映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】マリアンヌ
2016年11月26日 (土) | 編集 |
alliedheader.jpg

 マリアンヌ
(2016)アメリカ
原題:Allied
監督:ロバート・ゼメキス
脚本:スティーヴン・ナイト
出演:ブラッド・ピットマリオン・コティヤール/ジャレッド・ハリス/サイモン・マクバーニー/リジー・キャプラン
日本公開:2017/2/10

【あらすじ】
パラシュートで砂漠の地に降り立ったカナダ人諜報員のマックスはカサブランカでフランス軍レジスタンスのマリアンヌと会う。彼らのミッションは夫婦を装い、パーティの席でドイツ大使を殺害すること・・。

ブラッド・ピット、マリオン・コティーヤールを主演に、ロバート・ゼメキスがメガホンをとったラブストーリーです。
allied-brad-pitt-marion-cotillard.jpg
序盤はかの『カサブランカ』同様に、第二次世界大戦中のカサブランカが舞台。
ここで主人公2人に与えられたミッションはドイツ大使の殺害です。
自由を求めてアメリカに渡りたいお金持ちが集まる、複雑な土地にして社交界の縮図のようなカサブランカで夫婦を装うスパイカップルのブラピとマリオンが美しい。
CprGolbUMAAknZv.jpg
いつしか愛し合うようになる2人は、ミッションを成功させた後イギリスで本当の夫婦として新生活をスタートさせる。子宝にも恵まれ幸せな日々を送るある日、マックスは
上官からマリアンヌにスパイの疑いがあることを告げられるんですね。

愛する妻は本当にスパイなのか? という以上にブラピの若返りはボトックスかCGか?が話題ですがw
確かにブラピが久々に美しいんです。
40年代のカサブランカの上流な装いも、イギリスでのユニフォーム姿もファンにはたまらないのでは。
猜疑心と愛とのはざまで苦悩する姿もよし。
brad.png
ただしゼメキス映画と思って観ると少し違う感じがするかも。
ところどころスリリングなシーンはあるものの、全編にわたってテンポはゆっくり
私なんか同じスパイ夫婦ものの『Mr&Mrsスミス』みたいなバトルを期待してたので
終盤少し寝てしまいました(笑)

でもムードたっぷりのロマンス映画として観ればしっとり素敵。


なにせ二人がスクリーンに現れると一面に薔薇の香りの漂うがごとしで
格の高さを感じてしまうのですよ。これがスターというものでしょうかね。
マリオンの美しさと演技力も際立ってました。

残念だったのはフランス語シーンの英語字幕が速くて、読み終えないうちに消えてしまうことw
アメリカ人が字幕映画を嫌う理由がわかるってもんです。

色んなバージョンのポスターもいいよ
c5bcb7631f62b7aba6c366848d680f22.jpg

allied-2016-3.jpg

alliedposter.jpg
スポンサーサイト
【映画】アンジェリーナ・ジョリー・ピット監督『白い帽子の女』
2016年07月09日 (土) | 編集 |
010b3718d9c52a9f4d95100fbceba5b942650146_jpg__0x1500_q85-1200x675.jpg

白い帽子の女(2015)アメリカ
原題:By the Sea
監督/脚本:アンジェリーナ・ブラッド・ピット
出演:ブラッド・ピット
アンジェリーナ・ジョリー・ピット /  メラニー・ロラン /メルヴィル・プポー/ ニエル・アレストリュプ/ リシャール・ボーランジェ
日本公開:2016/9/24

【感想 
アンジェリーナ・ジョリー・ピットが監督をつとめ
ブラピとアンジーが役の上でも「夫婦」を演じたヒューマンドラマ。
フランスの海辺のホテルでひと時を過ごす、作家ローランドとその妻バネッサの物語です。


file_597956_by-the-sea-pitt-jolie-3.jpg

ブラピ演じるローランドはスランプ状態にある作家です。
ローランドは一本を書き上げる覚悟で南フランスの海辺のホテルに滞在を決めるものの
筆は進まず、一日中カフェで酒に浸る始末。
一人ホテルで悶々と過ごすバネッサは孤独にさいなまれ、夫婦の関係はさらにぎくしゃく。
ある日、寝室の壁に覗き穴を見つけたバネッサは、隣の新婚カップルの部屋を覗いてしまう。
そのことが夫婦の関係に変化をもたらすのですが・・



