映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】ジャッキー/ファーストレディ最後の使命
2017年01月28日 (土) | 編集 |
jackie-kennedy.jpg

 ジャッキー/ファーストレディ最後の使命(2016 アメリカ/チリ
原題:Jackie
監督:パブロ・ラライン
脚本:ノア・オッペンハイム
出演:
ナタリー・ポートマンピーター・サースガード/グレタ・ガーウィグ/リチャード・E・グラント/ビリー・クラダップ/ジョン・ハート

【あらすじ】
1963年11月22日、テキサス州ダラスを訪れたケネディ大統領が、パレード中に何者かに射撃される。妻ジャクリーンは悲しむ間も与えられず、葬儀の取り仕切りや副大統領の大統領就任式への出席等対応に追われ・・


【感想】
  ケネディ元大統領夫人ジャクリーン・ケネディの視点で大統領暗殺を描く伝記ドラマ。
ナタリー・ポートマンがアカデミー賞主演女優賞にノミネートされています。

ケネディが銃弾に倒れた直後、ジャクリーン夫人が後ろに飛んだ頭蓋骨のかけらに手を伸ばそうと、リムジンのトランクに這い上がる映像は、世界中で何度も再生されたであろう衝撃的瞬間です。
夫人がどんな思いでその悲劇に対峙したのかに興味もあり、劇場に足を運びました。


もともとはダーレン・アロノフスキー監督、レイチェル・ワイズ主演で企画が進んでいたらしいですが、破局によりレイチェルが降板。製作に回ったアロノフスキーの代わりにチリのパブロ・ララインがメガホンを取り、ナタリー・ポートマンを主演に迎えて制作にこぎつけました。映画は暗殺直後のジャクリーヌ夫人(ポートマン)が、ファーストレディとしての最後の使命を果たす姿を描いていきます。


New-Jackie-Stills-2016-natalie-portman-40047351-500-334.jpg
大統領の仕事は待ったなしなので、目の前で夫を殺された2時間後には血の付いたままのスーツで次期大統領の宣誓式に臨むジャッキー。すぐにホワイトハウスからの退去も余儀なくされるわけで・・
大統領夫人の肩書も失い、自身の存在価値さえなくことになるなんて残酷ですねぇ。

彼女は大統領の記憶を最高のものとして後世に残したいと、暗殺から一週間後には雑誌ジャーナリスト(ビリー・クラダップ)を招きます。クラダップのインタビューに答える形でランダムなイベントがフラッシュバックで再現される中、ジャッキーの発言に段々と違和感を感じる部分が出てくるんですよね。ずっと煙草を吸ってるのに「タバコは吸わない」と言ってみたり。
言ったばかりの言葉をなかったことのように否定するシーンでは会場中が「へっ?!」でした。

ジャッキーはすでにPTSDに近い状況だったのか。
その辺が少し曖昧で、ジャッキーが変な人に思えてしまった。

終盤ジャッキーの孤独な悲しみと『キャメロン』の歌詞が重なり、その心情も理解できるのだけど、それまでにすでに心が離れてしまっていたのは残念。これレイチェル・ワイズがやった方が似合ってたかもなぁ。顔もレイチェルの方が似てますよね。

左は本物のジャクリーヌ夫人。 ポートマン(右)はファッションも再現

jackie-cbs-1.jpg


大統領暗殺の瞬間をジャッキーの視点で見せる映像は新鮮で、本作のハイライトでした。
johnhurt.jpg
終盤、神父役でジョン・ハートが登場します。
随分と歳をとったという印象で、一瞬彼とわからなかったんですが、まさかその日に訃報に触れることになるとは。
わずかな登場時間でも、含蓄のあるお言葉で映画にしっとりした余韻を残すのが流石でした。
心からご冥福をお祈りします。

