映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ
2016年09月10日 (土) | 編集 |
 
genius_0.jpg
ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ(2016 イギリス/アメリカ
原題:Genius
監督:マイケル・グランデージ
脚本:ジョン・ローガン
出演:コリン・ファース
 ジュード・ロウ  / ニコール・キッドマン/ ローラ・リニー /ガイ・ピアース
日本公開:2016/10/7

【あらすじ
アーネスト・ヘミングウェイやF・スコット・フィッツジェラルドら世界的な作家を世に出した編集者マックスウェル・パーキンズは無名の作家トマス・ウルフに才能を見出し、出版を約束する。

感想
ジュード・ロウコリン・ファースがダブル主演で実在の作家と天才編集者を演じる伝記ドラマです。
ガイ・ピアースがF・スコット・フィッツジェラルド役で登場するので、今日は英国男優3人斬りね。

ジュード・ロウ演じるのはアメリカの小説家トム・ウルフ。知りません(汗)

長けりゃいいってもんじゃないのは顔だけじゃない。
ウルフの持ち込む原稿は莫大な量(しかも手書き)で、どこの出版会社からも相手にされない。
でも名編集者マックスウェル・パーキンズだけはウルフの文に目をとめるんですね。
そこから出版に向けての長い長い道のりが始まります。
genius.png


編集といってもパーキンズが勝手に手直しするわけではなく、真の言葉を導きだすウルフとの共同作業。ダラダラ説明に終始した文が洗練された美しいフレーズに生まれ変わるシーンにはワクワクしました。
名作もはじめから傑作なわけではないですね。

自分で書く力もあっただろうにそうせず、埋もれた才能を開花させることに人生を捧げるマックス。エキセントリックで、できればお近づきになりたくないタイプのウルフに家庭を犠牲にしても固執するのは、その才能を確信しているから。
ウルフの原稿を読むときの至極の表情で、文学への静かな情熱を表現するファースの素晴らしいこと。

こんな暑い・・もとい熱いジュードを観るのはたぶん初めてで、俳優としてのジュードの変化も感じました。

Jude-Law-and-Colin-Firth-in-Genius-1080x675.jpg
この表情。心を通わせていく二人に言葉はいらないっていうね。


本作が初監督というマイケル・グランデージは舞台の演出家として活躍する方らしく、ウルフと愛人役ニコール・キッドマンのやり取りなどには舞台風な演出も見て取れます。
でもいったんカメラが外に飛び出すと、雰囲気は一転。
セピア色に彩られた20年代から40年代のニューヨークが、舞台ではどうしても表現できないだろう重厚さとスケールで映し出され、圧巻なのですよ。
ジャズをはじめとする音楽も本当に素晴らしく、映像と音楽だけでも「いい映画を観た!」という気にさせてくれる。

マックスの妻を演じたローラ・リニー、ウルフの愛人役ニコール・キッドマン、フィッツジェラルド役のガイ・ピアースもいい。精神を病んだ妻を支えるため小説家活動に没頭できなかったフィッツジェラルドのことなど、有名作家にまつわるエピソードも文学好きにはたまらないでしょう。

これしみじみよかった。
監督は今年のトップ10入り確実です。


ブログパーツ


[READ MORE...]
スポンサーサイト
【映画】 レイルウェイ 運命の旅路
2014年05月30日 (金) | 編集 |




ギャンドルちゃん特集は来月に向けてボチボチいきます。
今日は劇場鑑賞してきたこんな一本を
レイルウェイ 運命の旅路(2013)オーストラリア/イギリス
原題:The Railway Man
監督:ジョナサン・テプリツキー
出演:コリン・ファース/ジェレミー・アーヴァイン/二コール・キッドマン/真田広之/石田淡朗/ステラン・スカルスガルド
 
【ストーリー】
元英国人兵士のエリック・ローマクス(コリン・ファース)は列車の旅でであった女性(二コール・キッドマン)と恋に落ちまもなく結婚。しかしエリックはあるトラウマを抱えていた。


第二次世界大戦中、日本兵の捕虜となった元英兵エリック・ローマクス氏の自伝『泰緬鉄道 癒される時を求めて』をもとに映画化されたヒューマンドラマ  




太平洋戦争中、日本兵は物資輸送のためタイとビルマを結ぶ鉄道の建設に乗り出し、連合軍兵士を捕虜とし建設を手伝わせたんですね。過酷な労働と拷問が国際的に問題になったとのこと。
コリン・ファース演じるエリックもシンガポール陥落時に日本軍に捕らえられ拷問を受けた過去を持ち、戦後も数十年間に渡り悪夢に悩まされています。
そんなエリックを心配した妻の存在が、彼をトラウマに立ち向かわせることになり
悪夢に登場する日本兵の通訳永瀬(真田広之)の生存を知ったエリックは、永瀬に会うことを決意するのでした。


