映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
そして、私たちは愛に帰る
2013年02月03日 (日) | 編集 |







そして、私たちは愛に帰る(2007)ドイツ/トルコ
原題:Auf der Anderen Seite
監督・脚本:ファティ・アキン
出演:バーキ・ダヴラク/トゥンジェル・クルティズ/ヌルギュル・イェシルチャイ/ハンナ・シグラ/ヌルセル・キョセ/パトリシア・ジオクロースカ



大学講師の息子と、息子を男手ひとつで育てあげ余生を娼婦と過ごす父。トルコからドイツに出稼ぎし娼婦となった母と、反政府活動家としてトルコを逃れた娘。友人を救うためイスタンブールに旅立つ娘と、娘の身を案じながらも愛情を伝えられない厳格な母――。ドイツとトルコ、2000キロに渡ってすれ違う3組の親子が、人生の旅路をさすらいながら“愛”そして“喪失から生まれる希望”を見いだすまでを描く。。

マリア・ブラウンの結婚』のハンナ・シグラが出てたんだなぁということで再見しました。
監督は『愛より強く』のファティ・アキン

大学講師の息子ネジャット(バーキ・ダヴラク)と、息子を男手ひとつで育てあげ余生を娼婦イェテルと過ごす父アリ。
娼婦イェテルと反政府活動家の娘アイテン。
アイテンと知り合い、助けるようになるドイツ人大学生ロッテとその母。
イスタンブール、トルコ、ドイツを舞台に、この三組が犯罪や死などの哀しい出来事を介し、不思議な縁ともいうべき結びつきで、人生を絡ませていく作品です。






お目当てのハンナ・シグラは反政府活動家と係わったばかりに命を奪われてしまったロッテの母親スザンヌを演じていて、本作で一番印象に残った人物でもあります。
喪失の悲しみを乗り越えて彼女の出した答えには驚くのだけど、それは娘を愛し信じているからこそ。
路上でゲームを楽しむ異国の人に挨拶をする様子は、母と娘全く同じ。
二人は似ている。そんな伏線もあって、唐突とも思えるスザンヌの行動にも納得でした。
凄いのはその赦しと愛が、彼女の周りの愛の扉をゆっくりとあけることになること。
この構成には驚かされました。
親子はやっぱり親子。憎んだり断絶したりしても赦しあい、分かり合う存在なんですね。

ちなみに『愛より強く』で「愛」を、本作ですべての生み出す元となる「死」を描いたと言う監督は、次に「悪」に関するものを描き、3部作を完成させるということでした。
その後何か撮ったんだっけ?

 

 

■トラックバックいただいてます

Tracked from CINEmaCITTA&.. at 2013-02-02 23:29 x

タイトル : そして、私たちは愛に帰る
  【そして、私たちは愛に帰る】     2007 ドイツ/トルコ   AUF DER ANDEREN SEITE   監督  ファティ・アキン   脚本  ファティ・アキン   出演  バーキ・ダヴラク/ハンナ・シグラ      トゥンジェル・クルティズ ほか                          EU加盟申請中のトルコの社会背景や、ドイツ~トルコ間の人種交流など、知ってそうで知らなかった事柄を背景に描いた、 ファティ・アキン......more