550622_jpg-r_640_600-b_1_D6D6D6-f_jpg-q_x-xxyxx.jpg

メラニー・ロラン&メルヴィル・プポー演じる隣の新婚カップル、バネッサ夫婦、
妻に先立たれたカフェのオーナーと、登場人物の結婚の経験値はそれぞれに違っています。
アンジーは確か、この映画が作られた時期にフランスで結婚していて
おそらくブラピとの関係を真剣に考える時期にあったんでしょうね。

そういう意味でこの映画は極めてアンジーの個人的な要素が強いと思います。
長い結婚生活の間には問題にぶち当たることもあるだろうけど
正直でいることが一番の解決策であると誓い合うみたいな。

4rKPAmocZamRaOJhri5qlxOZ06d.jpg


だから、どうぞ勝手にやって頂戴という感じがしないでもないんですが(笑)
うまくいかない夫婦間の問題を突き詰めていくのは興味深かったし
普遍的なドラマとして観ることができます。

ところが後半に、痛みの根幹をなすある問題が露呈すると
「あんたらが言うな」的な嫌悪感まで感じてしまい、気持ちが引いてしまったんですよね。
多分、他の役者に演じさせたら共感できたかもしれないんですけどね。
不幸な題材を不幸然と描く演出はいただけなかったし
弱っちく暗いバネッサのキャラ作りも好きじゃなかった。

よかった点は映画にスリルと官能を与えた「のぞき穴」の存在
その先にいるのがメラニーちゃんとプポー君という美しどころを持ってきたのもいい。

時代設定が70年代ということだったけど、タイプライターとアンジーの決めメイク、
使われている音楽以外はあまり時代を感じなかったな。


それにしてもこの邦題はなんでしょうかー。
「白い帽子」に特段の意味がないのと、「By the Sea」であるべき理由が後半に示されることから
シンプルに「海辺にて」とか、原題の意をくんでほしかった。







ブログパーツ


【映画】『マネー・ショート 華麗なる大逆転』・・副題変だよ
2016年02月04日 (木) | 編集 |
TheBigShortCSHeader.jpg 



マネー・ショート 華麗なる大逆転
2015)アメリカ
原題:The Big Short
監督:アダム・マッケイ
脚本:アダム・マッケイ/チャールズ・ランドルフ
出演:
スティーヴ・カレルクリスチャン・ベイル/ ライアン・ゴズリング/ ブラッド・ピット

【あらすじ
休金融トレーダーのマイケルはサブプライム・ローンが数年以内に債務不履行に陥る可能性がある事に気付くが・・


【感想
『マネー・ボール』のマイケル・ルイスの『世紀の空売り 世界経済の破綻に賭けた男たち』を原作とする金融ドラマ。

『俺たちニュースキャスター』や『俺たちステップ・ブラザース-義兄弟-』などのコメディ派のアダム・マッケイが金融ドラマを撮って、しかもオスカー作品賞にノミネートされたことでも話題です。

もうひとつ話題なのはブラッド・ピットスティーヴ・カレルクリスチャン・ベイルライアン・ゴズリングといった人気スターたちが集結したこと。

彼らが演じるのはいずれも金融界のつわものたち。
ベイル演じるのは神経学者であり、今はヘッジファンドでアナリストをするマイケル・バリー。
マイケルは分析結果からサブプライム・ローンが近い将来やばいことに気づき、銀行などに進言するも相手にされません。
バブル期にある当時、住宅金融は安定と信じられていたんですね。

映画の中では出てきませんが本物のマイケルさんはアスペルガーで、天才だけど人間関係を上手く保てないちょっと変わり者。
オフィスでドラムを叩き、自分の変な髪形を棚に上げ、人にその変な頭は自分で切るのかとか言っちゃう男をクリスチャン・ベールが絶妙に演じてます。
ちなみに画像右は本物


635862279168182754-michael-burry.jpg 

マイケルは分析結果を踏まえ住宅ローンのクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)なる取引に投資する。
これは債務不履行などが生じた場合、取引先の金融機関が損失額を補填する仕組みらしく、ローンでの破産者が出れば出るほどマイケルが儲かることになるらしいのね。って良く分からずに書いてるので用語の使い方も間違ってるかもしれません。

その動きに気づいた狡猾な投資家ライアン・ゴズリングがヘッジファンドのカレルさんを誘い、
若い投資家にアドバイスを求められた元銀行マンのブラピが彼らを手助けしたり・・・
世界的な金融崩壊を逆手に取る投資家たちがいたという話。


