映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】コードネーム U.N.C.L.E.
2016年10月17日 (月) | 編集 |
5535d08d8fb2ffef5c5199d5c809f00e.png  

コードネーム U.N.C.L.E.(2015 アメリカ
原題:The Man from U.N.C.L.E.
監督/脚本:ガイ・リッチー
出演:ヘンリー・カヴィルアーミー・ハマーアリシア・ヴィキャンデル/エリザベス・デビッキ/ジャレッド・ハリス/ヒュー・グラント

【感想
1960年代の人気TVシリーズ『0011ナポレオン・ソロ』をヘンリー・カヴィルアーミー・ハマー主演で映画化したスパイアクションです。

ケネディ大統領がご存命の60年代前半、ナチスの残党が核兵器を入手しテロを起こそうとしているとの情報の元、CIAのエージェント、ナポレオン・ソロ(ヘンリー・カヴィル)と、KGBの工作員イリヤ・クリヤキン(アーミー・ハマー)が協力して世界を核の脅威から守るという話。

実はガイ・リッチーのスタイリッシュチックなアクション映画はちと苦手で、『ロック・ストック~』も、完全に忘却の彼方だし、案の定本作も、随分前にレンタルして何度トライする者の案の定前に進まない。
前半部分で10テイクはしたな。

ただし、今回はヒロインのアリシア・ヴィキャンデル含む主役3人がよくて
中盤から面白く観てしまった。
UNCLE-textless-Empire-poster-by-HenryCavillOrg.jpg


ヘンリー・カヴィルは軽いノリでもカッコいいし、ロシア訛りで超人的な肉体能力を誇る反面、ガラスメンタルなアーミー・ハマーも素朴でいい。
米ソのスパイガジェットを対比させつつのテンポ良い二人の掛け合いは楽しいし、アクションの見せ場もある。
60年代ファッション雑誌から抜け出したみたいなアリシアちゃんを射止めるのはどっちだ?
いや、ソロの好みはイリヤなのか?的な楽しみもあって、こうなると続編を観たくなるな。
holding-man–from-uncle-costume-designer-interview

英国男優総選挙の発表もまじかとなり、50人斬り無理そうで焦ってますがw
ヒュー・グラントも出てたね、ってことでエイヤ!と斬っときます(笑)


関係ないけどローマを愛犬とお散歩するアーミー・ハマーがナチュラルすぎてツボ
Armie_Hammer_walks_dog_Rome_AOTjdCAHBwJl.jpg


ブログパーツ


スポンサーサイト
『ブラッド・クリーク』:マイケル・ファスベンダーが~w
2014年01月11日 (土) | 編集 |
さて、オスカー特集2日目の今日は 
数々の前哨戦で助演男優賞候補にあがっているマイケル・ファスベンダー(『それでも夜は明ける』)。
今年は今のところ『ダラス・バイヤーズクラブ』のジャレッド・レトー君を筆頭に
『キャプテン・フィリップス』の海賊役バーカッド・アブディさんあたりが強そうなんですが・・
レトー君には異議なしとして、アブディさんの場合、演技というより、そのものに見えたという外観で勝負してるところもあり(笑)それってどうなの?
ってなわけで、私はレトー君とファスを応援します(笑)




前置きが長くなりましたが、今日はファスベンダーの作品から2009年製作の未公開ホラー ジョエル・シューマカー監督作品『ブラッド・クリーク』を観てみました。
ブラッド・クリーク(2009)アメリカ
原題:Blood Creek
監督:ジョエル・シューマカー
出演:ドミニク・パーセル/ヘンリー・カヴィルマイケル・ファスベンダー/エマ・ブース
日本公開:未公開
 1936年、ウェスト・バージニア州タウン・クリークに住むドイツ系移民のヴォルナー家は、ナチスドイツよりリヒャルト・ヴィルト教授を迎え入れるよう依頼される。




ということで、ドイツから鞄ひとつぶら下げてやってくるヴィルトという男がファスベンダー。
彼は歴史学者という肩書きながら実は黒魔術の使い手で、オカルトを利用して世界制覇をもくろむナチスが不思議な力を持つ石碑のある地域に派遣したうちの一人。

それから時は移り、カメラは現代のウェスト・バージニアのエヴァン(ヘンリー・カヴィル)の日常を映し出します。エヴァンの兄ヴィクター(ドミニク・パーセル)は2年前から行方不明。失踪時一緒にいたエヴァンは、以来暗い思いでいるんですね。

時代も違うこの二つの物語が、一体どんな風に繋がるのかと不安になりつつ見守ることになるんですが
ある日エヴァンの前に兄が突然姿を現すところから、とんでもなく繋がってしまうんです!

