映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】ギレルモ・デル・トロ『クリムゾン・ピーク』
2015年10月17日 (土) | 編集 |

クリムゾン・ピーク(2015)アメリカ
原題:Crimson Peak
監督:ギレルモ・デル・トロ
出演:ミア・ワシコウスカ/トム・ヒドルストン /ジェシカ・チャステイン/ チャーリー・ハナム
日本公開:未定

NYに暮らすエディスは父親の主催する発明家コンベンションにやってきたイギリスの貴族トーマス・シャープに見初められイギリスに嫁ぐが・・

英国男優総選挙 特集 9回目
 
今日はキュートでノーブル 大好きなトム・ヒドルストン !!



ギレルモ・デル・トロ新作のゴシックホラーです。
トムヒが演じるのは高貴なお姿も麗しいイギリス人貴族トーマス・シャープ

彼はコンベンションを主催するカーターの娘エディス(ミア・ワシコウスカ)に一目ぼれ。
時を同じくして家族の不幸に襲われたエディスは、
悲しみから逃れるようにトーマスの住むイギリスに嫁ぎます。


着いてみたらば、まぁ、この屋敷がばかでかくてね
エディスも思わず「部屋はいくつあるの?」と訊く。
するとトムヒが「さぁ、数えたことないな」とか抜かすんです(笑)

でもデカイはいいが、お手入れは行き届いてない・・
どころか、屋根も朽ちて穴が開いてる状態なんですけどね。
しかもトーマスには美しい姉(ジェシカ・チャステイン)がいて
いわゆる小姑付き。

でも素敵なトムヒと一緒ならいいよね。
というわけにはいかないんだな、これが。
やがてエディスは家にまつわる恐ろしいものに巻き込まれていきます。

幽霊屋敷系のホラーだと思っていたら若干違いました。
いや、出るのは出るんだけどね。あまり怖くない。
思うにデル・トロ監督にとって霊は哀しき魂であり
彼らはたいてい、生きている者に伝えたいことがある。
おどろおどろしい恐怖の対象と描いてない点で
ホラー好きには物足りないと思う人もいるかも。

その代わり、別の怖さがある映画でして
ネタバレしたくないので書けないけど、人の愛欲に根ざしたホラー
というよりゴシック・ロマンスかな。

トムヒの役は最初はカンバーバッチがやるはずだったらしいですね。
カンバーバッチも上手かったでしょうけど、個人的にはトムヒでよかった。

最後はもの凄いグロいことになるんだけど
何故か会場は爆笑で私も思わず吹き出したからねw
ダークな役でもどこかユーモアや優しさが滲み出るトムヒやっぱり好き!


ビジュアルに手を抜かないのがデルトロ流
家の装飾や衣装、登場人物の美しさも目を楽しませてくれました。

『パシフィック・リム』のチャーリー・ハナムがエディスを密かに愛する
幼馴染の医者を演じてましたが、前半存在感がやや薄いのが残念。
「2人に愛されるエディス」が強調されるともっと面白くなったはず。

家と一体化したようなジェシカ・チャステインも美しかった。







【映画】オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ
2014年09月17日 (水) | 編集 |



シッチェス映画祭特集 6本目
今日は昨年のシッチェス映画祭で審査員特別賞を受賞した『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』を。

オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ(2013)アメリカ/イギリス/ドイツ
原題:Only Lovers Left Alive
監督:ジム・ジャームッシュ
出演:ティルダ・スウィントン/トム・ヒドルストン/ミア・ワシコウスカ/アントン・イェルチン/ジョン・ハート
 吸血鬼でありながら、マルチミュージシャンとして活躍するアダム(トム・ヒドルストン)は、自己破滅的な人間たちの振る舞いを憂えていた。そんなある日、何世紀にもわたり愛し合ってきた恋人で、吸血鬼のイヴ(ティルダ・スウィントン)と久しぶりに再会。しかし、イヴの妹エヴァ(ミア・ワシコウスカ)が2人のもとを訪れたことをきっかけに、3人の運命がゆっくりと変わっていく。



ジム・ジャームッシュが現在に生きるヴァンパイアの愛と葛藤を描いたファンタジー・ホラーです。




愛し合うヴァンパイアを演じるのはティルダ・スウィントンとトム・ヒドルストン
細くて青白くどこか高貴で、でもあんまし血が通ってなさげな2人はヴァンパイアにピッタリ。
ワカメ頭でロッカーなトムヒに慣れるのに少し時間がかかったけれど、
何世紀にも渡って生きるアダムのギター薀蓄は半端なく、ジャームッシュのオタク道炸裂ですな。