追悼は次記事で。




お気に入り度3.4
・ジャッキーの喪失と困惑も最後には理解できるけれど、いい映画を観たという満足感を得られなかった。
・ポートマンの喋りに方に違和感。ジャッキーに似せたのだろうけど生理的になんか嫌w
などの理由で低めです。

ブログパーツ

【映画】ナタリー・ポートマン主演ウエスタン『ジェーン』
2016年08月30日 (火) | 編集 |
jane-got-a-gun-trailer-natalie-portman-00.jpg

ジェーン(2016
アメリカ
原題:Jane Got a Gun
監督:ギャヴィン・オコナー
脚本:ブライアン・ダフィールド他
出演:ナタリー・ポートマン  / ジョエル・エドガートン / ノア・エメリッヒ/ ユアン・マクレガー
日本公開:2016/10/22 

【あらすじ
南北戦争後のアメリカ西部、背中に銃弾を受け瀕死のハモンドが妻ジェーンのもとに帰ってくる。
「ビショップ一味が追ってくる」。ジェーンは家族を守るためかつての恋人ダンに助けを求めるが・・

【感想
『英国俳優50人斬り』、今日はナタリー・ポートマンが主演&製作を務めたことで話題の『ジェーン』
荒野で人生を切り拓くため、銃を手にするヒロインを描くウェスタンです。

そもそも『少年は残酷な弓を射る』の女性監督のリン・ラムジーがメガホンをとるはずが、撮影初日にドタキャンとなり、『ウォーリアー』のギャヴィン・オコナーに交代。
キャストもポートマンの恋人ダン役に抜擢されていたファスベンダーがスケジュールの都合で降板し、悪役をやるはずのジョエル・エドガートンがダンにスイッチ。ジュード・ロウ、ブラッドリー・クーパーを経て、最終的に悪役にユアン・マクレガーを迎え入れてようやく完成をみたようです。

そんなゴタゴタも影響してか世間の評価は賛否両論のようだけど、個人的には気に入ってます。

夫と娘をギャングから守るため、ある男の元を訪ねるジェーン。
何故か男はつれない素振りでジェーンを追い返すのだけど、帰路、悪党に襲われそうになったジェーンを助け、結局は用心棒を引き受ける。フラッシュバックから、男がジェーンと結婚を約束していた元恋人のダンだと知ることになります。
jane-got-a-got-01-fr-670-380.jpg
別の男と結婚した元恋人に複雑な思いを抱きながらも、ジェーンを守らずにいられないダン。
ダンに心を残しながら自らの人生を受け止め前を向こうとするジェーンと、揺れる二人の心の描写が丁寧で三角関係含むロマンス部分がマル。

難を言えば、フラッシュバックを多用しすぎかな。
だんだんに真実に迫るのはいいのだけど、リズムが悪いのと、時系列がやや混乱する。
あれほど重傷を負ったハモンドがギャング一味をどう巻いたのかとか、ストーリーに突っ込みどころもあります。オコナー監督の依頼で脚本の書き直しを手掛けたエドガートンが「存在自体が奇蹟」というくらいだから、よほど時間が足りなかったんでしょう。
それでもオコナー監督作品らしく、登場人物のキャラがたった演出は見事。


さて、50人斬りの3人目はビショップを演じるユアン・マクレガー!!
そもそもユアンの悪役というのも珍しいんですが、びっくりなのは、言われなければ彼とわからない風貌になっていること。
Jane.jpg

「誰これ?」

ギャングとはいっても売春宿などを有する賑やかな街を建設するビショップは、土地の発展に貢献する地主の顔も持っている。ただし、自分のものを横取りされるのは大嫌いとあって、彼を怒らせたらただでは済まない。
マクレガーは執拗なまでに残忍なビショップを、優し気な声とのミスマッチで演じていて、私は不気味に感じて面白かったんですが、弱いと感じるかで評価が分かれるのかも。


