映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】お帰りマット・デイモン!でも、やっちまったな『ジェイソン・ボーン』
2016年07月31日 (日) | 編集 |
jason-bourne-2016-movie-poster.jpg

ジェイソン・ボーン(
2016) アメリカ
原題:Jason Bourne
監督:ポール・グリーングラス
脚本:ポール・グリーングラス/クリストファー・ラウズ
出演:マット・デイモンアリシア・ヴィキャンデルトミー・リー・ジョーンズ/ヴァンサン・カッセル/ジュリア・スタイルズ
 日本公開:2016/10/7

【あらすじ 
ジェイソン・ボーンが帰ってきた

【感想
マット・デイモンが9年ぶりにジェイソン・ボーンを演じるボーン3部作の続編です。

かすかな記憶を辿りながらアイデンティティを追い求めてきたボーン
前作でほぼ記憶を取り戻し、姿をくらましていたボーンですが
本作ではストリートファイターみたいなことやってる姿で登場します。
jason-bourne-2.jpg 

それ本業?何年もそれで食いつないでいたの?
なんと言いますが、色んな疑問が沸くんですけど、本作では色んなことスルーで
またしてもCIAに追われる展開となり、アクションになだれ込みます。

こんなにセリフのない映画初めて観たってくらい前半はひたすらアクション
エモーショナルなことが起きてもさらりとかわしてまたアクション

これまでのボーンシリーズは同じ逃げるにしても、もっと知的な部分があったのに
そういうのが感じられない。
マット・デイモンのアクションのキレも以前ほどではないですしね
それにCIAによって殺人マシーンに作り上げられた男の悲しい性として観るのと
すべてを知ったボーンとして観るのとでは、こちらの受け止め方も違うというか
むやみに人を殺しまくることに違和感を感じてしまったんだよねぇ。

前半はとにかく退屈
後半に入ってヴェガスを舞台にしたド派手なカーチェイスでは流石に目が覚めたけど
車170台がらみの無謀なアクションはもはやワイルドスピードシリーズ(笑)

jason-bourne-alicia-vikander-tommy-lee-jones.jpg 

CIAのトップにトミー・リー・ジョーンズ
アリシア・ヴィキャンデルが007シリーズのQに近いITに強いエージェントを演じてますけど
立場的には前作のジョーン・アレンくらいなので、
20代の彼女がCIAでここまでの権力を持つのかっていうのはやや違和感。
立ち位置としては面白いし、クールビューティのアリシアちゃんも悪くなかったけど
終わってみれば、登場人物がみんな利己的に思えて誰にも共感できなかったというのが正直なところ。

単純にアクション映画として楽しめる人もいると思うけど私はダメだったな。
何かのインタビューでマットが「Iscrewed up」と言ってたけど
マット自身やっちまった感あるんじゃないだろうか。
というか、マットが脚本書けばいいのに。



日本公開は10月



ブログパーツ


[READ MORE...]
【映画】 キャプテン・フィリップス
2013年10月19日 (土) | 編集 |



今日はポール・グリーングラス監督の『キャプテン・フィリップス』
トム・ハンクス主演で、2009年に起こった海賊船による貨物船人質事件を描く
実話ベースのサスペンスドラマです。
キャプテン・フィリップス(2013)アメリカ
原題:Captain Phillips
監督:ポール・グリーングラス
出演:トム・ハンクス/キャサリン・キーナー他
日本公開:2013/11/29
開催中のTIFFのオープニングを飾った作品ですね。 
早くから予告編が流れていて、正直もう観なくてもいいんじゃないかという気になってたけど
いやこれは観て正解だった。

実際に人質となった船長リチャード・フィリップ氏が書いた小説を原作とする本作、
海賊との攻防にドキドキし、救出劇に手に汗握る極上のスリラーに仕上がっています。

緊迫の中にあって、キャプテンとパイレーツの青年との間に小さな絆が生まれるのがいいんですよね。
人は人の親切を忘れないのだという描き方に癒されます。
思えばパイレーツにならざるを得ない若者の切羽詰った思いも悲しい。
だからこそ、海軍特殊部隊ネイビーシールズの仕事の鮮やかさには感心しながらも、
もやもやしたものが残ってしまう。
観客に考える余地を与えるのも、ポール・グリーングラス監督のうまさでしょう。
ラストシーンにはとめどなく涙が出ました。




キャプテンは20人のクルーの安全と引き換えに自ら人質となることを申し出たわけで
言ってみれば、ヒーロー。
しかし、あるインタビュー動画によると、氏はソマリア海域のパイレーツの存在を危惧する団体から
航路の変更を求めるEメールを受け取っていながら、それに従わなかったとのこと。
もしも指示に従っっていたら、事件は起きなかったのではないか。
原作は読んでないので分からないのだけど、少なくともポールグラス監督あるいはトム・ハンクスは、
あの涙に、「あるべき」後悔の念も表現したのではないかな。

体を張ったトム・ハンクスの演技も申し分なし。
パイレーツのリーダーを演じた無名の役者 バーカッド・アブディの演技もよかった。
見ごたえのある一本でした。

ちなみに、一緒に観に行った友人は、揺れるカメラ映像に撃沈しあえなく退場。
酔い安い方はご注意ください。
結局私は一人寂しく貸切で観たのでした。やっぱりこの映画館潰れるな(汗)