映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】ハドソン川の奇跡
2016年09月24日 (土) | 編集 |
 
Sully-2016.jpg
ハドソン川の奇跡(2016 アメリカ
原題:Sully
監督:クリント・イーストウッド
脚本:トッド・コマーニキ
出演:トム・ハンクスアーロン・エッカード
/ ローラ・リニー/アンナ・ガン/ オータム・リーサー

【あらすじ
09年1月15日、乗客乗員155人を乗せた航空機がマンハッタンの上空でコントロールを失う。機長のチェズレイ・“サリー”・サレンバーガーは必死に機体を制御し、ハドソン川に着水させるが・・

感想

2009年、ハドソン川に着水し、乗員乗客155人が生還した航空機事故から7年
当事者であるサレンバーガー機長の手記をもとにクリント・イーストウッドが監督した実話に基づくドラマです。

機長の偉業をたたえ、事故時の緊迫をスリリングに描き作品だと思っていたら、なにやら最初から雲行きが怪しい。
というのも、映画はいきなりサレンバーガーことサリー機長に、その判断が誤りだった可能性をたたきつけるのですよ。
Sully-2.jpg

極寒のハドソン川に浮かぶエアクラフトの翼に立ち、静かに救出を待つ乗客の姿を映すニュース映像と、機長が最後まで機内に残り、避難誘導してくれたと話す乗客の言葉も鮮明に覚えているこの事故に、そんな裏の話があったことは知らなかった。

機長はヒーローか、あるいは乗客を危険にさらしただけなのか 
イーストウッドはわずか98分という上映時間でそれを検証し、真実を浮かび上がらせる。

数度にわたり見せる事故映像の、回を重ねるごとに、機長の技術力や人間性、夫婦および副機長との信頼関係、乗客同士、レスキューチームとの連携、ふれあい、感謝などのヒューマンな部分を積み上げていく盛り上げ方のうまいこと。
Sully_1-1024x576.jpg
サリー役にトム・ハンクスは抑えた中に揺れる心情を描き、静かなヒーローを演じていて素晴らしい。
『アメリカン・スナイパー』しかり、イーストウッドは真のヒーローが世間に理解されないことが許せないんだろうな。
機長を信頼し支える副機長アーロン・エッカードと妻ローラ・リニーのあたたかい存在感も気持ちいい。
数秒判断が遅れたら奇跡は起こらなかったと思うと、改めて凄い事故だったと思う。
でも事実を伝えるだけではいい映画にならなかったはず。
自信を持ちながらも、もしも自分の判断が間違えていたらと苦悩するのは、人命を預かるが重責を知るからこそ。安全のために調査も大切であることや、それをしっかり受け止める機長らのプロフェッショナル。奇跡に感謝する人やともに喜ぶ人たちなど、人間の姿がしっかり描かれ一体感と爽快感を感じるからこそ感動に繋がった。

短くても中身は充実。
86歳のイーストウッド あっぱれです。


ブログパーツ






[READ MORE...]
【映画】 キャプテン・フィリップス
2013年10月19日 (土) | 編集 |



今日はポール・グリーングラス監督の『キャプテン・フィリップス』
トム・ハンクス主演で、2009年に起こった海賊船による貨物船人質事件を描く
実話ベースのサスペンスドラマです。
キャプテン・フィリップス(2013)アメリカ
原題:Captain Phillips
監督:ポール・グリーングラス
出演:トム・ハンクス/キャサリン・キーナー他
日本公開:2013/11/29
開催中のTIFFのオープニングを飾った作品ですね。 
早くから予告編が流れていて、正直もう観なくてもいいんじゃないかという気になってたけど
いやこれは観て正解だった。

実際に人質となった船長リチャード・フィリップ氏が書いた小説を原作とする本作、
海賊との攻防にドキドキし、救出劇に手に汗握る極上のスリラーに仕上がっています。

緊迫の中にあって、キャプテンとパイレーツの青年との間に小さな絆が生まれるのがいいんですよね。
人は人の親切を忘れないのだという描き方に癒されます。
思えばパイレーツにならざるを得ない若者の切羽詰った思いも悲しい。
だからこそ、海軍特殊部隊ネイビーシールズの仕事の鮮やかさには感心しながらも、
もやもやしたものが残ってしまう。
観客に考える余地を与えるのも、ポール・グリーングラス監督のうまさでしょう。
ラストシーンにはとめどなく涙が出ました。