西部を生きることは難しい。それでも先駆者たちは夢や希望を持ち続け、道を切り拓いてきたんでしょう。
広大な荒野を映す引きの映像も美しかった。


ブログパーツ

[READ MORE...]
マイティ・ソー ダーク・ワールド
2013年11月14日 (木) | 編集 |



マイティ・ソー』の続編『マイティ・ソー ダーク・ワールド』を観てきました。
近所の映画館、『悪の法則』に続いてまたお一人様だった・・(泣)
マイティ・ソー ダーク・ワールド(2013)アメリカ
原題:Thor: The Dark World
監督:アラン・テイラー
出演:クリス・ヘムズワース/ナタリー・ポートマン/トム・ヒドルストン/アンソニー・ホプキンス/ステラン・スカルスガルド
日本公開:2014/2・1
“アベンジャーズ”の戦いから1年。ロンドンで原因不明の重力異常が発生し、天文物理学者のジェーンが調査に当たるが、地球滅亡の鍵となる“ダーク・エルフ”の力をその身体に宿してしまう。恋人の身を案じたソーはジェーンをアスガルドへと連れていく・・。

 前作から2年ぶりの続編ですが、間の『アベンジャーズ』もしっかり組み込まれているのが面白い。
ロキ(トム・ヒドルストン)は『アベンジャーズ』の暴走を処され、アスガルドで牢獄生活(笑)
ソー(クリス・ヘムズワース)は何かと忙しくジェーン(ナタリー・ポートマン)と再会の約束も果せないまま2年が過ぎています。『アベンジャーズ』で地球に行ったときもジェーンの無事を確認しただけだったよねw
でも、ソーは空からチェックしてて、地球でのジェーンの異常も察知したというわけ(笑)
しかしジェーンを救おうとしたソーは祖国アスガルドと家族を危険にさらすことになります~。

 初登場で1位と快調な滑り出しの今回の続編、人気の影には密かなロキブームがあるんですよね。こちらでも公開前ロキの話題で持ちきり。主役のヘムズワースかたなしでお気の毒。

 あけてみると、思ったよりもロキの出番が少なく残念でしたが
それでも、ソーに助っ人を頼まれ、娑婆に出たロキのテンションが高さには爆笑w
悲しみや怒りなど、感情表現のうまさにもあらためて感心したし、存在感のある演技は見所のひとつ。
破壊型ヘムズワースの力技に対し、ロキのシャープなアクションも光り、双璧の活躍ですね。

 映画としてはそれなりに楽しめるものの、容姿のせいか、悪役に魅力がないのが面白みに欠けるところ。
ソーとジェーンのロマンスも、それほどときめくものでないのも残念かなぁ。見つめあう二人に愛を感じないんですよね(笑)ソーは『アベンジャーズ』からすっかりお兄ちゃんっぽくなって、前作での天然っぽい魅力が影を潜めた気がする。 
全体的にはエモーショナルな盛り上げが足りないのも不満。
予告か何かで観たはずの「うわぁーーん(泣)」なシーンも本編ではなかったので、あえて削ったんでしょうね。神々の国アスガルドの映像は見ごたえがあり、特に今回はお葬式の映像が幻想的で美しかった。スペクタクルな映像と怒涛のアクションで魅せてくれるものの、3Dの効果は低めでした。

 また続編があるかな。
あるとしたら、ソーとジェーンの間に邪魔が入り、ちょっとした三角関係に発展しそうな気配はちょっと楽しみ。
ロキも加えて4角関係なんてことになると、最高に楽しそうだなぁ。
ソーのハートを射止めるのはジェーンかロキか・・
え?(笑)

気に入ってるのでまた出す↓w



これは上海の映画館が、ファンが作ったフェイクポスターを間違って使ったってことで話題になりました。

で、インタビューでこのポスターをスマホで見せられたお二人
ソー「ワーォ こりゃいいね。一枚欲しいわ」
ロキ「どこに飾るんだよ」
ソー「部屋の壁に」
ってな会話があったんですが


OK
ってことで、こんな画像まで作られてました。ハハハ・・・w