映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】アイルランド移民の心を描く『ブルックリン』
2016年03月18日 (金) | 編集 |
soairse-ronan-brooklyn-680x400.jpg 

ブルックリン
(2015)アイルランド/イギリス/カナダ
監督:ジョン・クローリー
脚本:ニック・ホービィ
出演:シアーシャ・ローナン /  ドーナル・グリーソン/ エモリー・コーエン / ジム・ブロードベント/ ジュリー・ウォルターズ 
日本公開:2016/7
 【あらすじ
姉の勧めでアイルランドからニューヨークへ移住してきたエイリシュ。ホームシックに陥ったがイタリア系移民のトミーとの恋をきっかけに変わっていく。そんなある日、突然の悲報が届き・・。


【感想
アフター・オスカー特集
緑色のコスチュームを着ることで有名なアイルランドのお祭りであるセント・パトリック・デイの昨日
アイルランドからの移民のお話である『ブルックリン』を観ました。

作品賞とシアーシャ・ローナンが主演女優賞にノミネートされた本作
この時代の移民の話が大好きな私にはたまらない映画でしたね。
作品賞の8本では『マッドマックス 怒りのデス・ロード』『レヴェナント』と並んで3トップ。
しっくり度からいくとベストかもしれない。


50年代、シアーシャ演じるエイリシュは姉の勧めでアイルランドからブルックリンにやってきます。
ブルックリンには80年代に多くのアイルランド人が飢餓を逃れるため移住しており、アイルランド系のコミュニティが出来上がっています。
90年代に入っても仕事の機会に恵まれないアイルランド人女性は、夢を求めてアメリカに移民したんですね。イタリアなど他のヨーロッパからの移民に比べて英語を話せたのは有利だったんでしょう。
デパートの売り子として仕事を始めたエイリシュも、最初は接客にも環境にも馴染めずホームシックにもかかります。

brooklyn-pic-3.jpg 

そんなエイリシュが変わるきっかけになるのがイタリアからの移民であるトミーとの出会い。
映画はエイリシュの変化とともに、エイリシュが共同生活を送るボーディングハウスや
精神面をサポートする教会など、移民を支えるコミュニティの実体を見せてくれるのが興味深い。

エイリシュが教会の勧めでボランティアに参加するアイルランドからの移民を招いてのクリスマス会の会場で
エイリシュより一世代前の移民たちが、アイルランド民謡と思われる美しい曲を聴き涙を浮かべるシーンが好き。
素朴な歌声も本当に美しくてね。多くの移民たちは二度と故郷の土を踏むことなく、異国の地で懸命に生きている。
彼らの郷愁が胸に迫る名シーンでした。

brooklyn.jpg 

共演にドーナル・グリーソン
私の知る限り彼は今年のオスカーにノミネートされた作品の4つに出てます。
いつの間にかカッコよくなって、父超えの名優になりそう。
それだけに最後のエイリシュの選択は意外でもあったんだけど、本作が移民の物語と思えば納得。

監督は『ダブリン上等!』『Boy A』のアイルランド出身ジョン・クローリー。
シアーシャ自身もアイルランド出身ということで、この役にかける思いは大きかったでしょうね。

故郷を離れたもの同士の繋がりや生きる覚悟など、移民者の心と歴史を知ることが出来る名作。
今年イチオシだな。


スポンサーサイト
【映画】レヴェナント:蘇えりし者
2016年01月10日 (日) | 編集 |
The_Revenant-poster-400.jpg 

レヴェナント:蘇えりし者(
2015)アメリカ
原題:The Revenant
監督:アレハンドロ・G・イニャリトゥ
脚本:マーク・L・スミス/アレハンドロ・G・イニャリトゥ
出演:レオナルド・ディカプリオ / トム・ハーディ/ ドーナル・グリーソン/ ウィル・ポールター

【あらすじ
奇跡的に一命をとりとめたグラスは、裏切ったフィッツジェラルドに復讐すべく極寒の荒野を行く。


【感想
昨年のオスカー覇者『バードマン』のアレハンドロ・G・イニャリトゥ監督の新作を観てきました。

いわゆる「西部」が生まれるもっと前の1823年、
アメリカではフランスやイギリス、スペインなどの西洋諸国や周辺国から、多くの入植者が新大陸に基盤を作るべくやってきて
混沌とした世界を生き抜いてきたんですね。
本作はそんな時代の荒涼とした雪原を舞台に、仲間への復讐を果たすべくサバイバルする男の物語。
実話として語られてるヒュー・グラスのストーリーをベースにしています。

