映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
ヘレン・ハント監督『いとしい人』
2013年03月31日 (日) | 編集 |





今日から2~3本、女優さんの初監督作品を取り上げます。
まずはヘレン・ハントの2007年の作品から


いとしい人(2007)アメリカ
原題:Then She Found Me
出演:ヘレン・ハントベッド・ミドラーコリン・ファース、マシュー・ブロデリック



ヘレン・ハント監督、脚本、主演のヒューマン・ドラマです。

39歳の小学校教師のエイプリル(ヘレン・ハント)は結婚10ヶ月の夫(マシュー・ブロデリック)に別れを告げられる。悪いことは続くもので、養母が死に、そんなさなか、実母と名乗る女性(ベッド・ミドラー)が現れる。生徒の独り者の父親(コリン・ファース)を好きになり始め・・。






自分が養子だったことから、子供を生んで、本当の家族を作りたいと切望する矢先の別れ、
39歳という崖っぷちの年齢ということで、ヒロインの焦りは痛いほどにわかります。
実母の存在が彼女を傷つけ、他にも最悪のことが起き、彼女は信仰心さえ失うことになるんですね。

結婚、離婚、妊娠、子供の親になることとは?や、養子、母子関係 信仰心まで
ヘレン・ハントは女性ならではの視点で、それぞれの問題にリアルに迫ります。
正直すぎて息苦しいと思う部分もあるし、マシューやファースなど男性陣の描き方はちょっと断片過ぎるかもという気がするけれど、「生まれてくる命」に真摯に向き合い、正直に人生を生きようとするヘレンの姿勢が窺えるところには好感がもてました。

最後は落ち着くべくところに落ち着いたんだなぁと。
こういう形の幸せもあるんだということにも気づかされました。

宗教心などない私だけど、「命」を授かるかもしれない治療のシーンで
エイプリルがヘブライ語で歌う祈りの歌の美しさに、神聖な感動がありましたよ。



■トラックバックいただいてます


Tracked from 今昔映画館(静岡・神奈川.. at 2013-03-31 13:16 x


タイトル : 「いとしい人」は、「あーわかるわかる」と、「へーそうなん..
今回は東京では公開が終了している「いとしい人」を横浜シネマベティで観て来ました。アルバトロスが配給してるんですね。かつてのゲテもの系配給会社も、最近はアート系やこういう小品を配給するようになっていたとは。 39歳の小学校教師エイプリル(ヘレン・ハント)は、同僚のベン(マシュー・ブロドリック)と結婚して間もないのですが、ある日ベンが家を出て行ってしまいます。彼女は自分が養女だったことを知っていて、自分の子供が欲しくて仕方なかったのです。そんな中で養母がなくなり、そのタイミングで、エイプリルの......more






[READ MORE...]
セッションズ
2012年11月22日 (木) | 編集 |



さて、美女特集後半戦のトップバッターはヘレン・ハント
サンダンス映画祭で観客賞と審査員特別賞の二冠に輝いた『セッションズ』観てきました。





セッションズ 2012年(アメリカ)
原題:The Sessions
監督:ベン・リューイン
出演:ジョン・ホークス、ヘレン・ハント、ウィリアム・H・メイシー


マーク・オブライエンは子供時代に患ったポリオが元で首から下を動かすことができない36歳の男性。
呼吸も人工肺を使用していたが、ポータブル呼吸器を使用し4時間ほどは外出も可能。
マークの最近の悩みは身体を拭いてもらいながら元気になってしまうこと。
ついに彼は童貞を捨てることを決心し神父に相談。セックス代行者によるセラピーを受けることにした。。

ジャーナリストであり詩人のマーク・オブライエン氏の経験を描く実話ベースの作品です。
自身もポリオを患ったことのあるベン・リューベンが監督し、ジョン・ホークスがマークを演じています。