 何の情報も得ないまま友達と観にいって、劇場鑑賞したことを後悔してしまいました(汗)
日本人としてはとにかく居心地が悪く、せめて一人で観たかった。

 自伝が元ということで、エリック視線で物語は進み、彼がいかに過酷な拷問に耐え
心を病んできたかが嫌と言うほど描かれるわけです。
もちろん真実を知り、過去の過ちを受け止めることは必要だと思うのだけど
日本=悪とした一方的な視点には違和感を感じてしまって・・あかんかった。

 さらに、鑑賞後にこんなレポート(英語)を発見し、再会のシーンは映画を盛り立てるための
作り事だったことを知って、それも納得いかないんですよね。



 コリン・ファースはじめ主要キャストの演技はよかったし、実在の人物としての永瀬氏の戦争を伝えるという精神にも日本人として心を動かされます。
人は悲しみを断ち切れるということを主眼に、戦争のトラウマを抱えたもの同士の和解の物語を個人レベルで描いた作品と捉えれば感動もできるし、実際終盤は涙も流れたのだけどね。
従軍慰安婦問題はじめ、日本の歴史認識が問われる昨今ゆえ、どうしても過敏になり
「赦し」のシーンを素直に受け入れることができなかったのは残念です。

繊細なテーマなだけに、和解の過程を事実に沿って丁寧に描いて欲しかった。

ポスターの雰囲気も随分違いますね










ペーパーボーイ 真夏の引力
2013年02月04日 (月) | 編集 |



ペーパーボーイ 真夏の引力
(2012)アメリカ
原題:The paperboy
監督:リー・ダニエルズ
出演:ザック・エフロンマシュー・マコノヒーニコール・キッドマンジョン・キューザック、デヴィッド・オイェロウォ
7/27 公開決定




理想に燃える記者のウォード・ジャンセン(マシュー・マコノヒー)は、記者ヤードリー(デヴィッド・オイェロウォ)と実家で新聞配達を手伝う弟ジャック(ザック・エフロン)とともに、白人保安官殺害事件の調査を開始する。3人は恋人の無罪を信じる恋人のシャーロット(ニコール・キッドマン)を伴い、容疑者ヒラリー(ジョン・キューザック)と刑務所で接触を試みる・・。

保安官殺人事件の真相を追うミステリー小説をもとに
『プレシャス』のリー・ダニエル監督が、エロとバイオレンス溢れるスリラーとして仕上げた一本。

これね、今のとこ日本未公開だし、あまり世間の評価も良くないので
裏ブログで取り上げようと思ったんですが、観てみたら凄く面白いんで驚いてます。

まず凄いのがニコール・キッドマンですなぁ。
ケバいバービー人形のようないでたちで、エロを炸裂させるニコールは
役作りのために囚人を恋人に持つ5人の女性と会って話を聞き、イメージを作りあげたのだとか。




刑務所でヒラリーと面会する序盤で、ジャンセン兄弟とヤードリーの男三人のいる中、
ヒラリーのリクエストに応じ、脚を開きフェラの口真似wをするニコールには度肝を抜かれました。
海でくらげに刺された設定のザック君にオシッコをかけるシーンも実際にやってるようでちょっと引く。シャーロットは自分に正直で、ストレートに行動する女性。
そんなシャーロットに惚れてしまうのがペーパーボーイのジャック(ザック・エフロン)なんですね。

映画はヒラリーの証言を確かめるため、舞台を南部に移動する。
そこに60年代の緊張を盛り込みつつ、ジャックのシャーロットへの恋心が引き起こす事件を
スリリングに描く手法。

監督は製作予定だったマーティン・ルーサー・キング・Jrの映画が予算の都合でおじゃんになったこともあり、黒人差別問題を本作に盛り込んでるわけなんですが、そのことで保安官殺人のミステリーがおざなりになり、主眼がとっちらかった感は確かにあります。
けれども、この人がここまで!?という、キャストそれぞれの演技に圧倒されるし
今後カルト的な存在になっていく気がしますね。

危険な男ヒラリーに惚れて、人生を狂わす哀れな女を演じたニコールは
SAGで助演女優賞にサプライズ・ノミネートされました。

日本公開、もしくはソフトリリースを強く希望します。

★★★★

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。