この映画に出てくるグループは寄せ集めの軍隊みたいなんだけど、熊の皮を剥いだりしてる。
レオナルド・ディカプリオ演じるヒュー・グラスもそのメンバーで
トム・ハーディ演じるジョン・フィッツジェラルドらとともに、ドーナル・グリーソン率いる狩猟チームに所属します。、
ドーナルは『SW フォースの覚醒』でもファースト・オーダーの若き指導者を演じてたけど、出世したなぁ。

任務中にグラスが瀕死の重症を負うところから、彼の復讐とサバイバルの旅が始まります。

しかしこれ、単純にグラスの復讐モノというだけでは語れない映画でね。
もっと深いところに作り手のメッセージが込められている。
死の淵から蘇る(原題の意味です)男がサバイバルの途中で直面するのはとてつもない自然の驚異です。
でも同時に、人間はいかに自然に助けられ生きているのかにも気づかされる。
飢えや渇きを凌ぎ、ぬくもりを求め最小限の欲求を満たすために生き続けるレオの行為が
ものすごく崇高に見え、自然に感謝する気持ちさえ湧き上がるのですよ。

辛いのは、インディアンに対する残虐行為など負の歴史も目撃することになること
これはイニャリトゥ監督ならではでしょう。

撮影は『バードマン』に続いてエマニュエル・ルベツキ。
マジックアワーに集中し、自然光だけで撮ったという映像は荒涼とした雪原の厳しさを映しだし
リアルで壮絶なアクションシーンでさえも美しい。
ルベツキはオスカー3連覇もありえるかも。

リアルであるために役者の負ったリスクも大きかったはずで
みんな大変だったでしょうけど、ほぼ出ずっぱりで自然と格闘したレオの役者魂には敬服します。
これ観たらもう、レオにオスカーあげてくれって思うもんね。
何度顔を背け、息を呑んだかわからんよ。

tom-hardy1.jpg
トムハは前半の怪力振りが好きだけど、今回は汚れ役だね。
でも彼も生きることに必死な一人のサバイバーに過ぎない。
この時代、誰もがサバイバー。移植者も原住民も、クマや自然でさえも。


the-revenant-trailer-screencaps-dicaprio-hardy35.png
グラスがのどを負傷し、言葉を殆ど喋れないという設定もきっと意味があるのでしょう。
熊の着ぐるみ状態のレオがモフモフで可愛い・・というのは置いといてw
人間も自然を生き抜く小さな生き物に過ぎないじゃないかというね。

いろんなメッセージが伝わりますが
とにかく、壮絶で美しく、神聖さに魂を揺さぶられた。大傑作だと思います。


日本公開は4月


ブログパーツ
【映画】アンドロイドの見る夢は?『エクス・マキナ』
2015年11月16日 (月) | 編集 |
エクス・マキナ(2015)イギリス
原題:EX Machina
監督:アレックス・ガーランド
日本公開:2016/6/11
【あらすじ】
検索エンジン会社に働くケイレブは抽選で社長ネイサンの自宅を訪問する権利を得る。しかしそこで待っていたのはアンドロイドの人工知能を評価するという任務だった・・


『28日後・・・』『わたしを離さないで』で脚本を手がけたアレックス・ガーランドの監督デビューとなるSFスリラーです。

主役ケイレブに『アバウトタイム~愛おしい時間について~』のドーナル・グリーソン。社長ネイサンにオスカー・アイザック

社長宅にバカンスを楽しむくらいのつもりで来たのに、社長に自分の作ったアンドロイドの評価を依頼されてしまったケイレブ。
気乗りがしないまでも、社長には歯向かえない雰囲気があり、アンドロイドと対談、テストを実施することになるんですね。

アンドロイドのエイヴァに会ってみればこれが思いがけず自分好みのカワイ子ちゃん。エイヴァ役には、ファスベンダーとの路チューが目撃されたアリシア・ヴィキャンデルが顔と手先以外は機械シースルーなこんな風貌で演じてます。

