映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】人生はシネマティック!
2017年11月15日 (水) | 編集 |

their finest poster
人生はシネマティック!(2016
イギリス
原題:Their Finest
監督:ロネ・シェルフィグ
出演:ジェマ・アータ-トン、サム・クラフリンビル・ナイ、ジャック・ヒューストン、エディ・マーサン


【あらすじ】
第二次世界大戦中の1940年のロンドン。コピーライターの秘書として働くカトリンだったが、人手不足で代わりに書いたコピーが情報省映画局の特別顧問のバックリーの目に留まり、新作映画の脚本陣に加わることに。ダンケルクで双子姉妹が兵士を救出した感動秘話の映画化が決まったが・・


【感想】
戦時下のロンドンで、プロパガンダ映画の製作を任された映画陣の奮闘を描くコメディドラマです。

イギリスはゲイや女性、労働者階級など弱者が力を合わせて頑張るお話が得意ですよね。『キンキーブーツ』『カレンダー・ガールズ』『フルモンティ』、最近では『パレードへようこそ』など、実話ベースの秀作がいくつも作られています。
theirfinest.jpg  
本作の舞台となるのは映画製作の現場とあって、市井の物語とは少し違うんですけど、ジェマ・アータートン演じる名もないコピーライターのカトリンを主人公にした女性進出の話でもあり、窮地に立たされた人々が、問題をクリアしながら、仲間と心を一つに大きな仕事を成し遂げていくというところも、前述の映画たちに通じるところがありますね。

ただ、カトリンが脚本家として認められる過程が思いのほかスムーズのため、彼女の物語としては達成感がやや薄い。
映画製作の現場でも女性はすでに男性に引けを取らない働きをしていたし、ビル・ナイ演じる往年のスターのエージョントの後釜にその姉がすんなり座るというのもへーという感じで、この時代のイギリス女性の社会的な地位は実際にはどうだったんだろうと、懐疑的に観てしまった。

プロパガンダ映画を求める政府にしても政治的な悪意は感じられず、製作側とも「国民を励ましたい」という思いを共有していたことになります。悪者が登場しないのが本作のいいところではあるけれど、問題打破の物語として観れば物足りないところでもあるかな。

their-finest-thumb.jpg


とはいえ、映画製作の現場が舞台であり、ビル・ナイが安定の可愛らしさでこれでもかの大活躍をしてくれるのだから面白くないわけがない。今まで特に意識したことのなかったジェマも笑顔や泣き顔が美しく好きになったし、お気に入りのサム・クラフリンがちょび髭+丸眼鏡でいつもと違う感じを楽しめました。今回はキュート系のエディ・マーサンの多彩なキャラづくりにも感心。
ノーランの『ダンケルク』を観ていたので、劇中劇にも入り込みやすかったですね。

監督は大好きな『17歳の肖像』のロネ・シェルフリン。
イギリス映画らしいアイロニーを漂わせながらも、笑いあり涙ありで心を揺さぶってくる。
数秒後の命の保証などない戦時下で、「生」の輝きを伝える脚本が秀逸。

空襲が頻発していても映画館で映画を楽しむ人々の姿に、イギリスの懐の深さを見た思いでした。

ブログパーツ

【映画】ヒトラーコード39
2016年10月23日 (日) | 編集 |
英国男優総選挙、ちょろちょろと聞こえてくる中からのカウントダウン
今日は9位入賞のエディ・レッドメイン君目当てで観た『ヒトラーコード39』
クリストファー・リー様とデヴィッド・テナントもいたので、今日は3人斬りです。


Glorious_thirty_nine_ver2.jpg
ヒトラーコード39(2009
イギリス
原題:Glorious39 
監督/脚本:スティーヴン・ポリアコフ
出演:ロモーラ・ガライビル・ナイジュノー・テンプル/クリストファー・リー/エディ・レッドメイン

【あらすじ】
1939年、イギリス。下院議員の義父(ビル・ナイ)に育てられたアン(ロモーラ・ガライ)は広大な敷地内で立ち入り禁止とされている物置で2枚のレコードを発見する。音楽レコードにカムフラージュされたその二枚には、ナチスとの和平協定に反対する人間の暗殺を企てる男たちの密談が録音されていた。


