映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】スポットライト/Spotlight(原題)
2015年12月02日 (水) | 編集 |
spotlight-one-sheet.jpg

スポットライト(2015)アメリカ
原題:Spotlight
監督:トーマス・マッカーシー
脚本:ジョシュ・シンガー/トーマス・マッカーシー  
出演:マーク・ラファロマイケル・キートン /レイチェル・マクアダムス/リーヴ・シュライバー/スタンリー・トゥッチ

【あらすじ】
ボストンの地方紙ボストン・グローブのスポットライトチームは、新任のボスの提案で、ローマンカトリック教会による少年性的虐待事件の追跡を始める……。



昨日はトーマス・マッカーシー監督による話題の新作『スポットライト』を観てきました。

『バッド・エデュケーション』という映画で、神学校の司教が生徒を性的に虐待する様子が描かれてましたが
こういう問題は実はずっと昔からあって、時々逮捕者が出ることがあってもあまり表だって問題にされないんですね。

新任ボスの一言でこの問題を調べることになるのが、ボストンの地方紙のスポットライトという調査チーム。
マイケル・キートンをリーダーに、マーク・ラファロ、レイチェル・マクアダムスら5人のメンバーです。

驚くのがね、ボスのリーヴ・シュライダー含むたった6人が、世界中を震撼させるキリスト教会の大スキャンダルを暴くことになること!

四面楚歌の中足を使って地道に真実に迫っていくスポットライトのメンバーが、次第に正義感に突き動かされ
ジャーナリズムを極めていく姿がカッコいいし、彼らが暴くものにも興奮させられます。
被害者加害者、それらを支える組織やシステムなど、さまざまな立場や角度から問題を炙り出すストーリーテリングも見事。

その一方で敬虔なクリスチャンはこれをどう見るだろうと心配にもなります。
神の代弁者として絶対の信頼を置いていた司教たちがあんなことや、こんなことしてたなんて

特に同時多発テロの時期と重なったので、支えを失ったボストニアのショックは大きかったでしょうね。

ほとぼりが冷めかけたところで、この映画でまた注目を浴びるであろうカトリック教会もちとお気の毒・・
でもジャーナリズムの目が悪を抑止すると考えれば、それも意味あることかな。

監督は『扉をたたく人』のトーマス・マッカーシー
やっぱり社会派ドラマで力を発揮する監督さん。

マーク・ラファロマイケル・キートンはじめ役者陣のアンサンブル演技が素晴らしい。
中でも好きだったのは被害者を支援する弁護士を演じたスタンリー・トゥッチ(髪あり)。
声を上げることを半ば諦めていた彼が、ラファロ演じるマイクの情熱に希望を見出し始める
繊細な心の変化を上手く表現してました。

関係ないけど、途中ラファロがハルクに見えて仕方なかったよ。髪型のせい?
オスカーにどう絡むのか、注目の一本ですね。
【映画】靴職人と魔法のミシン
2015年05月28日 (木) | 編集 |


靴職人と魔法のミシン(2014)アメリカ
原題:The cobbler
監督:トム・マッカーシー
日本公開:2015/6/5

あらすじ
ニューヨークの下町の小さな靴修理店で働くマックス(アダム・サンドラー)は、老母と変化のない毎日を送っていた。ある日、愛用のミシンが壊れてしまい先祖代々伝わる旧式ミシンで直した靴を試し履きしたところ、何と靴の持ち主に変身し・・・
      
感想
扉をたたく人』のトム・マッカーシーによる本作は、魔法のミシンにより人生を変えていく男の話。
主演にアダム・サンドラー。
にわかにファンになってしまったダン・スティーヴンスが主人公のご近所さんのイケメン君を演じてます。



4代続く小さな靴修理店を営むマックス(アダム・サンドラー)は、どう見ても暗く
仕事の腕は悪くないが意欲的とは言えない感じ。
マックスはある日、急ぎで依頼された靴を修理中、ミシンが壊れたことからやむなく古いミシンを出してきます。
無事修理を終え、さりげに履いてみたらば持ち主の姿に変身してしまってびっくり仰天 という話。

古いミシンに魔法の力があることを悟り、変身していたずらを楽しむマックスの様子がコミカルで楽しい。
でもマックスが変身した姿は別の役者が演じているわけで
コミカルな部分を担当するのは、アダム以外の役者ということになるんですね(笑)