アンドロイドと分かっていてもケイレブがどストライクなエイヴァに心惹かれていくというのは想定内ですが、これが単純なSFラブコメなどにはなってません。
アンドロイドの葛藤がわかってくる中盤からは、なにやら不気味な展開になっていくんですね。


しかし本作の怖いのはアンドロイドだけにあらず。
オスカー・アイザック演じるネイサン経営するブルーブックというIT会社は、グーグルみたいな検索エンジンの最大手なんですが、『キングスマン』しかり、最近ではこういう企業が近未来SFの悪役と相場が決まってきましたよね。
ネイサンは人工知能の完成を夢見るマッドサイエンスでもあって、グーグルとマッドサイエンスのコラボがもたらす脅威は想像に難くないでしょう。

しかもオスカー・アイザックがネイサンを実に気持ち悪く演じてます。(70年代のガチムチフュージョン歌手風のダンスシーンは目がテンw)

そんなカリスマ社長に自分の未熟さをさらけ出すことを恐れ、表面を繕うケイレブが思いがけない陰謀に巻き込まれていくのも自然。
ケイレブは次第に自分の実体にさえ疑問を持つようになるんですが、ドーナル君が『わたしを離さないで』でクローンを演じていたことを思うと面白い配役ですね。

料理係としてキョウコという日本人の女の子が出てきます。
英語を喋れないという設定にも深い意味がありました。

それにしても人工知能も賢くなりすぎると本当に怖い。
アンドロイドの権利とか、人間とどっちが偉いのかとか、
古いSFで漠然と語られてきた問題が、物凄い現実味をもって押し寄せ
人工知能のもたらす未来に警鐘を鳴らすというのが非常に新しい。

クールな世界観も特異的で、じわじわと怖いスリラーとしても見ごたえあり。

今のところ日本公開未定ですが、英国インディペンデント賞で作品賞、監督賞等にノミネート、ヨーロッパ映画賞で脚本賞女優賞にノミネートされるなど、高く評価されてますね。監督の今後も大いに気になるところです。


[READ MORE...]
【映画】 アバウト・タイム ~愛おしい時間について~
2014年03月11日 (火) | 編集 |
 

ホワイトデー企画今日も懲りずにファンタジー・ロマンスで攻めます。
アバウト・タイム ~愛おしい時間について~(2013)イギリス
原題:About Time
監督:リチャード・カーティス
出演:ドーナル・グリーソンレイチェル・マクアダムスビル・ナイ
 
  21歳になったティム(ドーナル・グリーソン)は父親(ビル・ナイ)からこの家の男たちは代々タイムトラベルの力を持つことを知らされる。これまでモテたことのないティムは、女性との出会いにこの力を利用することに決め・・・。 『ラブ・アクチュアリー』のリチャード・カーティス監督によるタイムトラベル・ファンタジーです。ティムは少しだけ過去に戻ることの出来る力を使って、エミリー(レイチェル・マクアダムス)との出会いを少しずつ軌道修正し、彼女のハートを射止めることに成功!

 

って、時空モノラブコメだとそこで完結してしまうんですが
本作はロマンス部分よりも、家族とのつながりに重きを置いていて
想像したのと少しテイストは違っていたものの、暖かい余韻を残す素敵な作品でした。

 

ティムを演じるドーナル・グリーソンはブレンダン・グリーソン息子さんらしいですね。
暗闇でこぶしを握りしめるという、タイムトラベラー史上最も簡単な手段で時空移動してしまうのは、
実は主題はタイムトラベルではないということでしょう。
エンタメ性を期待すると肩透かしを食らうかも。
また、またしてもタイムトラベラーの妻を演じるレイチェル・マクアダムスにしても、本来の魅力を出し切ってるとも思えず、ロマンスとしてはもう一つの印象になるかもしれない。

しかし、「About Time」というタイトルからも分かるように、本作は「時」を描く映画であり、
与えられた時間をどう過ごし、どう生きるかが大切なのだと気づかされます。

そして、タイトルに込めたもうひとつ意味。
その仕掛けに気づくとき、誰もが家族を大事にしようと思うことでしょう。
人の時間には限りがあり、だからこそ人生は輝くのだと教えてくれる作品です。

 

父親役のビル・ナイがとにかく素敵!!
まだ日本公開の情報はないけれど、これは公開して欲しいです。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。