファー・ロイドのお姿まで拝めたのだからありがたや。
観て損はない一本かと。
日本公開は6月24日です。

お気に入り度3.8


ブログパーツ

スポンサーサイト
【映画】アサイラム 監禁病棟と顔のない患者たち
2016年09月16日 (金) | 編集 |
Stonehearst-logo.jpg  

アサイラム 監禁病棟と顔のない患者たち(2014 アメリカ
原題:Stonehearst Asylum
監督:ブラッド・アンダーソン
脚本:ジョー・ガンジェミ
出演:ケイト・ベッキンセール
ジム・スタージェス/ブレンダン・グリーソン/ベン・キングズレーマイケル・ケイン

【あらすじ
研修医のエドワードは精神薬学を学ぶためストーンハースト病院にやってきた。


感想
エドガー・アラン・ポーの短編小説『タール博士とフェザー教授の療法』をもとに、ブラッド・アンダーソンが監督したサイコ・スリラーです。
StonehearstAsylum.jpg
19世紀末のイギリス。舞台となるストーンハースト病院は、ラム院長(ベン・キングズレー)のもと、この時代には珍しく解放病棟で精神疾患患者を治療している。研修医として着任したエドワードは美しい患者のエリザ(ケイト・ベッキンセール)に一目ぼれ。しかし、エドワードはまもなく病院内の異常な事実を知ることになり・・といった風で始まる本作。
早い時期に明かされるその事実から、私たちは病院の善悪を目の当たりにする。
そしてエドワードと同じ視線で善を応援しようとするのだけど、次第にその判断基準を失って困惑することになります。すなわち、善と思っていたことが本当に正しいのか?真実の医療はどこにあるのかを考えさせられるんですね。

でもそんな話に終わらないのが流石アラン・ポー原作。
それまでに感じた様々な疑問や違和感が伏線として一気に回収される後半の展開に、ただ脱帽です。
asylum20caine.jpg
ネタバレしたくないので詳細は書きませんけど、今日はベン・キングズレージム・スタージェスだけでなく、ブレンダン・グリーソン、マイケル・ケインも一気斬り。
それぞれいい演技だったけど、ベン・キングズレーが素晴らしい。
stonehearstasylum3.jpg
あまりにも大きな悲しみを背負った者が正気のまま生きるのは過酷なことで
全てを忘れられるのはある意味で幸せなのかもしれないと思ったり。

劇中、ナースがエドワードに助言するラム医師の心を知って彼の心を癒しなさいとする言葉は医療の真髄にあたたかく迫るもので感動した。

ケイト・ベッキンセールが最後にアクションスターの片りんを見せてくれたのには爆笑。
ミステリーとしても超一級。これは面白かった。


ブログパーツ

[READ MORE...]
【映画】グランドフィナーレ
2016年04月07日 (木) | 編集 |
irpypdlh.jpg

グランドフィナーレ(2015)
イタリア/フランス/スイス/イギリス
原題:Youth
監督/脚本:パオロ・ソレンティーノ
出演:マイケル・ケインハーヴェイ・カイテル/レイチェル・ワイズ/ポール・ダノ
日本公開:2016/4/16  

 【あらすじ
スイスの高級リゾートホテルでバカンスを過ごす有名な指揮者/作曲家のフレッド・バリンジャーは、英国女王からの「不朽の名曲『シンプル・ソング』を彼の指揮で演奏してほしい」という依頼を頑なに拒む・・

【感想

『グレート・ビューティー/追憶のローマ』でアカデミー賞外国語賞を獲得したイタリアのパオロ・ソレンティーノ
マイケル・ケインを主演に迎え、「老い」をテーマに描いたドラマです。

Youth1.jpg
舞台はアルプス山ろくの高級リゾートホテル。
宿泊客の大半は老人で、さながら温泉治療を兼ねたサナトリウムといった趣
開始後しばらくして画面に映し出されるタイトル「youth」が、なんとも皮肉に思えます。

youth-xlarge.jpg 

映画は引退した音楽家フレッド(マイケル・ケイン)と現役にこだわる映画監督のミック(ハーヴェイ・カイテル)の友情を軸に、様々な宿泊客の人生模様を絡めつつ、老いの憂鬱と若者の可能性を描いていきます。