【感想】
冒頭、一人の少年がアパートに二人の老人を訪ねます。
「家族の歴史について聞きたいことがあるので教えて欲しい」
gallery-movies-christopher-lee-career-pics-10.jpg
少年は老人二人の親戚にあたり、老人の一人ウォルター(クリストファー・リー)は、「知らないほうがいいこともある」と言いながらも、少年に語り始めます。

舞台かわって第二次世界大戦開戦前夜のイギリス。
イギリスはドイツがポーランドを侵攻したことを契機にドイツに宣戦布告し、第二次世界大戦が始まってしまいますが、当時はドイツを倒そうとする戦争支持派と、戦争は避けようとする派とに分かれていたんですね。
glorious-393.jpg


主人公アンにロモーラ・ガライ
下院議員の養父アレクサンダー(ビル・ナイ)の愛情を受け美しく成長した女優のアンは、義理の弟ラルフ(エディ・レッドメイン)と妹(ジュノー・テンプル)とも仲良く何不自由のない暮らしをしている。
ところが偶然立ち入った倉庫から、あるレコードを持ちだしたことをきっかけに、アンの周りで人が殺され始めるのです。


邦題からナチスドイツの陰謀を描く作品と思ったらちょっと違った。
イギリス人がナチスとの戦争をどう考え、準備したかという話であり、映画はそれに巻き込まれた人々の姿をスリリングに描いています。

アンの周りで起きる乳児失踪事件や殺人、そして次第にアンに危険が迫るさまが非常に不気味。





以下少しネタバレになるので未見の方はご注意ください




[READ MORE...]
【映画】スティル・クレイジー
2016年08月31日 (水) | 編集 |
u0cO0O1AdMt7J87gC8lfPIifZLL-510x765.jpg

スティル・クレイジー(1998
イギリス
原題:Still Crazy
監督:ブライアン・ギブソン
脚本:ディック・クレメント/ イアン・ラ・フレネ
出演: スティーヴン・レイ/ジミー・ネイル/ ティモシー・スポール/ ビル・ナイ/ ジュリエット・オーブリー/
 ビリー・コノリー / ブルース・ロビンソン

【あらすじ
伝説のウィズベック野外ロック・コンサートを最後に解散した人気バンド“ストレンジ・フルーツ”のキーボード トニーはウィズベック20周年記念フェスティバルに参加してはと誘われる。元マネージャーのカレンに声をかけ、メンバー招集に動き出すトニーだったが・・


【感想
伝説のロックバンド「ストレンジ・フルーツ」が解散後20年ぶりに集結し、なんとヨーロッパツアーましてしまうというロック・コメディ。

自販機の補充業や屋根葺きなどメンバーたちはバンドと程遠い職についていて、唯一音楽に携わるボーカルのレイも豪邸を売りに出だそうとしていたりと、内情はそれぞれに厳しい様子。
トニーの声かけでメンバーが集結し、テストツアーとしてリバイバルコンサートを敢行するまで比較的スムーズなのは、みんなお金が必要だから。
でも、そもそもメンバー間の確執もあって解散に至ったバンドなのに再結成して上手くいくの?
そうこうするうちに、やっぱり問題が出てくるんだな。
Still-Crazy-film-still-001-510x333.jpg
おっさんバンドのリユニオンってことで、ハチャメチャB級なものを想像してたんですが、いや~これは面白かった。

まず凄いのは架空の「ストレンジ・フルーツ」が本物のロックバンドに見えてしまうところ。
こちらが20年前

still_crazy_003.jpg


演奏はプロが吹き替え、歌はキャストが歌ってるようだけど、そのパフォーマンスがさまになるんです。
特にボーカルのレイを演じるビル・ナイは声の張りや振りのキレ具合など、怖れや緊張、開き直りなどその時々の状況でコントロールしてるのが凄い。
派手なビジュアルに哀愁が漂わせ、絶妙に間を取るあたり、今さらながらただものじゃないと思ってしまった。
still-crazy.jpg


