映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】『カムバック!』ニック・フロストがサルサでキレキレ!
2014年10月12日 (日) | 編集 |



タイトル(原題も)に地名が使われてる映画も観ていきます。
今日も南米方面、キューバに行ってみましょう・・。ってキューバが舞台じゃないけどね。
キューバが発祥地のひとつとされるサルサダンスが主役の映画です。
カムバック!(2014)イギリス
原題:Cuban Fury
監督:ジェームズ・グリフィス
出演:ニック・フロストラシダ・ジョーンズ/クリス・オダウド/イアン・マクシェーン/オリヴィア・コールマン
日本公開:2014/10/25
 
かつて天才ダンス少年として脚光を浴びたブルースも、いまや冴えないメタボサラリーマン。
しかし、そんな彼の前に現れた新任美人上司が、ブルースのラテン魂に火をつけた。



『ショーン・オブ・ザ・デッド』などでおなじみのニック・フロストが原案、主演、製作総指揮を務め、イギリスのテレビシリーズを手がけるジェームズ・グリフィスがメガホンをとったブリティッシュ・ラブコメです。

ニック・フロスト演じるブルースは、かつて天才サルサダンサーとして名声を得ながらも、ある事件を機に13歳でダンスをやめてしまった男。
いまやすっかりメタボで冴えない日々を送る彼の前に現れるのが、新任上司のジュリア(ラシダ・ジョーンズ)。
自分には手の届かぬ存在と思いながらも、ブルースの中でジュリアの存在は大きくなるばかり。
同僚のドゥリュー(クリス・オダウド)がジュリアゲットを宣言する中、偶然ジュリアがサルサに嵌ってることを知ったブルースはサルサを武器に恋敵に挑むことを決め、かつてのコーチを訪ねるのだった。
ブルースはサルサを踊れるようになるのか、ジュリアとの恋の行方は・・という話。

ダンス映画は数あれど、主人公がこんな太ってるのは珍しいんじゃないでしょうか(笑)
そもそも、ニック・フロスト主演のラブコメを観ることになるとは夢にも思いませんでしたがw
これが意外にも、ダンス映画としてもラブコメとしても上々。
サイモン・ペッグのお供的な存在だったニックも単独で主演を張れるんだとアピールできる一本に仕上がってます。



巨体を揺らしてサルサのステップを踏むニックのインパクトは大きく、それだけでも大うけ
しかし、作り手は主人公の欠点をメタボというところには置いてないようで
ブルースがダイエットを決意するなんて部分は皆無。
彼は純粋に自分の得意分野で勝負すべく、自らのトラウマに挑むわけ。
太っていようがダンスを華麗に踊れればいい。肝心なのは中身だよと言う描き方が潔いのです。

サルサダンスシーンはノリノリで爽快。
恋敵とのサルサ喧嘩シーンなどはちょっと笑えます。

ブルースが恋するアメリカ人上司に『セレステ∞ジェシー』のラシダ・ジョーンズ
ブルースの姉を演じたオリヴィア・コールマンのダンスが見事。でもラストの決めにはちょっと引くかなw
ニック・フロストのダンスは女性陣に助けられてる感はあるものの十分頑張ってます。
恋にも友情にも誠実な主人公を好演してましたよ。やるもんだな。
ブルースの成長が、彼のトラウマに関わる人々のわだかまりを溶かしていくのもよかった。
コメディとしては大笑いとまではいかないものの、シモネタオンパレードなハリウッドものよりもずっと上質と思える作品でした。

それにしても、毎日7時間ダンスの練習をしたらしいというのにニックがあまり痩せてないのはどういうわけだ。
サルサでは体重を落とせない?悲報ですな。



スポンサーサイト
エドガー・ライト監督『ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!』
2013年08月24日 (土) | 編集 |



エドガー・ライト監督のSFアクション・コメディ。
『ショーン・オブ・ザ・デッド』『ホット・ファズ』とあわせて3部作の完結編とされる一本です。
ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!(2013)イギリス
原題:The World's End
監督:エドガー・ライト
出演:サイモン・ペッグ、 ニック・フロスト、 パディ・コンシダイン、 マーティン・フリーマン、 エディ・マーサン、 ロザムンド・パイク
日本公開:2014年春
 【ストーリー】
青春をともに過ごした仲間5人が、ゲイリー(サイモン・ペッグ)の呼びかけで20年ぶりに集まった。
いまや中年の彼らがやろうとするのは、かつて完遂することが出来なかった12軒のパブ・マラソン。
しかし、その頃街ではとんでもないことが起きていて・・

いや~、面白かった。




今回お馬鹿5人組を演じるのは、おなじみサイモン・ペッグニック・フロストに加え、パディ・コンシダインマーティン・フリーマンエディ・マーサンという顔ぶれ。

最初は気乗りのしなかった面々も一旦集まると、じきに昔の心が蘇る
お酒が入り、徐々によっぱになる様子が楽しくて、ニマニマしながら見ちゃいます。

でもエドガー・ライト監督作品だからね、ただの同窓会で終わるはずがない。
最後のパブの名前がThe World's Endということから想像つくと思うのだけど
久々に帰った故郷なのに、何だか変・・と気づくときには、街はどえらいことになってる
でも発起人のゲイリーにはある思いがあって、何が何でもゴールを目指したいわけですね、はい。

今をときめく中堅どころの共演陣が脇をがっちり固め、それぞれのキャラが輝いてる。
体を張ったギャグやアクション、未知なる敵の思いがけない動きなど
オーソドックスから新鮮なものまで、笑いの要素満載。
加えて、友人たちがみな仕事や家庭を持ちしっかり生きてるのに、一人取り残される40代男の悲哀など、センシティブな部分も描かれ、可笑しいだけのコメディに終わってないのがいい。
サイモンとニックの友情の描き方にはしんみりさせられました。三部作の最後と思うと余計にね。

ただ、サイモン演じるゲイリーの初心はどう貫徹されたのか、顛末は目標に見合ったものだったのかなど、やや曖昧な描き方になっているのは残念かな。

とはいえ、SF要素は痛快で、ホラーの名作へのオマージュにもニンマリ
アポカリプトを描くものとしては、その完結の仕方に監督の優しさを感じます。
下ネタ頼りのハリウッドコメディとは格の違いを見せ付ける一本ですね。


      

トラックバック一覧

  1. 1. 「ワールズ・エンド」はジョン・カーペンターファンの私にうれしい映画、面白い。

    • [今昔映画館(静岡・神奈川・東京)]
    • April 26, 2014 15:43
    • 今回は新作の「ワールズ・エンド」を川崎チネチッタ5で観てきました。消費税の増税に伴い、映画のプログラムが値上がりしていました。まあ、仕方ない部分もあるのですが、3%から5%になったときにこういう端数の出る値上げをしたっけかなあ。 1990年、イギリス郊外の
  2. 2. ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!

  3. 3. ワールズ・エンド/酔っぱらいが世界を救う!

    • [いやいやえん]
    • October 16, 2014 08:47
    • 【概略】 学生時代に達成できなかった“ひと晩に5人で12軒のハシゴ酒”をするべくイギリス郊外の街に戻って来たアラフォー男たち。だが、街の人々は何者かに操られており…。 SFコメディ 「ショーン・オブ・ザ・デッド」「HOT FUZZ/ホット・ファズ -俺たちスーパ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。