映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

P・フォークと女子プロコンビの大奮闘プロレス映画『カリフォルニア・ドールズ』
2012年07月28日 (土) | 編集 |

ビューティ ビューティ~ ビューティ ペア~
ビューティ ビューティ~ ビューティ ペアーーー


今日は美しき女子プロコンビとピーター・フォーク演じるコーチが
夢を掴むまでを描く『カリフォルニア・ドールズ』を。

『何がジェーンに起こったか』『特攻大作戦』などの名匠ロバート・アルドリッチ
遺作となった作品です。





カリフォルニア・ドールズ
1981年(アメリカ)
原題:
The California Dolls
監督:ロバート・アルドリッチ
出演:ピーター・フォークヴィッキー・フレデリックローレン・ランドン
バート・ヤングトレイシー・リード


 
骨太で多彩な作品を多く手がけたとされるアルドリッチ監督は
こんなチャーミングな作品で、監督人生を終えられたんですねぇ。

カリフォルニア・ドールズのコンビ名を持つアイリス(ヴィッキー・フレデリック
とモリー(ローレン・ランドン)。
美貌も実力もありながら、いまだ無名の2人は
老マネージャー(ピーター・フォーク)とともに、
アメリカ国内を巡業しながら、いつかビッグなタイトルを掴むことを夢見ている。

挫折を味わい、時にはくじけそうになりながらも支えあう二人と、
2人を全身全霊で愛し、勝利に導くコーチ。
貧しいながらも夢に向け準備する様子をロードムービー風に
そして映画の大半をリング上の戦いとして描き
彼らの信頼関係を本物の迫力とエンターテインメントで見せる手法です。





まず、こんな美しいプロレスラーもいたもんだなぁと思って観てたのだけど
彼女らはレスリングは素人の女優さんだったというから驚き!
CGや編集でごまかしたものではない迫真の闘いぶりは見事で
プロレスには詳しくないけれど、プロの試合に匹敵するクオリティだったんじゃないかな。
途中の泥んこマッチで美しいお胸を披露してくれるサービスも嬉しいところ
・・って、私は男かw





レフリーのパフォーマンスはユーモラスだし
ロッキーでおなじみのバート・ヤングを出してみたりの配役も面白く、
監督の遊び心も嬉しい。


登場シーンのド派手な演出・・
小林幸子さんは絶対これを真似したんだよね(笑)

全編を通し、特別ドラマティックに仕上げているわけではない。
主人公とは言え、反則まみれの相手には目には目をの反撃も加える。
けれども根本にあるスポーツマンシップが自然な感動を呼ぶ。
それがスポーツ映画のいいところだよね。

さて、ロンドンオリンピックも幕を開けた。
今年はどんな興奮が待ってるかな。


★★★★







スポンサーサイト
ピーター・フォーク追悼 『マイキー&ニッキー』
2011年06月26日 (日) | 編集 |
コロンボ刑事こと、ピーター・フォークの訃報を受け、
今日はしりとりをお休みして、追悼のレビューを。

インディペンデント映画の巨匠ジョン・カサヴェテスと共演した『マイキー&ニッキー』。
組織に切り捨てられ命を狙われる羽目になった男と、彼の幼なじみで同じ組織に属する男の一夜の逃避行を描く人間ドラマです。
 
マイキー&ニッキー (1976) アメリカ
監督:エイレン・メイ  
出演:ピーター・フォークジョン・カサヴェテス/ネッド・ビーティ/ウィリアム・ヒッキー/ジョイス・ヴァン・パタン/M・エメット・ウォルシュ
■感想
ピーター・フォークとジョン・カサベテス監督とは、生涯の盟友だったそうですね。
そんな二人がダブル主演で共演する本作は、日本ではビデオレンタルのみとなっていたものが
3月12日ついにニュープリントで日本初公開となりました。
震災と重なり、見逃した方も多かったことでしょうが、6/25~再上映となった様子。
図らずも追悼上映となってしまったわけですね。
 
【ストーリー】
組織の金を盗み、命の危険を察したニッキー(ジョン・カサベテス)は
身を隠すホテルの一室から、マイキー(ピーター・フォーク)に電話で救いを求める。
早速駆けつけるマイキー。
暗殺者の影がちらつく中、二人の奇妙な逃避行が始まった。
 
 
二人は30年来の幼馴染であり、同じ組織に身をおくもの同士。
ニッキーは、唯一の友であるマイキーに助けを求めるものの、
組織の息のかかったマイキーを、完全に信用することができないわけです。

マイキーはといえば、ホテルに駆けつけるときも、胃薬を持参している。
ストレスでニッキーが潰瘍を作っているだろうこともお見通し。
そのくらい近い仲ではあるものの、一方ではやんちゃなニッキーに手を焼いていたり
映画は進行と共に、二人の微妙な関係性が暴かれることになるんですねぇ。
 
さてさて、ニッキーの運命はいかに。
カサベテスは、死の恐怖に脅えるニッキーを緊張の演技で見せきりました。
組織との板ばさみで揺れるマイキーをピーター・フォークが熱演し
ほぼ二人だけのやり取りでありながら、緊張感が高まっていく展開はお見事!
 
 
実はこれ、震災後の映画記事再開のトップバッターにするつもりだったんですが
思ってたものと違ったもので、レビューを控えてたんですよ。
いや、すごく面白いんですけどね
最後は、ソファーから転げ落ちそうになりましたから(^^;)
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。