映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】リベンジ・トラップ/美しすぎる罠
2016年05月29日 (日) | 編集 |
アトランダム映画祭」のっかり特集2本目
今日は勝手に非コンぺ作品
ロザムンド・パイク主演の日本未公開(ソフトあり)のサスペンスです。



Return-To-Sender-Banner-image.png 


リベンジ・トラップ・美しすぎる罠(2015)
アメリカ
原題:Return to Sender
監督:フアド・ミカティ
脚本:パトリシア・ビーチャム/ ジョー・ゴセット
出演:ロザムンド・パイク/シャイロー・フェルナンデス/ニック・ノルティ 
日本未公開


【感想
優秀なナース、ミランダ(パイク)はある日訪ねてきた若い男にレイプされてしまう。

Return-to-Sender-Rosamund-Pike-Shiloh-Fernandez.png  


レイプ犯はまもなく捕まり収監されるが
何故かミランダは獄中の犯人に手紙を送り続ける。
しかし犯人は受け取りを拒否し、手紙は「送り主に返送されたし」とスタンプを押され舞い戻る・・・

そこから原題の「Return to Sender」となるわけですが
「何故か」とあおってみる私の努力も、この邦題によってあえなく粉砕されますよね(笑)
なにこの豪快なネタバレ

まぁね、二匹目のドジョウ狙いで『ゴーン・ガール』のロザムンド・パイクを起用しただろうことは想像に難くなく
観る方としてもそれは覚悟のうえでロザムンド嬢の怪演に期待してみてるわけだから、
ネタバレでもいいっちゃいいんですが・・
問題は内容です。

untitled.png 


ロザムンド嬢はいいですよ。やっぱり怖くて。
ほぼ予測通りにことが運ぶのもある意味すがすがしい。
でももう少し面白くなれた気がしてならないんだなぁ。


ミランダの潔癖症はどこから来たのかとか、母親との関係とか、
邦題がこれなんで言っちゃいますが、
それらが彼女のリベンジにどう係わってくるのかを掘り下げれば確実に映画は深みを増すはずなのに
こうした伏線になりそうな部分がさらりとスルーされていくのが歯がゆい。
全体にテンポも遅くなかなか次のアクションに移らずじれったいし。
エンディングを観客に任せているのも、なんだかなぁ
と、だめだししてしまったけど
ロザムンド嬢の演技は勿論、彼女の抜群のプロポーションや
ウィリアムのお気の毒さ、あと、ひねりがなさすぎて笑いを誘うところが見どころかな。

レイプするのも相手を選ばないとえらい目のあうという教訓ですね。
でも、リベンジはもっと盛大にやってほしかった(笑)

監督はフアド・ミカティ・・
ミキティじゃないよ(笑)


ちなみにこの「Return to Sender」は
私も前の住人の手紙が届いたときなどによく使ってました。



ブログパーツ
ナイトウォッチ
2013年05月10日 (金) | 編集 |




 

ナイトウォッチ(1997)アメリカ
原題:Nightwatch
監督: オーレ・ボールネダル
出演:ユアン・マクレガー、ジョシュ・ブローリン、ニック・ノルティ、パトリシア・アークエット、ジョン・C・ライリー

サム・ライミ製作で話題の新作『ポゼッション』のオーレ・ボールネダル監督の代表作。デンマークでのデビュー作『モルグ』をハリウッドでセルフリメイクした作品です。

大学院生のマーティンは(ユアン・マクレガー)、恋人(パトリシア・アークエット)の反対を押し切って死体安置所(モルグ)のバイトに就く。そんなある日、誰もいないはずのモルグでけたたましい非常ベルの音が鳴る・・・。

モルグでバイトを始めた青年が事件に巻き込まれる様を描くサスペンススリラーです。

冒頭、酒場で談笑する主人公とその友人たちのバックでは、殺人事件のニュース。
検察官のニック・ノルティがメディアのインタビューに答えている。

やがて迎えるモルグでの仕事。
誰もいないはずのモルグに響く風の音や非常ベルなど、監督のオーレ・ボールネダルは「音」やでスリルを煽ってきますね。勿論その音に反応するユアンのオドオドの演技も恐怖を共有するのに効果的。
過剰とも思える効果音とBGMで派手めなサスペンスを演出しつつ、ユアンの周りで起きた娼婦殺人事件の犯人に迫るミステリーでもあります。

残念ながらカルトと評判のオリジナルの『モルグ』は未見で、比べられないのだけど、舞台が死体の転がるモルグというだけでも怖そうな雰囲気は満点で、飽きることなくスリルを楽しみました。

モルグでの警備の前任者のじいちゃんがまたいい感じに怖いですがw
彼からの引継ぎに、その後に活躍するアイテムがいっぱい詰まっているのも上手い。
ただ「ラジオ」については、不気味な物音を聞く恐怖をかき消したり、BGM的な仕事をすることのほかに、何かきっと役割があるだろうと睨んでいたのだけど、特別なかったような。見逃したのかな。





窓越しや、人体のパーツの入った水槽からのショットなど、恐怖の対象を強調する映像も面白い。
終盤はありがちなアクションスリラーな展開になりますが、ここにきてジョシュ・ブローリンが活躍するというシナリオもいい。
ユアンの親友であるジョシュは前半から退廃的な空気を醸しだす青年で、恋人との関係も冷ややか。それでいてチンピラに喧嘩を売ったり、なにか刺激を求めてるんですよね。事件に巻き込まれる原因を作ったこともあり、ユアンの救出に必死になるジョシュ。大きな代償を払いつつも、最後に憑き物がとれたようにスッキリとした表情を見せるジョシュが印象的で、彼の成長物語という締め方が良かったですよ。

オリジナルも観てみたい!