電話も使えば飛行機にも乗る。血液も病院で調達(闇取引ですが)するという新しい吸血鬼像を見せてくれる一方で、日光を避けフライトの時間にこだわってみたり、招かれなければ家に入ってはいけないなどの基本を押さえているのもうれしい。アダムの家の入り口でモジモジ招き入れられるのも待つイヴ(ティルダ)には笑ってしまった。ヴァンパイアのしかも夫の家に入るときでもそうなの?(笑)
着てるものが何世紀も前のものだったり、電気を自家発電していたりの浦島的な部分にもにんまり

でもクラシックの吸血鬼映画をあまり観てない私にはわからない部分もいくつかあってね
アダムは木製の銃弾で何をしようとしていたのか とか
トイレはどうなってるの?とか 手袋は何の意味があるの? などなど
気づかないままのこともあるだろうし、吸血鬼映画に詳しいとより楽しめるかと。

全体にダークではあるものの、エキゾチックなモロッコの風景等、映像も美しい。



汚染された地球、ゾンビほどに地に堕ちた若者たちを憂うアダムはジャームッシュの化身かな。
ジョン・ハート、ミア・ワスコウスカも吸血鬼役で登場。
血を口にしたときの、吸血鬼たちが恍惚の表情を見せるのが可笑しくてね(笑)
中でもティルダとジョン・ハートが最高w
ラストシーンもいいよね!


      


マイティ・ソー ダーク・ワールド
2013年11月14日 (木) | 編集 |



マイティ・ソー』の続編『マイティ・ソー ダーク・ワールド』を観てきました。
近所の映画館、『悪の法則』に続いてまたお一人様だった・・(泣)
マイティ・ソー ダーク・ワールド(2013)アメリカ
原題:Thor: The Dark World
監督:アラン・テイラー
出演:クリス・ヘムズワース/ナタリー・ポートマン/トム・ヒドルストン/アンソニー・ホプキンス/ステラン・スカルスガルド
日本公開:2014/2・1
“アベンジャーズ”の戦いから1年。ロンドンで原因不明の重力異常が発生し、天文物理学者のジェーンが調査に当たるが、地球滅亡の鍵となる“ダーク・エルフ”の力をその身体に宿してしまう。恋人の身を案じたソーはジェーンをアスガルドへと連れていく・・。

 前作から2年ぶりの続編ですが、間の『アベンジャーズ』もしっかり組み込まれているのが面白い。
ロキ(トム・ヒドルストン)は『アベンジャーズ』の暴走を処され、アスガルドで牢獄生活(笑)
ソー(クリス・ヘムズワース)は何かと忙しくジェーン(ナタリー・ポートマン)と再会の約束も果せないまま2年が過ぎています。『アベンジャーズ』で地球に行ったときもジェーンの無事を確認しただけだったよねw
でも、ソーは空からチェックしてて、地球でのジェーンの異常も察知したというわけ(笑)
しかしジェーンを救おうとしたソーは祖国アスガルドと家族を危険にさらすことになります~。

 初登場で1位と快調な滑り出しの今回の続編、人気の影には密かなロキブームがあるんですよね。こちらでも公開前ロキの話題で持ちきり。主役のヘムズワースかたなしでお気の毒。

 あけてみると、思ったよりもロキの出番が少なく残念でしたが
それでも、ソーに助っ人を頼まれ、娑婆に出たロキのテンションが高さには爆笑w
悲しみや怒りなど、感情表現のうまさにもあらためて感心したし、存在感のある演技は見所のひとつ。
破壊型ヘムズワースの力技に対し、ロキのシャープなアクションも光り、双璧の活躍ですね。

 映画としてはそれなりに楽しめるものの、容姿のせいか、悪役に魅力がないのが面白みに欠けるところ。
ソーとジェーンのロマンスも、それほどときめくものでないのも残念かなぁ。見つめあう二人に愛を感じないんですよね(笑)ソーは『アベンジャーズ』からすっかりお兄ちゃんっぽくなって、前作での天然っぽい魅力が影を潜めた気がする。 
全体的にはエモーショナルな盛り上げが足りないのも不満。
予告か何かで観たはずの「うわぁーーん(泣)」なシーンも本編ではなかったので、あえて削ったんでしょうね。神々の国アスガルドの映像は見ごたえがあり、特に今回はお葬式の映像が幻想的で美しかった。スペクタクルな映像と怒涛のアクションで魅せてくれるものの、3Dの効果は低めでした。

