映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】さすらいのカウボーイ
2015年07月29日 (水) | 編集 |


さすらいのカウボーイ(1971)アメリカ
原題:The Hired Hand
出演:ピーター・フォンダ/ウォーレン・オーツ/ヴァーナ・ブルーム/ロバート・プラット


あらすじ
カウボーイのハリーは、7年もの放浪生活を終えて、妻子の待つ故郷に帰ってきた。しかし、平穏な生活を望んだ彼に、親友の危機の報せがもたらされ・・

感想
ウェスタンをもう1本
ピーター・フォンダ監督/主演の新感覚ウェスタンと言われる作品です。

『イージー・ライダー』の次に撮った本作で、フォンダは妻子を残し7年も放浪生活を送る男ハリーを演じています。
しかし放浪にも疲れを感じ、直前に殺された仲間を葬り、
7年間ともに旅するアーチ(ウォーレン・オーツ)を連れ立ち妻の待つ故郷へ・・。

幻想的とも言える映像にメローなメロディがかぶさり
まるで音楽ビデオをみているような感覚に陥ります。
フォンダはこんな美しい映画を撮る人だったんだな。

なぜハリーは7年間もさすらっているのか
大した理由は説明されないのですけど、おそらくは『イージー・ライダー』と同じく、ベトナム戦争に疲弊する時代を投影したのでしょうね。

川に浮かぶ少女の死体に涙を流し、西海岸に夢を求めた若者ダンは
ベトナムで命を落とす若者の象徴でしょうか。


 
夢の先に何もないことを知る抜け殻のようなハリーは
妻子との暮らしに生きる場を求める
平穏に経過していたとしても、やがてそれも破綻していたでしょう。

ハリーが唯一心を開き、分かりあえるのはアーチのみ。
さすらうもの同士にしか分からない強い絆が2人にはあるわけですが・・

これってある意味『イージー・ライダー』meets『ブロークバック・マウンテン』
たそがれっぱなしのフォンダよりも、アーチを演じるウォーレン・オーツの包み込むような優しさが印象的です。

女性の立場からすると奥さんがとにかくお気の毒でしたね。
しかし作品としては、凄く好き。

西部劇をニューシネマで描くと言う点でも異色でしょう。


ワイルド・エンジェル
2012年04月18日 (水) | 編集 |
コーマン帝国』を観て気になったのがこれ。
ロジャー・コーマン映画最大のヒット作であり、
『イージー・ライダー』に繋がる一本だったんですね。


blog_import_566b9dede11e2.jpeg 

ワイルド・エンジェル
1966年(アメリカ)
原題:The Wild Angels
監督:ロジャー・コーマン
出演:ピーター・フォンダナンシー・シナトラブルース・ダーンルー・プロコピオマイケル・J・ポラードゲイル・ハニカットダイアン・ラッドディック・ミラー
【ストーリー】
無軌道な暴走族エンジェルを率いるリーダー、ブルースは、警官に撃たれて重傷を負った相棒を連れ戻すため、病院へと潜入するが……。(映画.comより)


ヘルズ・エンジェルというのは1948年に結成されたバイカーのグループで
麻薬や売春などの犯罪にも手を染めてきた組織らしいのね。
って、知らなかったんですけど^^;

この映画が製作された60年代というのは、アメリカン・ニューシネマが幕を開ける頃でもあり
体制に反撥する映画が多く作られていますね。これもそういう一本。
映画に出てくる暴走族は本物のヘルス・エンジェルスのメンバーを使っているというから驚き!

内容は、警察に撃たれ重症を負った仲間ルーザー(ブルース・ダーン)を奪還すべく
ヘルズ・エンジェルのメンバーたちが、病院に潜入するというもの。

グループのリーダー、ブルースを演じるピーター・フォンダがカッコいいのねぇ。
世間に反撥するブルースの姿は、否が応でも
父を憎み、反撥し生きてきた男、ピーター本人の姿に重なります。

blog_import_566b9def602f1.jpeg 


乱痴気騒ぎに身を任せ、道徳心くそくらえな若者の姿や
牧師に理由を問われても、「自由でいたいから」としか答えられないブルースにはやるせなさを感じるところだけど、彼らにとっては紛れもない青春。

ちなみに当時は無名のピーター・ボグダノヴィッチが脚本の大部分と、助監督を担当し
編集はモンテ・ヘルマンだそうです。

なかなか魅力的な作品でした。

★★★☆