映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】シークレット・オブ・モンスター
2017年01月19日 (木) | 編集 |
fc2blog_20170120124200482.jpg

シークレット・オブ・モンスター(
2015 イギリス・ハンガリー・フランス
原題:The Childhood of a Leader
監督:ブラディ・コーベット
脚本:ブラディ・コーベット/モナ・ファストボルド
出演:ベレニス・ベジョ/トム・スウィート/ロバート・パティンソン/リーアム・カニンガム/ステイシー・マーティン  
あらすじ】
1918年、ベルサイユ条約締結のため、米政府高官が妻と息子とともにフランスに送り込まれた。少女のように美しい息子プレスコットは終始不満を抱え、不可思議な行動が目立つようになり・・

【感想】
 英エンパイア誌選出2016年のトップ25から、今日は21位にランクインのシークレット・オブ・モンスター。
US版『ファニーゲーム』でマイケル・ピットとともに悪質な若者を演じた俳優ブラディ・コーベットの初監督作品にして、ヴェネチア映画祭でジョナサン・デミ監督に絶賛されたということで食指が動きました。


原題『The Childhood of a Leader』は原作のタイトルである「一指導者の幼年時代」。
ベルサイユ条約締結のため、アメリカからやってきた政府高官一家の息子プレスコットの幼少時代を描き、彼がいかにモンスターになっていくかを見せていきます。

まず印象的なのがショッキングなまでに鳴り響き不安を煽ってくるオープニングの音楽。
いったいどんなモンスターのお話なのかと思わず構えました。

間もなくプレスコット(トム・スウィート)が教会に石を投げるという事件が発生。
以後、彼の両親やメイド、フランス語の家庭教師などとの日常が描かれ、プレスコットの中で静かに、しかし確実に澱が沈んでいくのを目撃することになります。母親を演じるベレニス・ベジョのうまさもあって、なるほど、これは心もゆがむわなと。
子役のトム君も、普通の子供の表情を見せたかと思うと、いきなり心を閉ざしてみたり、可愛いだけではない確かな存在感を放っているのが凄い。彼の美しさも、重厚感のある映像も映画の雰囲気にマッチしています。
16-CTEK-1118_cfest_childhoodofaleader_613x463.jpg

ただ、ラストが唐突で、え?え?
プレスコット君の話じゃなかったの?と一瞬唖然
でもその顔にほくろを見つけた瞬間、あーそういうことかと納得したんですよね。

同じように狐につままれた感じで見終えた人も多いのではないかなぁ。

あのラスト、時間の経過をわかりやすく提示してくれたら親切だと思うんですが
まぁしかし、説明が少ないからこそ謎が解けた瞬間の満足感もあるという作品でしょうね。
プレスコットが女の子と間違えられても髪を切るのを嫌がったのにも理由があったのだと
後から気づくことも多かった。
パティンソンがそんなちょい役ではないわなと早々に気づくべきでした。


なかなかにインパクトのある秀作でしたね。
不穏な空気が癖になりそうなのでw、監督の次の作品も楽しみにしたいと思います。


ブログパーツ