正直、株もやらない金融音痴の私には、ベイルらの暗躍が金融システムにどう影響したのかとか、難しすぎてわからない(汗)色々に複雑ですから。



bigOriginal.jpg 


にも関わらず楽しめるのは、キャラの利いたキャストの演技やマッケイのユーモアセンスによるものも大きいですね。
一番のお笑い担当がカレルさんでなくライアン・ゴズリングなのは意外性もあって楽しい。
へんなヅラで観客に向かって話すのと、いつもアシスタントとセットなのが笑える。
カメオのスターを使って難しい仕組みを平たく説明しようとする演出も有効です。

ただね、これイケイケドンドンな話じゃなく、邦題の副題にあるように華麗でもない。
だって、サブプライム・ローンというのは主に貧しい人たちが利用したローンで
焦げ付きは彼らから夢のマイホームを奪い、バランスを失った金融界は世界を巻き込み崩落したんだもんね。
彼らは当然罪悪感にも駆られます。

リーマンショックはどうして起きたか、その裏で金融マンはどう暗躍したか
それらをユーモアを交えつつも、シニカルに怖い話に仕上げ
しかもエモーショナルに描きあげたアダム・マッケイの知性を感じる一本。

もしも経済学者なり国なりが正確に経済を分析していれば、
あるいはマイケル・バリー氏の分析を深刻に受け止めていればリーマンショックは起きなかったかもしれない

この映画は一つの教訓を示すものでもあり、カレルさんに言わせるとホラーだそうです。

私が置いてけぼりを食らった部分も投資に興味のある人は楽しめるんじゃないかな。
あと、マイケル・ルイスの原作を読んでおくと助けになるようです。



ブログパーツ

【映画】『フューリー』戦車戦の臨場感に震え5人の絆に泣いた
2014年10月22日 (水) | 編集 |



ブラッド・ピット新作『フューリー』観てきました。
客層がいつもと違って兵士あがり風な男性が多かったのが印象的だったな。
フューリー(2014)アメリカ
原題:イギリス
監督:デヴィッド・エアー
出演:ブラッド・ピット/シャイア・ラブーフ/ローガン・ラーマン/ マイケル・ペーニャ/ ジョン・バーンサル/ ジェイソン・アイザックス/ スコット・イーストウッド
日本公開:2014/11/28
第二次大戦末期、敵地でナチス・ドイツに立ち向かった戦車兵士5人の奮闘と絆を描く戦争映画です。
製作が決まった頃から、じゅりさんが主演は誰かなと気にしてましたが、戦車の司令塔であるブラピは確かに主演ですね。ただし、新人兵士ノーマンを演じるローガン・ラーマンとダブル主演といったところかな。

 冒頭、一人の兵士が戦車フューリー号の中で死んでいる。
その手を握ったまま離そうとしないシャイア君をブラピが引き離し、クルーたちは悲しみに打ちひしがれています。戦車は一台に5人が乗り込み、それぞれに役割を果たしながらチームで戦っているんですね。
死んだクルーの代わりに送られてくるのがローガン・ラーマン演じるノーマン。
チームワークが鍵となる戦車戦に未熟な新人兵士をあてがわれたことに激しく動揺するブラピの心情は、
戦車戦がいかにチームワークとスキルを要するものであるかを見れば納得します。
フューリー号を率いるウォー・ダディことブラピの最大の使命はクルーを生きて帰らせること。
クルー4人の命が司令塔の肩にかかっているのです。



デヴィッド・エアー監督が極限の状況をリアリティと緊張をもって描くことのできる監督であることは『エンド・オブ・ウォッチ』で証明済。男のドラマにも定評があり、敵地を舞台にした戦争映画である本作は、まさに監督の本領発揮の一本となりました。

監督は何千もの戦争の写真を見て、読み取った戦場の空気と歴史の一端を描こうとしたのだとか。
薄暗い空の下、ボロボロの雑巾のように傷ついた兵士たち。
そこに漂う疲弊感や焦燥感に、本作がこれまでの勢いだけの戦争映画とは別物であることが窺えます。
明日をも知れない命だからこそ、運命を共にする男たちの絆も強いわけで
ブラピの役割が単にチーム・リーダーと言うだけでなく、父親的だったことも印象的。
メンバーは仲間と言うよりも家族に近い感じかなぁ。
ブラピはまさにキャリア中、最高の演技。人知れず苦悩する姿にキュンとした。
成長していくローガン・ラーマンも本当にうまいですね。
他のクルーメンバー、シャイア・ラブーフ、 マイケル・ペーニャ、 ジョン・バーンサルもそれぞれの役割を果たしていて、映画の進行と共に5人のチームワークと絆に胸が熱くなること必至。
国を勝利に導くとか、ナチスドイツを倒して平和な世界平和を願うとかそんな大義名分は一切なく
ひたすら生きるために、仲間を生かすために戦う、それこそが戦場の真実だろうと思います。




