映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】レフンよどこへ行く『ネオン・デーモン(原題)』
2016年07月01日 (金) | 編集 |
1_jUNDeTEvI8L-iWHG0NnPrA.jpg 
ネオン・デーモン(2016)
フランス・デンマーク・アメリカ
原題:The Neon Damon
監督/脚本:ニコラス・ウィンディング・レフン
出演:エル・ファニング/ジェナ・マローン /キアヌ・リーヴズ/アビー・リー/ ベラ・ヒースコート

モデルになるためロサンゼルスにやってきた16歳のジェシ―は才能を見出され・・


【感想 
『ドライヴ』のニコラス・ウィンディング・レフン監督の新作
エル・ファニングが新人モデルを演じて話題のスタイリッシュ・ホラーな一本です。
1_lWLSJ8EMA-UMqr5xka3lug.jpg 

田舎から出てきた女の子が才能を見出され、周囲の妬みを買うというきわめてシンプルなお話です。
悪く言えば、シンプルすぎて間が持たず、スタイリッシュでごまかしたという感じなんですがw
シュールな映像美が独特の個性を放つ作品になってます。
fc2blog_20160701232153216.jpg 

なんたってエル・ファニングが魅力的。
普段は素朴さもにじませるのに、メイクを施しモデルとして登場するや
無機質ともいえる画面にピタリと収まり、体温を感じさせないオーラを放つ
レフン監督の美的センスと演出の妙もあるでしょうけど、エルちゃんのただもんじゃない感が半端ない。
Screen_Shot_2016-04-14_at_3_29_10_PM_0_0.png 

そんな新人に出てこられたら、そりゃ先輩モデルは困りますわな。
でも昔のドラマにありがちな、ネチネチとしたいじめが描かれるわけではないのでご安心アレ

正直この手のカルト直行作品は一人で観たかったんですが、
出かける直前に友達から「クルクル寿司に行こう」と誘われw、
今から映画だと言ったらじゃ一緒に観るってことで3人で鑑賞。
グロいシーンで顔を覆ってるのが気になったけど、意外にも「アーティスティックだった」との感想が聞けました。

ましかし、観る者を選ぶ作品なのは間違いないでしょうね。
私は楽しめましたけど、レフン監督どこに行くんやと思わずにいられない(笑)

ラストは結構トンデモなので、嫌いな方はご注意ください。
って、わからんかw
ネタバレする気はありません。

The-Neon-Demon-1-620x414.png 

メイクアップ・アーティストにジェナ・マローン
ジェシ―が利用するうらぶれたモーテルの管理人にキアヌ・リーヴス
キアヌの役選びのポリシーを聞いてみたい。
しかしこんなモーテルには泊まりたくないっすな。

ちなみに上映時間があっという間に午後からの一回きりになっててびっくり。
お寿司より映画を選んで正解でした。
興行成績はすこぶる悪そうだけどね。


neondemon.jpg

監督と一緒に。独特の色合いが美しい。
ってか監督Sでしょ。



ブログパーツ


プッシャー
2013年04月08日 (月) | 編集 |


あまり意味はないんですが、今月は北欧の映画をいくつか観ていこうと思います。
まずは、『ドライヴ』のヒットのためか、ハリウッド版リメイクが作られたことを祝ってか
デンマークの俊英ニコラス・ウィンディング・レフン監督のデビュー作が日本公開になるとのことで、観てみることにしました。



 

プッシャー(1997)アメリカ
原題:Pusher
監督:ニコラス・ウィンディング・レフン
出演:キム・ボドゥニア、マッツ・ミケルセン、ローラ・ドライスベイク、ラウラ・ドラスベァク

 
デンマーク、コペンハーゲンで麻薬ディーラーとして生きる男の転落の人生を描く作品です。

麻薬ディーラーの主人公のフランクを演じるのはキム・ボドゥニア相棒のトニー(マッツ・ミケルセン)と与太話をしながら、ディーラー稼業に精を出すフランクをレフン監督はドキュメンタリーとも思える客観的とも思える淡々とした映像で映し出します。
ところが、根の優しさが災いしてジャンキー相手に取立てにてこずり、ボスに返金できなくなるあたりからヤバい空気が漂いはじめる。
窮地に立たされたフランクが堕ちるところまで堕ちるのを、息を呑んで見守ることになりました。

マッツ・ミケルセンは一瞬所ジョージかと思ったけどw
後姿はこんな、いかれたチンピラでした。


一見地味ではあるものの、ヤクザもんの転落の方程式を展開しながら、
緊張感と刹那感が加速する作り。
そこここに潜むバイオレンスも直接的に見せないのが余計に怖さを煽ったりしてね。裏社会のボスが、料理好きだったりして、一見優しそうなところが逆に怖かったりかすかに漂うユーモアとヴァイオレンスのバランスも面白い。
レフン監督は、これがデビュー作というのはやっぱり凄いわ。