スティーヴン・レイもコン○ーム補充業に甘んじながらも、名刺にはちゃっかり「ロックスター」と入れていたり、ジミヘンの歯をペンダントにして身に着けてたりと、彼の中にはまだロックへの情熱がくすぶってるという設定が好き。そんなレイの誘いだからこそ、みんなが集結する。
彼らの心を動かすのはロック魂であり、かつての煌きなんだというところに共感するし、何よりも歌は楽しい。
278360_full.jpg
いつしか顔を寄せあい歌う姿に、会場のみんなと一緒にノリノリになりながら泣いてましたよ。
映画が終わるころにはすっかりストレンジ・フルーツのファンでした。

ちなみにブライアン役のブルース・ロビンソンは『ウィズネイルと僕』の監督だったのね。
出番は少ないのに本物のロッカーに見えてかっこいいし、カリスマ性半端なし。

ということで、「英国男優50人斬り」今日はスティーヴン・レイビル・ナイの二人を斬りました!



ブログパーツ

[READ MORE...]
【映画】『シャンプー台のむこうに』-追悼:アラン・リックマン
2016年01月15日 (金) | 編集 |
alan-rickman-alan-rickman-20129446-435-441.jpg 

アラン・リックマン先生が逝ってしまわれた。
ハリポタシリーズも終わり、これからはきっと監督業にも力を入れられるに違いないなど勝手に思っていたのに・・
デヴィッド・ボウイと同じ69歳。早すぎますね。
今日はリックマン先生の追悼に『シャンプー台のむこうに』を観ました。

blowdryposter.jpg 

シャンプー台のむこうに(
2000)イギリス
原題:Blow Dry
監督:パディ・ブレスナック
脚本:サイモン・ヴォーフォイ
出演:ジョシュ・ハートネット  / アラン・リックマン /  ナターシャ・リチャードソン/ レイチェル・グリフィス/ レイチェル・リー・クック/ ビル・ナイ


【あらすじ
イギリスの田舎町ヨークシャーのキースリーで全英ヘアドレッサー選手権が開催されることになった。

【感想
 
アラン・リックマン先生は、息子(ジョシュ・ハートネット)と細々と理髪店を営むレイモンドを演じてます。
かつては大会で二連覇を果たしたこともある実力者のレイモンドですが、今は大会から遠ざかった状態。
同じくヘアドレッサーだった妻シェリーがヘア・モデルのサンドラと出て行って以来、仕事への意欲も失っていたのでした。

そんなレイモンドの元にシェリー(ナターシャ・リチャードソン)がやってきて、
癌に冒されているが治療を諦めたことを告げ、レイモンドにサンドラ含む家族で大会に出場しようと持ちかけるのです。
果たして大会は? 家族は絆を取り戻すのかという話ですね。

allan.jpg 

映画の見どころはリックマン先生の華麗なハサミ捌きと、大会出場者のユニークなパフォーマンス。
往年のライバルで今もカリスマ美容師として活躍するフィルにビル・ナイが扮してまして
『ラブ・アクチュアリー』のロックスターを髣髴させるドハデなパフォーマンスを披露してくれます。
でもこのフィルさん、トップであり続けるために色々ズルをしてまして、それも楽しい。

blowdry.jpg 

フィルの娘(レイチェル・リー・クック)とレイモンドの息子(ジョシュ・ハートネット)の恋物語は意外とあっさりなので
ポスターから思い描くものとは少し違いますね。
ちなみにジョシュは教会の死体のヘアカットのバイトで腕を磨いてます。

Blow-Dry-images-8988ed27-4e2f-4d3d-9ce4-cc60301bc53.jpg


リックマン先生の、妻に去られ意固地になってるオッサンという役柄は今となってはかえって貴重だったかも(笑)
大会で見せるパフォーマンスは楽しめましたが、そんな髪型にされてもなぁではありましたw

blow2.jpg
すべては死を受け入れたシェリーが遺していく家族の幸せを望んだことから始まったこと
選手権を通じて、登場人物それぞれが問題を克服していくという前向きな語り口が爽やかでした。