特筆すべきは詩的なまでに美しい映像と音楽で、監督の芸術的な才能があますことなく発揮されてます。
引退して仕事に未練はないなんて言いながら、音楽の才能と愛を失わないフレッドの描き方もよかった。

印象的だったのはマラドーナを思わせる巨漢のセレブ。
情けない姿になったレジェンドが、ポール・ダノ君の一言に「ありがとう」と言う瞬間
彼はかつての自分に少しプライドを取り戻したと感じて泣けたんだなぁ。

誰かに自分を分かってもらえているとか、そういうのが支えになって自分を変えられるってことはあると思う。

だから「若い人は愛するものを大事にして、前向きに歩きなさい。
将来に可能性があるのは若者の特権だから。
でも人生わずかになったら、過去にし残したことを悔やむよりも
頑張ってきた自分に誇りをもって、与えるべきを与え心穏やかに生きなさい」と
そんな映画だったかなと思います。

だったかな と言うのは、解釈に悩む部分も多いからで(笑)
自分の力不足を棚に上げて言わせてもらえれば、もう少し分かりやすく
見た者が同じ感動を味わえるものにして欲しかった。
妻はなんであんなホラーだったのかな。謎・・

ま、でも、ケイン様はキュートで素敵だったし
映画的な魅力にあふれる作品ではありましたね。

youth-848x425.jpg 









ブログパーツ



【映画】ザ・ロング・ボックス(原題)
2015年11月18日 (水) | 編集 |
wrongboxposter


【作品情報】
ザ・ロング・ボックス(原題)(1966)イギリス
原題:The Wrong Box
監督:ブライアン・フォーブス
出演:ジョン・ミルズ /ラルフ・リチャードソン /マイケル・ケイン /ダドリー・ムーア/ピーター・クック/ピーター・セラーズ

【ストーリー】
年老いたマスターソンとジョセフのフィンズバリー兄弟がトンチン年金の最後の生存者2人となった。

【感想】

今日はマイケル・ケインさまいきます。
The-Wrong-Box-michael-caine-5222174-570-355

トンチン年金の最後の生存者に支給される大金を巡るドタバタ喜劇です。
監督は『ステップフォード・ワイフ』のブライアン・フォーブス

まず、トンチン年金って知ってますか?
古くはナポリの銀行家の発案による年金制度みたいなんですが、数人のグループが若い頃に加入すると、その資金で運用された給付金が生存しているものに支払われるシステムらしい。

ビクトリア時代のイギリスを舞台にした本作では、一人残った生存者に大金が支払われることになっていて、
ジョン・ミルズラルフ・リチャードソン演じるフィンズリー兄弟が最後の2人になったというところから映画は始まります。

病床にあって生活の苦しい兄マスターソン(ジョン・ミルズ)は医学生の孫マイケル(マイケル・ケイン)に「先が長くないから弟に会いたい」と言付けを頼みます。
マイケルがその旨電報にして送ると、ジョセフは甥っ子を伴いロンドンに向かうんですが、
途中で列車が事故を起こし死傷者が出てしまう。
ひょんなことからジョセフが死んだと勘違いしてしまった甥っ子たちは大ショック。
「あと少しで大金が入るところだったのに!」

そこで彼らはなんとかごまかして年金を得ようと悪知恵を働かせる
一方、実は生きていて一人で兄宅にやってきたジョセフを待っていたのは、ヨタヨタしながらもジョセフを殺そうと必死な兄だったという話(笑)
wrongbox

マイケル・ケインはマスターソンの面倒を見ている医学生の孫を演じていてますが
年老いた執事とのコンビが最高でね。2人のやりとりがほのぼのと楽しいんです。
しかもいとこのジュリアと恋に落ちるさまがドリフのギャグのノリ(笑)
wronggif


