映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】セルフレス/覚醒した記憶
2016年11月06日 (日) | 編集 |
selfless_ver4.jpg

セルフレス/覚醒した記憶(2015
アメリカ
原題:Self/less 
監督:ターセム・シン
脚本:アレックス・パストール/ダビ・パストール
出演:ライアン・レイノルズベン・キングズレー/ナタリー・マルティネス/マシュー・グード/ヴィクター・ガーバー/デレク・ルーク

【あらすじ】
大富豪の建築家ダミアン・ヘイルは余命半年と宣告され失意の中にあった。そんな折、天才科学者のオルブライトに遺伝子操作で作った肉体にダミアンの頭脳を転送することを持ち掛けられる。莫大な料金と引き換えに新しい肉体を手に入れたダミアンだったが、やがてその肉体はクローンではなく、家族のために身売りしたマークという男のものだと知ることになり・・


【感想】
富豪のダミアンにベン・キングズレー
キングズレーが得ることになるボディがライアン・レイノルズです。

格差社会が進むとこういうことも出てくるかもねぇ。
実際、例えばホーキング博士の遺伝子を何とか残そうなんて話は秘密裏に進んでいるんじゃなかろうか。
ただ、クローンを作ろうという話ならまだしも、頭脳の転送というのはどうよ。
『トランスセンデンス』のジョニー・デップ以上に現実味が薄い気がするんですが。
でも映画の中の装置があまりにも簡単だったところをみても、そこはスルーでお願いね ってことでしょう。

selfless.jpg

↑これでもツッコむ なと言うのですね。わかりました。。



以下少々ネタバレしますので、未見の方はご注意ください。


[READ MORE...]
【映画】アサイラム 監禁病棟と顔のない患者たち
2016年09月16日 (金) | 編集 |
Stonehearst-logo.jpg  

アサイラム 監禁病棟と顔のない患者たち(2014 アメリカ
原題:Stonehearst Asylum
監督:ブラッド・アンダーソン
脚本:ジョー・ガンジェミ
出演:ケイト・ベッキンセール
ジム・スタージェス/ブレンダン・グリーソン/ベン・キングズレーマイケル・ケイン

【あらすじ
研修医のエドワードは精神薬学を学ぶためストーンハースト病院にやってきた。


感想
エドガー・アラン・ポーの短編小説『タール博士とフェザー教授の療法』をもとに、ブラッド・アンダーソンが監督したサイコ・スリラーです。
StonehearstAsylum.jpg
19世紀末のイギリス。舞台となるストーンハースト病院は、ラム院長(ベン・キングズレー)のもと、この時代には珍しく解放病棟で精神疾患患者を治療している。研修医として着任したエドワードは美しい患者のエリザ(ケイト・ベッキンセール)に一目ぼれ。しかし、エドワードはまもなく病院内の異常な事実を知ることになり・・といった風で始まる本作。
早い時期に明かされるその事実から、私たちは病院の善悪を目の当たりにする。
そしてエドワードと同じ視線で善を応援しようとするのだけど、次第にその判断基準を失って困惑することになります。すなわち、善と思っていたことが本当に正しいのか?真実の医療はどこにあるのかを考えさせられるんですね。

でもそんな話に終わらないのが流石アラン・ポー原作。
それまでに感じた様々な疑問や違和感が伏線として一気に回収される後半の展開に、ただ脱帽です。
asylum20caine.jpg
ネタバレしたくないので詳細は書きませんけど、今日はベン・キングズレージム・スタージェスだけでなく、ブレンダン・グリーソン、マイケル・ケインも一気斬り。
それぞれいい演技だったけど、ベン・キングズレーが素晴らしい。
stonehearstasylum3.jpg
あまりにも大きな悲しみを背負った者が正気のまま生きるのは過酷なことで
全てを忘れられるのはある意味で幸せなのかもしれないと思ったり。

劇中、ナースがエドワードに助言するラム医師の心を知って彼の心を癒しなさいとする言葉は医療の真髄にあたたかく迫るもので感動した。

ケイト・ベッキンセールが最後にアクションスターの片りんを見せてくれたのには爆笑。
ミステリーとしても超一級。これは面白かった。


ブログパーツ

[READ MORE...]