日本のDVDジャケには「ヒトラーがゾンビを開発。ナチス製ゾンビに兄弟が挑む」と説明書きされてるけど、ちょっと違う。細かくは書きませんが、これ「黒魔術」を描くホラーなのね。

B級ゾンビものと決め付けてなめてかかっていたのだけど、これ意外にキャストがいいでしょ。
エヴァンは新スーパーマン君ヘンリー・カヴィルで、兄ヴィクターは『プリズン・ブレイク』のドミニク・パーセル。
何よりも黒魔術の・・なんだろ、研究員?化け物?wにファスベンダーですよ。贅沢すぎ~w




さて、ファスベンダーの演技はというと、ヴォルナー家にやってきたファスは怪しくて良かったですよ。
一家の12歳の少女に近づくと、今にも後ろから襲い掛かりそうでドキドキしたし(笑)


ところがね、現在に現れたファスときたら、この風貌で(笑)




いや、もう、ファスベンダーが演じてるのかどうかさえ判りませんて!!
台詞も大半は意味不明の呪文を唱えてるしね~。

ま、しかし、古代ゲルマン民族の黒魔術への興味もそそられたし、ファスに翻弄される人々の苦悩も描かれ、これ思いのほか面白く観ちゃったのです。



この面々なのでアクションもOK、ホラーとしても時にサスペンスフルでゴア度も及第点の手堅いつくりでした。

それにしても売れない頃のファスベンダーはこんなの演じてたんですね。
今なら断るよねぇ。そういう意味では貴重かも。
続編ありきの終わり方だったけど、人気なかったのかな。
こんなファスベンダー見たくないよね。




マン・オブ・スティール
2013年07月11日 (木) | 編集 |




『スーパーマン』シリーズのビギニングとなる作品です。
マン・オブ・スティール(2013)アメリカ
原題:Man of Steel
監督:ザック・スナイダー
出演:ヘンリー・カヴィルマイケル・シャノンラッセル・クロウエイミー・アダムズダイアン・レインケヴィン・コスナーローレンス・フィッシュバーン
日本公開:8/30
 生まれてまもなく、死に行く惑星クリプトンから地球に送られたカル=エルは、宇宙船を発見したケント夫妻によりクラークと名づけられ大切に育てられる。人間離れした能力に悩み孤立する少年時代を過ごしつつも、徐々に力を人のために使い始めるクラーク。そんな彼の前に、クリプトンの生き残りゾッド将軍が現れ・・


スーパーマンが地球に送られた理由や、ロイス・レーンとの出会いが描かれ
地球とクラークを滅ぼしにやってくるゾッド将軍との壮絶な戦いを通し、地球を守る真のヒーロー、スーパーマンの誕生までを描く作品です。
スーパーマンことクラーク・ケントを演じるのはヘンリー・カヴィル
育ての親ケント夫妻にケヴィン・コスナーダイアン・レイン、ゾッド将軍にマイケル・シャノン
クラークの実の父にラッセル・クロウ、恋人となるロイス・レーンにエイミー・アダムズというキャスティング。

クラークは少年時代、異質なものとしての自分を疎み、悩みます。
そんなクラークをケヴィン・コスナーとダイアンのケント夫妻が優しく守り導くんですが
特にコスナーとの父子関係がの描き方は好みでした。



しかし、いかんせんアクションシーンが長いのが気になります。
CGを使ってのゾッド将軍とのあり得ないバトルは笑うべきなのか(汗)
どう投げ飛ばしても、決定的なダメージを与えられないなら、なぜビルを壊す。
死人も出ただろうなどとついツッコんでしまいました。

ま、そんな遊びすぎ(?)なところもあるものの、ゾッド将軍らにより都市が破壊されるシーンは911を髣髴とさせるディザスター映画のごとき。クリストファー・ノーランが製作に加わっているということで、その迫力とダークさ、ビジュアルの美しさは100点満点でしょう。




元々『スーパーマン』をちゃんと観てない私には分からないんですが、今回のリブートをファンはどう受け止めてるんでしょうね。荒唐無稽なアクションがあってこそのシリーズだとは思うし、スーパーマンの起源が描かれることは嬉しいに違いないけど、個人的にはもっとユーモアがるとよかったな。
新スーパーマンのヘンリー・カヴィルは、悩みつつも運命を受け入れ、弱さと強さと、優しさを持ち合わせたナイーブなスーパーマンを好演していたと思います。
エイミーとはお似合いでした。ただもう少し胸キュンさせて欲しかった。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。