映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペーパー・ムーン
2012年08月25日 (土) | 編集 |

ピーター・ボグダノヴィッチがライアン・オニール、テイタム・オニールの父娘を起用し描く陽気なペテン旅行。
最高にハートウォーミングなロードムービーです。

 

ペーパー・ムーン
1973年(アメリカ)
原題:
Paper Moon
監督:ピーター・ボグダノヴィッチ
出演:ライアン・オニール /テイタム・オニール /マデリーン・カーン /ジョン・ヒラーマン  
     ランディ・クエイド

聖書を売り付けて小金を稼ぐ詐欺師のモーゼが、亡くなった知り合いの娘アディと出会う。
彼は嫌々ながら彼女を親戚の家まで送り届ける事になったが、ペテンの相棒としてアディと旅を続けるうち、モーゼは父親めいた愛情を感じていく……。
 

父親を知らない9歳の少女アディに扮するのがテイタム・オニール
母を無くし一人ぼっちになったアディー。
その葬儀に参列したモーゼは母の友人らしい。
「あごが似てるから、あんた、この子の父親?叔母さんのところへ連れてってあげなさいよ」
みたいなノリで、アディと一緒に旅することになったモーゼ。

モーゼを演じるのは「ある愛の詩」のライアン・オニール
実のパパだもの、あごも確かに似てるよね。

モーゼが生業としてるのが未亡人を相手にしたセコイ詐欺なんだけど、
モーゼという名前で、聖書を使ったペテン師ってところがまた面白い。

あれよという間に詐欺の片棒を担ぎ
しっかりモーゼの相棒の役割を果たしていたアディ。


危ない橋を渡りながらの珍道中。
アディは途中何度も「あなたは私のパパじゃないの?」と聞くけれど
モーゼの答えは「ノー」

本当のところは最後まで分かりません。
でも、二人には確かな絆が生まれていくんです。

「信じあえば… 愛しあえば… 助けあえば… 
紙のお月様だって ほら!本物に 見えるでしょ」

これは、キャッチコピーの抜粋。


ベッドで煙草は吸うし、いつもラジオで聴くのは落語風
心の中の寂しさを隠しながら、小生意気に振舞うアディは
歳の倍も早く大人になろうとしてるかのよう
可愛いリボンがちっとも似合ってないのが最高に可愛いく
がに股歩きも、にんまり笑いもいけてます。

テイタムはこの演技でアカデミー助演女優賞獲得。最年少かな。
禁酒法の時代を背景にし、敢えてモノクロでクラシックな味わいなのもいいですね。

途中、決闘をして得たトラックのドアが壊れたり
ラストシーンで走り出した車に二人追いついて飛び乗るシーンは
『リトル・ミス・サンシャイン』を思い出したよ。


紙の月も、本物のお月様になりえる。
大好きな最高のロード・ムービーです。


★★★★☆



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。