映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】『アイ・イン・ザ・スカイ(原題)』アラン・リックマン遺作のドローン戦争映画
2016年04月05日 (火) | 編集 |
eyeposter.jpg 

アイ・イン・ザ・スカイ(2015)
イギリス
原題:Eye in the Sky
監督:ギャヴィン・フッド
脚本:ガイ・ヒバート
出演:ヘレン・ミレンアラン・リックマン/アーロン・ポール/ バーカッド・アブディ
日本公開:2016 

 【あらすじ
英国軍大佐キャサリン・パウエルは、ナイロビの爆弾テロ事件の犯人を捕らえるべく、遠隔操作による偵察を指揮している。犯人の拠点と目星をつけた建物で決定的な瞬間を迎え、空爆の指示を仰ぐパウエルだったが・・
 
【感想
アラン・リックマンの姿を見れる最後の作品ということで劇場に駆けつけました。

Eye-in-the-Sky-Movie-Wallpaper-25.jpg 

ドローンを使った最先端の戦争を描く軍事スリラーというと、『ドローン・オブ・ウォー』が記憶に新しいですが
今回はさらに小さな昆虫型ドローンなんかも登場して、技術の進歩に単純にビックリ。

『ドローン・オブ~』では劇中何度も何度も空爆するシーンがあったけど、今回はなかなかスイッチを押さない。

予告にもあるので書きますが、
彼らが空爆にゴーサインを出さないのは一つには、幼い少女がターゲット内にいてどいてくれないから(汗)・・

監督上手い!と思うのは、フラフープをする少女の姿をドローンが早くから捉えていて、緊張した司令室の中でその子がオアシス的存在になっているというシチュエーションを最初から作り上げていること。
誰もその子を巻き添えにしたくないし、観客もその子の無事を祈らずにおれず、緊張感にも拍車がかかります。
しかし一人の少女を救うことで数百人の市民の命が奪われるとしたら・・
さて軍はどういう決断を下すのかという作品ですね。
eye.jpg 

ともすれば会議室の討論会になりそうなところを、ケニアの現場のアクションや、役者のリアクションなど
ときにブラックユーモアを交えた見せ方で飽きさせません。
『キャプテン・フィリップス』で海賊を演じた バーカッド・アブディがナチュラルな演技で現場の緊張を盛り上げて最高。
一発屋じゃなかったことを証明しましたね。またオスカーノミネートもあるかも。


EyeInTheSky_EITS_00534_R_rgb.jpg 

長年追ってきたテロリストのアジトを掴み、米国の協力を得てドローン偵察を指揮するパウエル大佐を演じたヘレン・ミレン
脚本の時点では男性が想定されていたというこの役にヘレン・ミレンを抜擢した人選の素晴らしさ。
強さと冷徹さの中に女性ならではの優しさもあってかっこいい。
ピアスに薄ピンクのマニキュアも仕事が出来れば男女平等というあえてもの演出でしょう。
「これまでで一番飾り気のない衣装だわ」と仰ったらしい迷彩ユニフォームだってお似合いですから!

アラン・リックマンも台詞の絶妙の間(ま)に上手さが光ります。
知性とユーモアがあって、シニカルだけど確固とした信念を持ち誠実な軍人を
威厳を前面に出したステレオタイプにせず、ナチュラルに演じきったリックマン先生に惜しみない拍手を送りたい。
その美声ももっともっとお聴きしたかった。
ミレンさまとリックマン先生のライン(じゃないってw)のやり取りにも萌えました~。

監督は『ツォツィ』『国家誘拐』のギャヴィン・フッド。後で知ったのだけど中佐役で出演もしています。

最後の判断をくだすまでの過程にモラルや政治的な建前等、現代の戦争の様々な側面を描いてみせるところが非常に知的でスリラーとしても面白い映画でした。







ブログパーツ


【映画】 キャプテン・フィリップス
2013年10月19日 (土) | 編集 |



今日はポール・グリーングラス監督の『キャプテン・フィリップス』
トム・ハンクス主演で、2009年に起こった海賊船による貨物船人質事件を描く
実話ベースのサスペンスドラマです。
キャプテン・フィリップス(2013)アメリカ
原題:Captain Phillips
監督:ポール・グリーングラス
出演:トム・ハンクス/キャサリン・キーナー他
日本公開:2013/11/29
開催中のTIFFのオープニングを飾った作品ですね。 
早くから予告編が流れていて、正直もう観なくてもいいんじゃないかという気になってたけど
いやこれは観て正解だった。

実際に人質となった船長リチャード・フィリップ氏が書いた小説を原作とする本作、
海賊との攻防にドキドキし、救出劇に手に汗握る極上のスリラーに仕上がっています。

緊迫の中にあって、キャプテンとパイレーツの青年との間に小さな絆が生まれるのがいいんですよね。
人は人の親切を忘れないのだという描き方に癒されます。
思えばパイレーツにならざるを得ない若者の切羽詰った思いも悲しい。
だからこそ、海軍特殊部隊ネイビーシールズの仕事の鮮やかさには感心しながらも、
もやもやしたものが残ってしまう。
観客に考える余地を与えるのも、ポール・グリーングラス監督のうまさでしょう。
ラストシーンにはとめどなく涙が出ました。




キャプテンは20人のクルーの安全と引き換えに自ら人質となることを申し出たわけで
言ってみれば、ヒーロー。
しかし、あるインタビュー動画によると、氏はソマリア海域のパイレーツの存在を危惧する団体から
航路の変更を求めるEメールを受け取っていながら、それに従わなかったとのこと。
もしも指示に従っっていたら、事件は起きなかったのではないか。
原作は読んでないので分からないのだけど、少なくともポールグラス監督あるいはトム・ハンクスは、
あの涙に、「あるべき」後悔の念も表現したのではないかな。

体を張ったトム・ハンクスの演技も申し分なし。
パイレーツのリーダーを演じた無名の役者 バーカッド・アブディの演技もよかった。
見ごたえのある一本でした。

ちなみに、一緒に観に行った友人は、揺れるカメラ映像に撃沈しあえなく退場。
酔い安い方はご注意ください。
結局私は一人寂しく貸切で観たのでした。やっぱりこの映画館潰れるな(汗)