群像劇風になった分、個々の心理の深いところまでは描けていないのは残念ですが
それでも今は亡きナターシャ・リチャードソンはじめ、出演者の演技はみな秀逸で面白く見ることが出来ました。

リックマン先生はこれから公開になる作品が2本あるとのことで、観るのが楽しみです。


どうぞ、安らかに。



ブログパーツ

【映画】『ナターシャの歌に』トムハ祭り②
2015年07月22日 (水) | 編集 |


ナターシャの歌に(2006)イギリス
原題:Gideon's Daughter
監督:スティーヴン・ポリアコフ

トムハ祭り2本目
今日は2006年のイギリスBBC製作のテレビ映画『ナターシャの歌に』を。

あらすじ
各界の大物から絶大な信頼を得る一流コンサルタントのギデオン(ビル・ナイ)。
娘のナターシャ(エミリー・ブラント)は、母を病気で亡くして以来ギデオンとの確執を強めている。母より仕事を優先した父親を許せないのだ。
今ナターシャは学校を卒業し、大学か南米に行くかの選択をしようとしている。
一方ギデオンは、事故で幼い息子を亡くしたステラと出会い・・


感想
タイトルロールのナターシャにエミリー・ブラント、父親ギデオンにビル・ナイ
ギデオンが出会う女性ステラにミランダ・リチャードソン


一流コンサルタントのギデオンは、人生の岐路に立つ娘のナターシャが、
完全に自分の人生から立ち去ろうとしていることに戸惑っている。

ことさらに彼を動揺させるのが、ナターシャが卒業のステージで歌った「パパ」という歌。
ギデオンはナターシャに憎まれる理由も分かっていて、それを受け入れるしかないのだけど、
彼はナターシャを本当に失うのではないかとの思いに駆られ、落ち着かないのです。
そんな折、ギデオンはステラと出会い、快活に見えて実は深い喪失の悲しみを抱えたステラと互いの傷を癒しあうようになる。



色んな形の喪失や親子の絆が描かれ、心を動かされます。
ただ、ギデオンのセレブ相手のコンサルタントという仕事になじみがないこともあり、
レッドカーペットなどの場面が挟まれる前半部分に頭の整理が出来ず、乗り遅れるのが難点。

あと、ミレニアムやダイアナ妃の死などイギリスのイベントが織り込まれる意味合いも分かりにくかったんですが、
監督は主人公を取り巻く時代背景や、それがどう影響しているかということに興味のある方なんでしょうね。
前半部分をあとで見直すと色々発見がありました。

終盤、ナターシャを探して奔走するビル・ナイの姿が印象的。
親子の確執って、どこかでけりをつけたいと思ってもきっかけがなかったりするんだろうな。
ナターシャの歌はSOS。本当は互いを求めていたんだろうと思います。
実はとてもシンプルな喪失と再生を描くドラマでした。



さて、われらがトム・ハーディはギデオンの片腕アンドリュー役で登場。
レッドカーペットの会場を動き回りセレブに配慮したり、新しい仕事の情報を仕入れて積極的に動いたりと、シャープでアグレッシブな男を演じています。
ギデオンもかつてはこうして活躍していたんだろうと思わせますね。

2005年の作品なので『Scenes of a Sexual Nature』と同じ頃だけど、
このトムハは『Scenes of~』のノエルとは別人。


トムハ萌えポイントとしては、若き野心家の眼光の鋭さと、スーツで決めた麗しいお姿。
一方で、虚実な世界に生きるアンドリューは華麗なる世界の中心にいることにのぼせているだけで、
自信家だけどまだ力は伴わない。そこがまた可愛いんですけどねw
アンドリューの野心と未熟さを絶妙に表現したトムハ、なかなかやりおるぞ。

ビル・ナイとエミリー・ブラントはこの作品でゴールデングローブ賞TVドラマ部門の主演男優賞と助演女優賞を受賞。
劇中エミリー・ブラントの歌う「パパ」が素敵でね。
『イントゥ・ザ・ウッズ』でも思ったけどブラントの美声は今後も大きな武器になるはず。動画貼っておきますね。


トレーラーはみつからなかったけど、トムハの登場シーンを集めた動画があったので貼っておきます。