その中でひときわ上手さを見せてくれたのが、ダン・スティーヴンス
外見はイケメン、でも中身はアダム・サンドラー(マックス)というダンのオフビートな演技が最高。
ちなみに、私がこれまでに観た2作品は本来のダンと外見も随分違っていて
彼の演じる英国ドラマ『ダウントン・アビー』のマシューファンからは悲痛な叫びも聞こえてくるほどなんですが、本作のダンは人のよさそうなイケメン君でファンは少し安心したかな。
私は知れば知るほどファンになっちゃいます。

映画に話を戻して・・と

本作ではマックスがなぜこんな暗い人間になってるのかというのが、実は大きなポイントでして
魔法のミシンに出会い、冒険を体験しながらマックスが本来の優しさや強さを発揮し
またトラウマを克服することで、人生を変えて行くところが感動のお話になっています。




途中ちょっとドタバタする部分があるし、人の靴を履くとその人になる というアイディアもそれほど生かされてないというのはあります。
ラストもイマイチすっきりしない(笑)
それでも隣人を演じるブシェミ先生やダスティン・ホフマンなどの共演者が素晴らしく
ショコラ風の音楽も耳に心地よく、しっとりとした味わいもあって素敵でした。



WIN WIN ダメ男とダメ少年の最高の日々
2012年10月22日 (月) | 編集 |






WIN WIN ダメ男とダメ少年の最高の日々
2011年(アメリカ)
原題:Win Win
監督:トーマス・マッカーシー
出演:ポール・ジアマッティ/エイミー・ライアン/Alex Shaffer/バート・ヤング



【ストーリー】
弁護士のマイクは、不況のため仕事がなく、家族のために高校で弱小レスリング部のコーチをやり、危ないサイドビジネスにまで手をだしていた。しかし、ある日、身寄りのない青年カイルを居候させたことで、彼と家族の人生は大きく変化していくことに。

 3本目の監督作品となる本作で、トーマス・マッカーシー
ちょっとシニカルながら優しい視線で、人と人とのつながりを描いています。

 タイトルのWin-Winとは、どちらにもメリットがあるという意味
独居老人をホームに入れ、後継人になることでその報酬を手にする
おまけにレオの孫のカイルはレスリングの才能があり、弱小チームを勝利に導く要となる と
ダブルでいいことがやってきた、マイクにとって一見win-winシチュエーションなのだけど
でもね・・

老人はホームに入ることなど望んでいないのはマイクも知っている。
それでもマイクはお金ほしさに、法律を悪用し
ホームに入ることをレオに押し付けてしまうわけですよねぇ。
当然ながら罪の意識に苛まれることになるマイク
win-winというタイトルとは裏腹に映画の結末はビターで、心が痛むものではあるけれど
「人は誰でも失敗する」という、人の心の弱さに触れ、
失敗しても、そこからどう行動するかが大事だと教えてくれます。
こういう 情けないけど根は正直なオヤジの葛藤を描かせたら
ジアマッティの右に出るものはいませんね。

 マイクの妻を演じたエイミー・ライアンもとてもいい。
最初は不良っぽいカイルに警戒していたけど、じきに彼のよさに気づき
受け入れる柔軟さを持っている。
しかも失敗したマイクを大きなハートで支える包容力と強さをみせる女が惚れる女でした。

 ちなみにカイルを演じるアレックス君はこの映画が本格的なデビューとなる高校生。
レスリングは実際に高校の州チャンピオンに二度輝く腕前だそうです。


 


■トラックバックありがとうございます。


Tracked from THE MOVIEST .. at 2013-01-23 12:12 x


タイトル : 「WIN WIN ダメ男とダメ少年の最高の日々」 201..
「 WIN WIN ダメ男とダメ少年の最高の日々 」 2011年 製作国: アメリカ 上映時間:106分 原 題: WIN WIN 今日は「扉をたたく人」の トーマス・マッカーシー監督 主演 ポール・ジアマッティ のこの作品。 昨年、時間合わず劇場鑑賞が出来なかったんでDVDでの鑑賞になってもたんよね。。 貧乏弁護士のマイク(ポール・ジアマッティ) 彼は元レスリング選手であり高校生のレスリングコーチもやってる ......more