映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】『6才のボクが、大人になるまで。』
2015年01月09日 (金) | 編集 |

boyhoodposter.png
6才のボクが、大人になるまで。(2014)アメリカ
原題:Boyhood
監督:リチャード・リンクレイター
出演:パトリシア・アークエット/エラー・コルトレイン/ローレライ・リンクレイター/イーサン・ホーク 
 

テキサスの田舎町に住む6歳の少年メイソンは、母のオリヴィアと姉サマンサとの3人暮らし。父親のメイソン・シニアは離婚してアラスカに放浪の旅に出てしまい、シングルマザーとなったオリヴィアは大学への入学を決意し、メイソンとサマンサを連れてヒューストンに移り住む。


リチャード・リンクレイター監督
6歳の少年とその家族の12年にわたる軌跡を綴るのに、同じキャストで同じ年月をかけて撮りあげた作品。
ちっちゃかったメイソン(エラー・コルトレイン)が段々と大きくなって、お母さん役のパトリシア・アークエットがおばさんになっていく。
家族のアルバムを一緒にめくっているような、不思議な鑑賞感。

このどう考えても地味な作品がオスカー最有力とされるのは、家族の12年に、観るものが自分の思い出を重ねるからかな。メイソンの遊びや親子の会話などあるあると思うことが多くてニマニマしたし、それらが郷愁ともなってキュンとする。

原題がboyhoodであるように、本作はメイソンの成長を描く作品には違いないけど、同時にメイソンを取り巻く家族の物語でもあって、子供と親、相互の関係やそれぞれの変化が繊細に描かれているのが素晴らしいんですよね。

boyhood2.jpg

なかでも良かったの母親役のパトリシア・アークエット
イーサン・ホーク演じる自由人の夫に見切りをつけ、大学に行きなおして社会的に自立し子供を育てる母親。再婚に失敗し途方にくれ、結果的に子供に苦難を強いることもあるけれど、いつだって子供たちに何が一番いいのかを懸命に考えて懸命に生きてる母がそこにいて、大きくなった子供たちもそんな母をちゃんと理解してるところに胸が熱くなった。

boyhood3.png

離れてはいるけれど要所要所で大事な助言をして、父親の責任を果たそうと頑張るイーサンもいい。
自由人ゆえに家庭を捨てた彼も、12年経って落ち着いて、新しい家庭の父親に納まる
車も変わり、メイソンの卒業祝いにはちゃんとスーツで現れるところに、彼の変化をきちんと描いているところが微笑ましかった。

多分これを観たら自分の親に感謝の気持ちがわいてくると思う。
いい作品でした。