映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】フローレンス・フォスター・ジェンキンス(原題)
2016年08月17日 (水) | 編集 |
florence-featured.jpg 
フローレンス・フォスター・ジェンキンス(2016
イギリス
原題:Florence Foster Jenkins
監督:スティーヴン・フリアーズ
脚本:ニコラス・マーティン
出演:メリル・ストリープヒュー・グラント /サイモン・ヘルバーク /レベッカ・ファーガソン/ニナ・アリアンダ

【あらすじ
夫の舞台に脇役で出演する富豪のフローレンスは、長年の夢だったオペラ歌手に挑戦!

【感想
『クィーン】のスティーヴン・フリアーズ監督の新作、メリル・ストリープ主演のコメディ・ドラマです。
今回メリルが演じるのは、実在した有名なオペラ歌手フローレンス・フォスター・ジェンキンス
どう有名かというと、客も思わず吹き出すような音痴だけど自分ではそうとは知らず、かのカーネギー・ホールの舞台に立った人だそうです。

と聞いて「あれ?」と思う方も多いでしょ。
そう、カトリーヌ・フロ主演のフランス映画『偉大なるマルグリット』は同じ実話をもとにしてるんですね。
489465848.jpg 

本作でまず光るのは、メリルの歌声ですね(笑)
もともと声楽も学んだメリルは声もしっかり出るし歌も素人にしてはうまいわけで
下手に歌うというのは逆に難しいでしょ。
それでも絶妙に音を外し、笑いを取るなんてなかなかできることじゃないはず。

しかも、天真爛漫なメリルの歌は、思わず吹き出してしまうことがあっても決して不快じゃない。
歌うことが楽しくて仕方ないというパフォーマンスに、映画の観客も、私たちも思わず笑顔になって
いつしか心から歌を楽しんでる。
本物のジェンキンスさんもきっとこうだったんだろうな、と思わせるところがメリルのすごさであり
フリアーズ監督の演出力でしょうね。

ただし、おそらくは伝記とうこともあって正直に描いたであろう夫婦の機微には
少々寂しい部分もあって、楽しいだけの物語ではない。
でも、光と影があるからこそ、泣いて笑える映画でした。Florencefirststill-large.jpg
ジェンキンスの夫役にヒュー・グラント
実は音痴でみんなに笑われているという事実を妻が気づかないように奔走する優しい夫ですが・・
優柔不断さはそのままに、でもシニカルなちゃらんぽらんさが消えておやじになったヒュー様は人間に丸みが出ましたね。

_89587498_simon_cosme.jpg 

本作で一番光っていたのは、ピアニスト役のサイモン・ヘルバーク
可笑しみとペーソスとやさしさをいい具合にブレンドしたキャラが際立って、彼がすごくよかった。
ピアノも実際に弾いてます。

そのサイモンさんが、映画が始まる前に「エンドロール後にカーテンコールでメリルとヒューと僕の話があるよ」と異例の予告。
いつもはエンドロールが始まるや入り口に清掃員が立って待ち構えるもので、普段はゆっくりエンドロールを観ることができにくいんですが、今回はみんな(2/3くらい)でエンドロールを見るといういつにない体験ができて新鮮でした。一度トイレに立った人まで戻ってきたりしてね。これも映画を楽しめたからこそ。
サイモン・ヘルバークを気に入ったからこそだと思いました。

こちら本物のフローレンスさん
tumblr_o9l33c42lv1tm3jaqo1_1280.jpg

メリルのメイクはやりすぎですね。

日本公開はいつかな

ブログパーツ






[READ MORE...]
【映画】Re:Life ~リライフ~
2016年01月08日 (金) | 編集 |

The-Rewrite-movie-poster.jpg 

Re:Life ~リライフ~
(2014)アメリカ
原題:The Rewrite
監督:マーク・ローレンス
脚本:マーク・ローレンス
出演:ヒュー・グラント/ マリサ・トメイ/ ベラ・ヒースコート/  J・K・シモンズ/ クリス・エリオット・/ アリソン・ジャネイ

【あらすじ
若くしてアカデミー賞脚本賞を受賞するも、その後はヒット作とは無縁のまま15年。脚本家キースはやむなく大学のシナリオコースの講師の職を得るが・・。

【感想

人生に行き詰ったおちこぼれ脚本家が、大学でシナリオライターの卵たちと交流するうち人生を見つめなおすことになるというヒューマンドラマ。監督は『トゥー・ウィークス・ノーティス』『ラブソングができるまで』『噂のモーガン夫妻』と監督作品の全てにヒュー・グラントを主演に起用し、今回4度目のタッグとなるマーク・ローレンス。
どんだけおヒューのことが好きなの~?お顔まで似てます(笑)


Marc-Lawrence-and-Hugh-Grant.jpg

ヒュー・グラント演じるキースは、アカデミー脚本賞を受賞するもその後15年もヒット作がなく
電気も止められ、やむなく大学の講師の仕事を引き受けます。
ハリウッドから遠く離れ、NY北の田舎町で生徒と交流するうち、
最初はやる気のなかったキースに映画やシナリオへの新たな情熱が沸き起こってくるんですね。

久々に主演作品でお目にかかるヒューは、飄々ダメダメで、でも憎めない中年男が相変わらず嵌ります。
落ち目の脚本家という役柄が本人にもかぶる気がしてしまうし
主人公に人生を見つめ直させるという展開も、ヒューを知り尽くしてるだろう監督が脚本も手がけていると思うと
余計に哀愁や愛情を感じますね。


自信をなくし自分の心の奥の傷に触れられないように、心のないジョークでごまかしたりしていたキースが
生徒の一人、シングルマザーを演じるマリサ・トメイの前向きさにより
自分に素直に向き合い、次第に生き生きと変わっていくところが気持ちいい。
生徒の脚本の素晴らしさをちゃんと認める鑑識眼や映画愛は本物なのも嬉しかった。

the-rewrite-jk-simmons-hugh-grant-chris-elliott.jpg
皺が増えても変わらずキュートなマリサや、
鬼教師フレッチャーとは打って変わって、涙もろく温厚な学年長を演じたJKシモンズ等
共演陣も上手いところそろえてますね。

終盤、あーそっちいっちゃうのかぁと軽く落胆させるかに見せて
最後には自分のプライドと最高の形で向き合わせる筋書きに満足。

キースの過去作からの台詞の「引用」も心に響くものでしたが
有名な映画からの引用ももっとあると、映画ファンはより楽しめたかも。


ブログパーツ
[READ MORE...]