映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【追悼】ビル・パクストン『バーグラント』
2017年02月27日 (月) | 編集 |
昨日は朝からビル・パクストンの訃報に心を痛め、夜にはアカデミー授賞式の前代未聞の作品賞取り違えに脱力した、記憶に残る一日になってしまいました。

アカデミーのことは後で触れるとして、今日はパクストンの追悼です。

The-Vagrant-768x1024.jpg
バーグラント(1992)アメリカ
原題:The Vagrant
監督: クリス・ウェイラス
脚本: リチャード・ジェフリーズ
出演:ビル・パクストン/マーシャル・ベル/マイケル・アイアンサイド

【あらすじ】
小市民のグラハムは住宅街に中古の家を買うが、家に出没する謎の浮浪者に翻弄されることになり・・

【感想】
マイホームを手にした主人公が巻き込まれるドタバタを、コミカルかつサスペンスフルなミステリーコメディに仕上げた日本未公開の一本です。
the-vagrant-bill-paxton.jpg
主人公のグラハムを演じるのは勿論ビル・パクストン
買ったばかりの家に汚いホームレスが裏口から勝手に出入りしていたらそりゃビックリするでしょ。
鍵を替え、塀を巡らせてもなぜか家に入ってくるその男に危険を感じるグラハム。しかし、警察にも取り合ってもらえないばかりか妄想クレイマーと疎まれ、グラハムは自分が正気なのかさえ分からなくなる始末。
そんなとき、ついに殺人事件が発生し・・
the-vagrant-1992-bell.jpg
ホームレスがこんな風貌だったりで、いかにもB級テイストですが、製作がメル・ブルックスとあって、ブラックユーモアとミステリーが程よくミックス。ホームレスの意外な秘密を明かし、いかにも90年代な結末を迎える展開も飽きさせません。

vagrant.jpg


グラハムがマイホームを購入したのは、ガールフレンドとの結婚を夢見、人生の転機としたかったから。なけなしのお金をはたき目いっぱいのセキュリティを設備した彼は浮浪者ごときのために簡単に家を手放せない。しかもガールフレンドは君には全然に合わないだろうと思うような女狐なのもやるせなかったりで、そんな崖っぷち男の悲哀を、出ずっぱりで誠実に演じるパクストンが愛しいのです。

画質は悪いですがトレイラー貼っておきます。





昨日はアカデミー賞があれで、パクストンの訃報が宙に浮いてしまったけれど
一通り落ち着いたらパクストンを悼むコメントも溢れてくるはず。

心臓手術の合併症が死因とされてますが、数週間前までドラマの撮影をしていたようだし、本人も家族もこんなことになるとは思ってなかっただろうな。
ハリウッド大作にもたくさん出演してるけれど、もはやカルト作品の部類に入るのではないかと思われる監督作品の『フレイルティ/妄執』も好きでした。もっと監督作品も撮って欲しかった。

61歳なんてあまりにも若すぎる。
ビル・パクストン 安らかに。



ブログパーツ

スポンサーサイト
【映画】 シンプル・プラン
2014年04月25日 (金) | 編集 |



スコット・B・スミスの同名ミステリー小説をサム・ライミが監督した作品です。
シンプル・プラン(1998)アメリカ
原題:A Simple Plan
監督:サム・ライミ
出演:ビル・パクストン/ブリジット・フォンダ/ビリー・ボブ・ソーントン/ブレント・ブリスコー
 
 


田舎で平凡な暮らしを送るハンク(ビル・パクストン)は、中年独身男の兄ジェイコブ(ビリー・ボブ・ソーントン)、失業中のルー(ブレント・ブリスコー)とともに、雪深い森で墜落した自家用飛行機を発見する。
機内にはパイロットの死体と440万ドルの大金! 
3人は金を山分けすることにするが・・・。

雪深い田舎町で、普通の人たちがちょっと欲を出したら
人が死んで落ちるところまで落ちた・・という話。
これにブシェミ先生でも出てきたら完全にコーエンワールドですが、監督はサム・ライミね。

主人公ハンクにはちょっと男前のビル・パクストン
薄給ながらお料理上手の妻サラ(ブリジット・フォンダ)がいて、普通に幸せ。
でもまもなく赤ちゃんが生まれることもあって、魔が差した・・
でもね、一番見た目もよく賢く有能そうなハンクだけど、実は一番始末が悪い。
おそらくは人に悪く見られたことのない彼は、自分の体裁を保とうとして嘘を重ねてしまうから。
そんな心理がきっちり描かれているからこの映画は面白いし
次々に起こる惨劇を飽きさせずに見せる手腕も流石ライミ。

それにしても、普通の人たちが、本来なら絶対にしそうにないことまでしてしまうのだから欲というのは恐ろしい。サラの激白で、小さな幸せを感じていたのはハンクだけだったとわかるシーンなんぞも寒いものが走ったし
、カラスの使い方と言い、心情的にはこれはもうホラーですな。

ホラーと言えば、サム・ライミらしいと思ったのは、ルーの太っちょの奥さんが吹っ飛ぶシーン!
あのあと絶対ゾンビ化すると思ったのに、それがなかったのは残念でした(笑)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。