映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】ブライアン・デ・パルマ『フューリー』
2016年06月14日 (火) | 編集 |
the-fury-movie-poster-1978-1020378436.jpg


フューリー(1978)
アメリカ
原題:The Fury
監督:ブライアン・デ・パルマ
脚本:ジョン・ファリス
出演: カーク・ダグラス/ ジョン・カサヴェテス /  エイミー・アーヴィング/ チャールズ・ダーニング/ キャリー・スノッドグレス/ アンドリュー・スティーヴンス

カサブランカの浜辺でアラブ人集団による銃撃が起き、ビーチはパニックに陥る。
息子のロビンと海水浴を楽しんでいた元諜報員のピーター(カーク・ダグラス)は応戦ののちボートを爆破され命を落としたかに見えたが・・

【感想
アトランダム映画祭」のっかり特集6本目
今日は非コンペ作品
ブライアン・デ・パルマ監督が『キャリー』に続いて超能力を題材にしたアクション・スリラーです。


美しいビーチののどかな風景が一瞬にして地獄絵に変わる銃撃シーンの怖いこと。
フロリダのゲイバーで起きた銃撃事件のイスラム国との関連は特定されてませんが
アラブ人集団が銃をぶっ放す描写は、今なら逆にご法度になりそう

しかし、この襲撃は実はピーターの同僚のチルドレスがピーターの息子のロビンを誘拐するために仕組んだものだとわかってくる。死んだと思われたピーターは生きていて、ロビン奪還に向け奮闘するという話です。」
the-fury-1.jpg 


冒頭から泳いだり走ったり、カーク・ダグラスいくつやねんと持ったらこのときまだ還暦前なのか。
それより老けて見えるので、おじいちゃん頑張ってると思ったんだけど
でもがっちりと胸板も厚く高い身体能力でしっかりアクションしてるのがすごい。
ちなみに今年12月には100歳を迎えられるんですよね。


fury4.png 


ピーターを軸としたストーリーとしてはぶれがないんですが
デパルマ的にはどうしても『キャリー』に代る超能力少女を看板にしたかったんでしょう。
ピーターは息子にたどり着くため、超能力少女ギリアンの力を借りようとする

そこで超能力を開発中のギリアン(エイミー・アーヴィング)を登場させ彼女の能力などが描かれるので
話はあちこちへ飛んで、結局誰の物語かわからなくなる。

ギリアンは人に触れて相手の醜い部分を映像としてキャッチする力を持っている。
同時に相手を流血させてしまうという力をコントロールできず、そこが『キャリー』的なホラーの見せ場を作ります。
デパルマお得意の回転する画面で見せるギリアンの透視シーンなど、映像マジックは炸裂してました。

ただ、原題は『The Fury』すなわち「怒り」で、それを爆発させるのは父を目の前で殺された(と思ってる)ロビンということになるんだけど、その衝動はキャリーの豚血ほどのインパクトはなく、心理描写も浅かったのが説得力に欠けて残念。
fury8.png 



とはいえ、ギリアンとロビン、二人による破壊シーンの迫力はかなりのもの
カーアクションなども交え、映像を楽しむ映画なのは間違いなし。
遊園地のシーンはヒッチコック『見知らぬ乗客』だよね。



4618290_l3.jpg
チルドレスを演じたのは『こわれゆく女』など監督としても有名なジョン・カサベテス
悪役顔!(笑)

悪は必ず滅びるということで、最後はこれでもかの迫力でぶっ飛んでくれて大笑い&スッキリ!でしたw
「アトランダム映画祭」あらため「首チョンパ映画祭」と呼ぶことにしよう(笑)


余談ですが・・

7月5日まではラマダン月にあたりテロが起きる可能生が高いと言われています。
特に金曜日は要注意なので、人の大勢集まるところに行く際には注意しましょうね。
世界のどこにいても安全というものはないですから。




ブログパーツ
【映画】悪魔のシスター
2016年06月06日 (月) | 編集 |
sisters.jpg


悪魔のシスター(1973)
アメリカ
原題:Sisters
監督:ブライアン・デ・パルマ
脚本:ブライアン・デ・パルマ/ ルイザ・ローズマーク・ジャクソン
出演:マーゴット・キダー /  ジェニファー・ソルト/ チャールズ・ダーニング/ バーナード・ヒューズ/ ウィリアム・フィンレイ/ メアリー・ダヴェンポート/ ドルフ・スウィート


マンションの向かいの部屋で人が殺されるのを目撃した女性記者は警察に通報。しかし現場の部屋には殺人の形跡がなく・・



【感想
アトランダム映画祭」のっかり特集4本目
映画祭のコンセプトに「あまり有名でないもの」とあったはずなので、ブライアン・デ・パルマ作品を持ち込むのは反則かな。
でも最近テレビで放送されて(コーマン先生がゲスト!)再見したのでいっときます。

主人公のダニエル(マーゴット・キダーはフランス語なまりのモデル。
彼女はテレビ番組の出演で知り合った黒人男性フィリップと食を共にした後、自宅マンションで一夜を過ごすが、
翌朝腹痛で目覚めた彼女は薬とバースデーケーキを買ってきてくれたフィリップをナイフで惨殺する。
sisters_2.jpg 



向かいのマンションからこれを見ていた女グレイス(ジェニファー・ソルト)が通報したことから、警察の手が入ることになるが部屋に死体はない。
警察に妄想的迷惑行為とみなされたグレイスは腕利きの私立探偵を雇い、事件の真相に迫る。。
というはなし。
9897_5.jpg 



もうね、向かいの窓の住人が事件を目撃するのは『裏窓』だし、
ダニエルが姉と見られる誰かと言い争いをする声がしたり、殺害シーンは『サイコ』で
デ・パルマによるヒッチコック節が炸裂してます。

でもそれはくまでヒッチコック愛であって、真似と揶揄する必要のないことは
映画の面白さが証明してますね。
独特なのはちょっと悪趣味とも言えるフリークな味わいが加味されるところと
一種独特のユーモア。


少しネタバレで書きますけど



[READ MORE...]
【映画】パッション
2015年01月25日 (日) | 編集 |


秘境からのお届け、一本目はじゅりさん絶賛のデ・パルマ作品『パッション』から♪


パッション(2012)フランス・ドイツ
原題:Passion
データ

アラン・コルノーの遺作『ラブ・クライム 偽りの愛に溺れて』(未見です)をブライアン・デ・パルマがリメイク。上司と部下との女同士のドロドロの確執を描くサスペンス・スリラーです。

一流広告会社で働く女エグゼクティヴ クリスティーンにレイチェル・マクアダムス
パステル系のふんわりとしたファッションに身を包み、一見爽やかで優しげなクリスティーンですが、その実態は部下の手柄を平気で横取する腹黒女。おそらく今の地位に上り詰めたのも、裏で悪どいことのひとつもやってきたんでしょう。
目障りなのは出来のいい部下ってわけで、ノオミ・ラパス演じるイザベルがクリスティーンの餌食になっちゃいます。


お帰りなさい80年代!お帰りなさいデ・パルマ先生!
後半の二転三転のサスペンス劇にすっかりだまされました。

レイチェルの二の腕で柔らかなイメージを生かしながら(違うってw)、狡猾な中身とのギャップを強調させるところもニクい。
イジイジしてても心にドラゴン・タトゥーなノオミも嵌ってました。

ただ、変態性を垣間見せてくれるのに、露出は少な目。
デ・パルマ先生もお歳を召されたかなと少し寂しい。