映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャイナタウン
2013年05月12日 (日) | 編集 |




 

チャイナタウン(1974)アメリカ

原題:Chinatown
出演:ジャック・ニコルソンフェイ・ダナウェイジョン・ヒューストン、 バート・ヤング、 ペリー・ロペス、 ジョン・ヒラーマン、 ダレル・ツワリング 、 ダイアン・ラッド


1930年代のロスアンゼルスを舞台に、私立探偵ジェイク・ギテスが、水の利権をめぐる陰謀に巻き込まれていく様を描く。
ロマン・ポランスキーの珠玉のフィルムノワールです。




 私立探偵ギテス(ジャック・ニコルソン)はダム建設技師の妻と名乗る女性から夫の浮気調査の依頼を引き受け、若い女と密会する写真を撮ることに成功。ところがこれが何故か新聞に掲載され、怒った本物のモーレイ夫人(フェイ・ダナウェイ)がギテスの前に現れる。最初の依頼者は偽者だったのだ。しかもモーレイはその後溺死体となって発見される。何かの陰謀を察知し、モーレイ夫人に接近するギテスだが、彼の周りで新たな殺人事件が起こり、ギテス自身も命を狙われることになる。

砂漠に作られたロスは、水の供給がなければ市民生活はなりたたないことから、貴重な水をめぐる汚職が生まれる。ジョニー・デップが声を担当した『ランゴ』もそうだったな。
かつてはロスのチャイナタウンで警察として働いていたギテスは、そこで事件にのめり込んだあげく傷ついた過去を持つ。チャイナタウンにはチャイナタウンのルールがあり、よそ者の介入を許さない。けれど、ギテスはまたしても女にのめり込む。同じ失敗を繰り返すことになるのに・・

真実を追究しようとしながらも巨大な陰謀を前に無力感を噛み締めるしかないギテス。
ニコルソン悲痛な表情が、ジェリー・ゴールドスミスの退廃的なメロディに被さるラストシーン
鳴り続けるクラクションが哀しく響き、なんとも言えない虚無感に襲われ忘れられないものがありますね。
30年代の時代を再現する美術も見事です。

ちなみに、モーレイ夫人の父親を演じているのは、ジョン・ヒューストン監督だったんですね。

ポランスキー自身も、ギテスを脅すギャング役で登場。
「こんなミジェット(小人)どこから連れて来たんだ」と言うニコルソンの鼻をナイフで切り裂くシーンはリアルでビビったわ。


劇中フェイ・ダナウェイがカクテルを注文するシーンで言う「トムコリンズをライムで」。
これいつか真似してみたい!!

 

■トラックバックいただいてます

Tracked from CINEmaCITTA&.. at 2013-05-11 00:51 x

タイトル : チャイナタウン
久しぶりに蔵出しビデオで観ました。 この時代の映画は個人的な思い入れが強い作品が揃っていまして、この映画もその一作なんです。 『ローズ・マリーの赤ちゃん』 のヒットで一躍人気監督となった ロマン・ポランスキー監督 のハードボイルド・ミステリーといったら言いのでしょうか。 ジャック・ニコルソン が私立探偵ジェイク・ギテスに扮した名作の一本。 相手役は、これも当たり役、ミセス・モーレイ演じる フェイ・ダナウェイ です。 【チャイナタウン】 CHINATOWN 1974 ......more



スポンサーサイト
トラウマ映画館『愛と憎しみの伝説』
2011年09月21日 (水) | 編集 |

町山さんのトラウマに挑戦!

久々にトラウマ黒塗り。
今日は、ハリウッドの名女優ジョーン・クロフォードの養女が出版した暴露本
「親愛なるマミー」を原作とし、家族の半生を描く『愛と憎しみの伝説』です。
愛と憎しみの伝説(1981) アメリカ
監督:フランク・ペリー
出演:フェイ・ダナウェイ/ダイアナ・スカーウィッド/スティーヴ・フォレスト/ハワード・ダ・シルヴァ
    ルターニャ・アルダ/プリシラ・ポインター/マラ・ホーベル
 
ジョーン・クロフォードといえば、後期の『何がジェーンに起こったか』が有名でしょうか。
昨日は、45年のオスカー受賞作ミルドレッド・ピアース』を観てみましたが
ミステリーと、一代繁盛記ともいうべき大河ドラマがミックスされ、見ごたえのある作品でした。
しかし、その裏で、私生活はこんなにドロドロだったんだ。
 
先にも書いたように、これは養女クリスティーナの自叙伝が原作なんですね。
一歳でクロフォードに養女にもらわれたクリスティーナは
豪邸に住み、美しい服を与えられたものの、決して幸せではなかった。
というのも、クロフォードに虐待されて育ったから。
 
冒頭、正面から顔を見せないまま、いつもの朝の風景が映し出されるんだけど
まず洗顔の様子がすごい。
ブラシを使って腕をこすりあげる様子はまるで手術前の手洗い。
しかも顔までゴシゴシして、そのあと氷で引き締める。
それら一連のシーンから、豪華ながらストイックな暮らしぶりや
異常なまでに潔癖症であることを一気に見せる。
 
しかし人間いつまでも美しいはずもなく
歳とともに、役も少なくなり、ハリウッドからお払い箱になる
それまでの暮らしを失う不安は彼女を、さらなる虐待へと駆り立てるわけです。
とにかく、クロフォードを演じるフェイ・ダナウェイの狂気に満ちた演技が見もの。
幼少のころクロフォードはクリーニング店で働く母親を手伝う貧しい暮らしをしていて
だからこそ、娘のクローゼットにクリーニングの針金ハンガーを見つけて
激怒したりと、自らのトラウマが虐待の内容に繋がってるんですよね。
 
最悪なのは女優を目指ししたクリスティーナが、病気で穴をあけた昼メロの役を
クロフォード自らがテレビ会社にかけあい、横取り!
落ち目だった彼女は、これに再起をかけようと目論んだらしいですが
28歳の役を63歳のクロフォードが演じる画面は、おぞましいの一言。
 
フェイ・ダナウェイは、この演技を酷評され
映画もラジー賞5部門を受賞してしまいました。
ハリウッドスターの末路を、こんな形で描いたことに、映画界は厳しく、
日本でも未公開に終わってます。

でもね、そんなつまんない映画ではなく面白いです。
しかも今やカルトな一本になってるらしいですよ。
ハロウィンではクロフォードを模したコスチュームも人気だとか。
モンスターかいなw
 

[READ MORE...]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。