戦車からは視界が限られているため、敵がどこから現れるか分からないのが本当に怖くてね。
300の敵とたった5人で対峙するクライマックスの緊張は半端なし。
これはぜひ劇場で。

      

【映画】『ザ・メキシカン』二大スター競演も、恋人に見えない
2014年10月11日 (土) | 編集 |



ザ・メキシカン(2001)アメリカ
原題:The Mexican
監督:ゴア・ヴァービンスキー
出演:ブラッド・ピット/ ジュリア・ロバーツ/ ジェームズ・ガンドルフィーニ/ デヴィッド・クラムホルツ/ ジーン・ハックマン/ J・K・シモンズ /ボブ・バラバン 
 
「こんな旅は嫌だ!」な映画が続きますが、
旅を描く映画特集 今日は南米方面に向かいましょう。

『ランゴ』のゴア・ヴァービンスキー監督が、ブラッド・ピット、ジュリア・ロバーツの二大ハリウッドスターを起用し、伝説の拳銃「メキシカン」を巡る攻防をスリルとユーモアたっぷりに描くロードムービー風ロマンティック・コメディです。

ブラッド・ピット演じるのは、ひょんなことからマフィアのボスの車にぶつかり、刑務所送りにしてしまったことから組織のパシリとして使われる羽目になるダメダメ男ジェリー。
おかげで恋人サマンサ(ジュリア・ロバーツ)との仲は険悪となり、アパートを追い出された末
最後の仕事として仰せつかった伝説の拳銃「メキシカン」をゲットするためメキシコに向かう。
簡単に拳銃をゲットした!ジェリーだったが、そんなにうまくことが運ぶはずもなく、拳銃を巡る争奪戦に巻き込まれることに。
一方、ベガスへの一人旅行を敢行するサマンサにも悪の手が・・という話。


映画は、拳銃を巡る攻防を描きつつ、喧嘩別れしたジェリーとサマンサの恋の行方を描くわけなんだが・・



ヴァービンスキー監督というのは、妻子持ちのファミーリーマンらしいのだけど、もしかしてゲイなのかな。
男女のロマンスにはそれほど興味がないように感じるんですがw
本作でも、監督の演出が悪いのか、ジュリアの髪型がおばさん臭いからなのか、ブラピとジュリアが愛し合う恋人同士には見えず、ロマンス部分がかなりおざなりなんよね。
その代わり、というのも変だけど、ベガスでジュリアを拉致する殺し屋リロイを演じるジェームズ・ガンドルフィーニのゲイ同士のコミュニケーションの方が妙にリアルw
でもってギャンドルちゃんとの絡みのほうがジュリアを魅力的に見せるし
ブラピに至ってはワンコとの関係の方が面白いっつーね(笑)

拳銃に絡む因果関係にしても、ロマンス部分に思い入れを感じられないから
最後にたどり着く大者がらみの事実にも「あ、そう」ってなもんで、二転三転させてまで描く価値あるんかなと思ったり。相関図が欲しくなるしね。

そんなどーでもいい因縁がベースにある、どーでもいいロマンスを描く作品の中にあって
ひときわ輝くのは、やっぱりブラピだよねぇ。
向こう見ずでやんちゃで、軽くて情けない、でもやっぱりカッコよくて、
たまに見せる爽やかな笑顔にも目がハートになっちまう、若きブラピの可愛いこと。



そして忘れちゃいけないのがジュリアを拉致する殺し屋リロイを演じるギャンドルちゃんね。
ゲイが暴かれるシーンは爆笑だけど、ジュリアに愛とはなんぞやを教えるギャンドルちゃんの存在が唯一この映画に重みを与えてる。冷徹さと暖かさと虚無感を演じきるギャンドルちゃんが魅力的で
だから最後はもう少し違ったアプローチであって欲しかったとも思ったり。

監督の西部劇好きが感じられる音楽の使い方がいいし、笑えるところもあって嫌いじゃない。
でも足りないのはやっぱりハートかな。惜しい。

時々『セブン』入ってたね。


      

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。