タイトルのwrong box(間違えた箱)というのは、間違えられた死体が棺桶や樽に入れられるところから来てると思うんですが、この死体を巡る勘違いの連続が可笑しい。
バカバカしいブラックコメディではあるものの、役者の演技が秀逸で笑える。
コミカルでもなんだか上品なところが英国流ですね。

ちなみにジョセフの甥っ子2人を演じるのがダドリー・ムーアピーター・クック
死亡診断書を書くドクター・プラット役のピーター・セラーズは流石に上手い。
セラーズの猫を使ったギャグに爆笑でした。

これだけのキャストなのに日本では情報もないのが残念。

何故かモノクロですがトレーラー貼っておきます。



【映画】デストラップ・死の罠
2015年10月08日 (木) | 編集 |

デストラップ・死の罠(1982)アメリカ
原題:Death Trap
監督:シドニー・ルメット
出演:マイケル・ケイン/ クリストファー・リーヴ/ ダイアン・キャノン/ アイリーン・ワース/ ヘンリー・ジョーンズ/ ジョー・シルヴァー


舞台初日を終え、批評家からも散々に酷評された劇作家シドニー・ブリュール(M・ケイン)は完全に行き詰っていた。それにくらべ、講演で教えた若者が送付してきたシナリオ『デストラップ』の素晴らしさはどうだ。
「そんなに凄いの?なら共同で発表すれば?」
「無名の作家にチャンスを与え、あなたも再起をはかれるわ」と妻マイラ(D・キャノン)。
と、ブリュールの頭にある計画が閃く。
それは生徒を殺して戯曲を自分のものにするというものだった!

英国男優総選挙 特集
3回目は・・おじいちゃんになっても素敵 マイケル・ケインさま!

若いの、束になってかかってきなさい


アイラ・レヴィンの同名舞台劇を映画化したシドニー・ルメット監督によるサスペンス・スリラーです。

マイケル・ケインが演じるのは
失敗続きで名声も地に堕ちた劇作家シドニー・ブリュール。

彼は心臓の弱い妻(ダイアン・キャノン)と二人暮らしの自宅にセミナーの生徒だった作家の卵クリフォード・アンダーソン(クリストファー・リーヴ)を呼び、アンダーソンを殺してシナリオを自分のものとしようと計画するんですね。


計画実行時のケイン様とクリストファー・リーヴのアクションが
思わず目を背けたくなるほどリアルで、ホラー映画並みに怖い。

ところがそのあと、映画は思わぬ方向に向かい
「あれ?へ?エーーー??うっそーん」な、どんでん返しのオンパレード!

いやはや、これ以上は語れませんが
「へ?そゆこと?」な部分がわかったときの衝撃たるや(笑)
リーヴとケイン様ですよ。なんちゅー取り合わせ。

シドニーの自宅の壁に飾られた武器のコレクションをアイテムに
名誉欲と愛欲の絡み合うやってやられての大バトル。
ジョニー・マンデルの効果音でスリルをスタイリッシュに盛り上げるルメットの演出も面白い。

さて、死闘を制すのはどっち?
と思いきや「そっちかい!?」というオチ。捻ったね。

ケイン様はいつになく「がなり」演技が多く、体力使っただろうな。
ミステリー作家が長年紙面に展開してきた世界を現実に持ち込むという
作家のエゴを露呈させているわけですが、妻やコホン、コホン・・人を愛する気持ちも確かに持ち合わた複雑な主人公を演じていて哀愁を感じました。

クリストファー・リーヴはスーパーマンシリーズで人気絶頂の美しいお姿
スーパーヒーローものだけでは見えにくい確かな演技力を堪能できます。



 
デストラップ・死の罠

== デストラップ・死の罠 (1982) == 【DEATH TRAP】 [[img(http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/bd/41/jully_ppppp/folder/1567172/img_1567172_34711145_61?1262338253)]] ミステリ専門の劇作家( マイケル・ケイン )とその妻( ダイアン・キャノン )の元へ、 劇作家志望の若者( クリストファー・リーヴ )が訪ねてくる。 若者の脚本を横取りしようと企んだ作 

2015/10/10(土) 午後 3:00 [ じゅり好み☆ ]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。