キャプテンは20人のクルーの安全と引き換えに自ら人質となることを申し出たわけで
言ってみれば、ヒーロー。
しかし、あるインタビュー動画によると、氏はソマリア海域のパイレーツの存在を危惧する団体から
航路の変更を求めるEメールを受け取っていながら、それに従わなかったとのこと。
もしも指示に従っっていたら、事件は起きなかったのではないか。
原作は読んでないので分からないのだけど、少なくともポールグラス監督あるいはトム・ハンクスは、
あの涙に、「あるべき」後悔の念も表現したのではないかな。

体を張ったトム・ハンクスの演技も申し分なし。
パイレーツのリーダーを演じた無名の役者 バーカッド・アブディの演技もよかった。
見ごたえのある一本でした。

ちなみに、一緒に観に行った友人は、揺れるカメラ映像に撃沈しあえなく退場。
酔い安い方はご注意ください。
結局私は一人寂しく貸切で観たのでした。やっぱりこの映画館潰れるな(汗)

     

クラウド・アトラス
2012年11月10日 (土) | 編集 |




今日の美女はハル・ベリー
って、ちょっと無理やりかな(笑)
マトリックス』のラナ&アンディ・ウォシャウスキートム・ティクバの3人が共同監督を務めた超大作『クラウド・アトラス』を観てきました。




クラウド・アトラス
原題:Cloud Atlas
2012年(アメリカ)
監督:ラナ・ウォシャウスキートム・ティクバアンディ・ウォシャウスキー
出演:トム・ハンクスハル・ベリージム・ブロードベントヒューゴ・ウィービング、ジム・スタージェス、ペ・ドゥナ、ベン・ウィショー


 1850年:大西洋を横断する船に乗ることになった白人青年の航海日記、1930年ヨーロッパ:作曲家の卵からその友に宛てた手紙、1975年:原発を巡る陰謀を調査するジャーナリストの黒人女性に襲い掛かる出来事、2012年ノンフィクション小説を発表した作家の老人ホームでのドタバタ、近未来の韓国でのクローン・ウェイトレスの悲哀とクローン制度に異議を唱える革命家のロマンス、うんと先の文明崩壊後の未来でのサバイバルと冒険・・全ては繋がっている

この作品は6つの異なる時代や場所で起きる冒険やロマンスやサスペンスを、あちこち交錯させながら描くという驚きの作品です。主なキャストはそれぞれの物語に登場する、すなわち生まれ変わって次の時代を生きてるわけですが、これが時代ごとに性別や人種さえも異なっていているんですね。

最初に「全ては繋がっている」と書いたのは、航海日誌を次の時代の作曲家が読んでいたり、作曲家の作った曲を次の時代のジャーナリストが読んでいて・・といった繋がりかたをする。で、そう繋がるのは前世で係わりがあるからだったりするんだわ。
最初はその繋がりが見えないから混乱するんだけど、観てるうちにあーー、そう繋がってたのかぁと気づき(エンドロールで気づいた事もあったけどw)、なんか興奮してくるんですね。




未来に進むにつれ、SF的要素が見ごたえ十分で3時間弱の長尺が気にならないほど引き込まれます。
ちなみにタイトルのクラウド・アトラスは劇中ベン・ウィショーが共同で作曲したピアノ曲のタイトルで、これが美しい。
劇中、特殊メイクをしっかり見破れるとより楽しめると思います。




主な登場人物はトム・ハンクスジム・スタージェスのほか、それぞれの監督作品でおなじみの面々。
今日の美女ハル・ベリーは1975年のジャーナリスト姿がそのままですが、あまり登場は多くなかったなと思ったらお爺ちゃんや白人女性がそうだったことにエンドロールで気づいて「えーー?」でした。
クローンのペ・ドゥナちゃんのHシーンが妙に生々しくて、同じアジア人ということもあってかなんか気恥ずかしかったw にしてもこのパートの人間のメイクの酷いことwみんなアンドロイドに見えたけどね。ま、御愛嬌ってことで(笑)

観終えるとね、曲に涙することがあるのも、初めて逢った瞬間に結婚を予感するのも全て前世からの繋がりなのかなと、そんな気持ちになりました。
人種差別や戦争があるのも愚かな話。
だって私たちは様々な人種を行き来しているんだし、
周りにいる人の中には、前世で命を救ってくれた人がいるかもしれない
そう思うと人との関係は決してないがしろにしてはいけないよね。

死は新しい扉を開ける瞬間だと気づいた瞬間、大きな感動が押し寄せました。

人生観変わってしまう映画です。


日本公開は来年3月

★★★★☆