 また続編があるかな。
あるとしたら、ソーとジェーンの間に邪魔が入り、ちょっとした三角関係に発展しそうな気配はちょっと楽しみ。
ロキも加えて4角関係なんてことになると、最高に楽しそうだなぁ。
ソーのハートを射止めるのはジェーンかロキか・・
え?(笑)

気に入ってるのでまた出す↓w



これは上海の映画館が、ファンが作ったフェイクポスターを間違って使ったってことで話題になりました。

で、インタビューでこのポスターをスマホで見せられたお二人
ソー「ワーォ こりゃいいね。一枚欲しいわ」
ロキ「どこに飾るんだよ」
ソー「部屋の壁に」
ってな会話があったんですが


OK
ってことで、こんな画像まで作られてました。ハハハ・・・w













アベンジャーズ
2013年11月10日 (日) | 編集 |



『マイティ・ソー ダーク・ワールド』が公開になったので、未見だった『アベンジジャーズ』を観ました。
地球を守るため、マーベルのヒーローたちが集結するアクション映画です。
アベンジャーズ(2012)アメリカ
原題:The Avengers 
監督:ジェス・ウェドン
出演:ロバート・ダウニー・Jr./トム・ヒドルストン/クリス・エヴァンス/マーク・ラファロ/クリス・ヘムズワース/スカーレット・ヨハンソン/ジェレミー・レナー/クラーク・グレッグ/ステラン・スカルスガルド/サミュエル・L・ジャクソン
 
 『マイティ・ソー』で最初にロキ(トム・ヒドルストン)を観た時には、ひ弱そうな印象で、なんじゃこいつはだったけど、彼がマーベルのヒーローたちを集結させるわけだからたいしたもんです。
アイアンマン、キャプテン・アメリカ、ハルク等、個々で主役をはれるヒーローたちを同じスクリーンで観る贅沢。特別アメコミファンでない私でもワクワク、ヒーローたちが絡む様子にワクワク。
それに「弟が迷惑かけてすみません」的なソー(クリス・ヘムズワース)まで登場するのには、ニマニマしちゃいましたもの。




 この面々がロキをやっつけることなど、赤子の手を捻るより簡単だろうと思いきや、「ボクっち軍隊持ってるもんねぇ」との言葉通り、ロキの送り込む強烈な武装軍団によりアベンジャーズは苦戦を強いられる。ってなわけで、ヒートアップする怒涛のアクション・バトルを満喫いたしました。

 70年の眠りから覚めたキャプテン・アメリカ(クリス・エヴァンス)、がジジむさかったり、キャラの特徴を生かした笑いが楽しい。
最初は折り合いの悪いメンバーが、いつしかチームとして機能するさまはスポ根的にスカッとします。
アイアンマン(ロバート・ダウニー・Jr.)にカッコいいところを持っていかせるあたり、マーベルにも人気による序列があるのかなと思ってみたり。でも結局は体がでかいのが強いよね、的な。
アメリカという国は過去に超能力特殊部隊を作ろうと画策したようだけど、今はきっとハルク作戦を研究してると思います。軍にハルクが4、5人もいれば負けなしですよね(笑)

神経症的にして、恨み節をパワーに変える複雑なヴィラン、ロキはやっぱり面白い存在ですね。
役柄と裏腹の優しそうな素顔やシェークスピアの舞台で培った確かな演技力、ケンブリッジ大卒の知的さもあいまって人気もうなぎ上り。
ジェレミー・レナースカヨハの生身の活躍も良かった。
軽く扱われがちなヒーローものだけど、やっぱり子供たちに夢を与えるんですよね。
これはスクリーンで観たかった。


トラックバック一覧

  1. 1. アベンジャーズ

    • [マープルのつぶやき]
    • November 15, 2013 12:56
    • JUGEMテーマ:アクション映画全般「アベンジャーズ」原題:Marvel's The Avengers監督:ジョス・ウェドン2012年 アメリカ映画 144分キャスト:ロバート・ダウニー・Jr.     クリス・エバンス     マーク・ラファロ     クリス・ヘイムズワース