冒頭、本物のマークが自分でストレッチャーを操作し外出する映像も出てくるのだけど、これ驚きますよ。
マークさん御本人が登場するビデオを掲載してるサイトがあったのでリンク張っておきます。
彼はこうして大学に行き、卒業後は出来る機能を駆使してジャーナリスト、詩人として仕事をしている。
その収入で人を雇い、出来ない部分を補ってるわけで、助けを借りながらも自立していると言えます。
そんなマークさんにとってセックスを経験することは単なる欲求以上に意味を持つのもわかります。



 
 マークが雇うことになるセックス代行者シェリルを演じるのがヘレン・ハント。
無駄なお肉のない綺麗なお体を惜しげもなく披露してくれます。
セックス代行人というのは勿論ボランティアではないけれど、博愛精神がなければ出来ないと思うし
マークにとってはまさに天使。
セッションごとに気持ちが近くなる二人ですが・・

ジョン・ホークスは『ウィンターズ・ボーン』『マーサ、もしくはマーシー・メイ』の怖い顔とは打って変わっての優しい顔で別人。唯一動かせる頭(顔)だけで、戸惑いや恋するときめき喜びを表現していて上手いです。
 
 重度の障害を抱えながら、懸命に自立し生きた主人公
最後は彼のなしえなかったことに対してではなく、出来たことに対しジワジワと感動がこみ上げました。
彼の晩年を輝かせたのがセッションで得た男として、人としての自信。
ほろ苦さとユーモアを交え、人生を切り開くことの素晴らしさを教えてくれる作品です。
サンダンスからのインディペンデント映画がオスカーにどう絡むかも注目ですね。

★★★★



恋愛小説家
2006年10月06日 (金) | 編集 |


1997年(米)
監督: ジェームズ・L・ブルックス
出演: ジャック・ニコルソン/ヘレン・ハント/ グレッグ・キニア /キューバ・グッディング・Jr
【ストーリー】
甘く切ない女心を描き、書いた本はすべてベストセラーという恋愛小説家メルビン。しかし実際の本人は、異常なまでに潔癖性で神経質の嫌われ者。周囲に毒舌をまき散らし、友人は誰もいない。。そんな彼がある日、ウェイトレスのキャロルに淡い恋心を抱くが・・・。
■感想
「お勧めのロマンス映画教えてください」のコメントで一番多かった答えがこれ。
今まで飛び飛びにしか観てなかったので、あらためてじっくり観てみました。

いやー、これは良かった~。
ジャック・ニコルソン演じるメルヴィン。異常なまでの潔癖症の彼。
手洗いのたびに新しい石鹸2個を使い捨て、レストランにはプラスティックのフォーク、ナイフを持参。
道を歩く時にもひび割れや、継ぎ目のところは歩かない…。等々の徹底振り。
しかも、他人に毒を吐きまくりの彼は、嫌われ者の偏屈屋さん。

そんな彼があるとき、けがをしたアパートの住人(グレッグ・キニア)の飼い犬を預かることになるのですが、このワンちゃんが異常に可愛い~!!!!
これはもうニコルソンじゃなくってもメロメロよー。
この癒し系のワンちゃんによって、偏屈がんこ親父の顔が緩んだり、飼い主の元に返さなければならないときに涙したり…、そんな主人公の意外な表情に思わずキューンっとなってしまう。上手い演出です。

一方、恋のお相手ヘレン・ハント演じるキャロルは重い喘息の子供を持つバツイチ女性。
思うようにならない人生に悩みながらも、素直で懐の大きいオトナの女性を演じていて、この演技がまた最高。

このふたりのストーリーにグレッグ・キニアのエピソードが加わる展開。
誰もみんな安易な人生を歩いていないけれど、懸命に前を向こうとしてるのがいいです。

キャロルが求める「I love you.」の一言がいえないメルヴィンだけど
彼女をみていることがどんなに心地良いかを伝える、その言葉の一言一言にも感動します。

たくさん笑えて、温かい気持ちになれる素晴らしい作品でした。
主演ふたりのオスカーダブル受賞は納得。
でも、私がオスカープレゼンテーターならふたりに加えて、大活躍のわんちゃんにも
主演わんわん賞をあげたいなぁ。彼(彼女?)の演技は最高!!