映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】ハスラー2
2015年09月28日 (月) | 編集 |

The-Color-of-Money

【作品情報】
ハスラー2(1986)アメリカ
原題:The Hustler
監督:マーティン・スコセッシ
脚本:リチャード・プライス
出演:ポール・ニューマントム・クルーズ /  メアリー・エリザベス・マストラントニオ/ ヘレン・シェイヴァー / ジョン・タートゥーロ / ビル・コッブス/ ロバート・エイギンス/ アルヴィン・アナスタシア


【感想】
『ハスラー』の続編となるマーティン・スコセッシ監督の『ハスラー2』です。


あれから25年。
かつてハスラーとしてならしたエディ(ポール・ニューマン)も、今は現役を退き、酒の販売などで生計をたてつつ、時にはハスラーの胴元として賭けを楽しむ中年男となっている。
そんなエディの目に留まるのが、抜群の腕を持つヴィンセント(トム・クルーズ
ヴィンセントに自分の姿を重ねたエディは、彼を一流のハスラーに育てるべくマネージメントを買って出る。
ヴィンセントの恋人カーメンも同行し、トーナメントの行われるアトランタを目指すのだが・・・

the-color-of-money-cast

これね、『ハスラー』から間を置いて観たらば素直に楽しめたかもしれない。
変な髪形でお調子者なハスラーを演じるトム・クルーズの教育に四苦八苦しながら
やがて自分の情熱を蘇らせるニューマン。二人の攻防は見ごたえがあります。

でも『ハスラー』のエディに感情移入し、苦いラストの余韻を引きずったまま見ると、納得できないところが多すぎてね。

まず、ハスラーの裏世界から追放されたエディが、その後もハスラーの胴元(っていうの?)みたいなことして今もビリヤード場に出入りしてることに「あ、そうなん?」ってなるし
痛い過去を引きずるはずのエディが、ハスラーとしていかに賢く(汚く)金を稼ぐかをヴィンセントに教えることにも違和感を感じてしまった。

勿論好きでハスラーの世界を捨てたわけではない。
エディの中には沸々としたビリヤード愛があっただろうことは分かるんだけど、出来れば死んだサラや盟友ファッツのことなどに触れるなど、悔恨の念をもう少し表現して欲しかったとも思ってしまった。
まぁ、ビリヤード場を舞台にすることがこの映画の醍醐味であり、スコセッシは、エディの再起を新しいビリヤード映画として描きたかったのでしょうけどね。
全てはマネーゲームとしてのビリヤードの楽しみ方を理解してない私自身の問題かもです。

ヴィンセントを演じるトム・クルーズは青くダサいヴィンセントを好演してます。
ヴィンセントがお金に執着がないことを彼が一銭にもならないゲームの攻略に夢中になるところに垣間見せる演出もよし。そんなヴィンセントをハスラーとして教育する過程のニューマンとクルーズのデコボコ師弟劇は面白い。
TheColorofMoney-Still3

しかし、マネーゲームの駆け引きよりも力を出し切ることに真剣になるヴィンセントがやがてエディを変えることになり、ヴィンセントのゲームに25年の思いをめぐらせるニューマンの表情がいいんですよね。
歳をとってもその後の人生において今日が一番若いんだというのはいつも思うことで
後悔するより挑戦してみようとするエディの姿に多くの中年が勇気を貰ったことでしょう。

ただ個人的にはせっかくならヴィンセントはビリヤード馬鹿のままでいて欲しかった。
予測不能の展開も面白さだとは思うものの、見ていて何度も「そっち?」と期待を裏切られました。
こういう映画も珍しい(笑)
映像もスタイリッシュでよかったし、ニューマンがこれでオスカーをゲットしたのも嬉しい。
ただ、どうしてももう少し前作への愛が欲しかったな。

Color%20of%20Money%20pic%202

ところで、ひとつ疑問に思うところがあるんですが・・

フォレスト・ウィテカー演じるアモスがエディに「お前はハスラーか?」と訊かれて
それには答えずゲームを終えて立ち去る前に「もっとやせたほうがいいかな?」とエディに訊くシーン
あれはミネソタ・ファッツを意識してるとする意見をいくつか目にしたのだけど、本当のところはどうなんだろう。
デブのファッツ=ハスラーで、ファッツを思い起こさせることで自分はハスラーだと暗に答えているという意見も分からなくはないけど
なんだか作りこみに感じるし、アモスがファッツとエディの攻防を知ってたかも疑問。

個人的には単純に「お前はハスラーか?」のイエスの答えの代わりに
「もっとやせたほうがいいか?」と訊いて「イエス」の答えを誘導したと考えるほうが自然じゃなかろうか。


スポンサーサイト
【映画】 オール・ユー・ニード・イズ・キル
2014年07月16日 (水) | 編集 |
オール・ユー・ニード・イズ・キル(2014)アメリカ
原題:Edge of Tomorrow
監督:ダグ・ライマン
出演:トム・クルーズ/エミリー・ブランント/ビル・パクストン/ブレンダン・グリーソン
日本公開中
  評価の高い作品だったのでそのうちに観ましょうと思っていたら、一番近い映画館ではすでに上映終了しててびっくり。
慌てて飛び込んだ映画館も一日2回のみ。しかも一番端の小さなスクリーン勿論3D なし。しまったなぁ。

さてさて、トム・クルーズ主演の近未来戦争映画である本作はキャッチコピーにあるように「戦う、死ぬ、目覚める―。」
ループ機能を身につけた主人公が、何度も死んでは生き返り(時間が遡り)敵に立ち向かうという近未来SFアクションです。
 
ループするたびに過去の記憶を生かしスキルアップしていくというのは、『恋はデジャ・ブ』『ミッション:8ミニッツ』でもおなじみ。
本作はトム・クルーズ演じる主人公がループしながらスキルを磨き、地球軍を導く戦場の勇士になっていくわけですが、
そもそも原作では主人公は少年兵らしいですね。

おっさんなトムちんを主役に据えるためケイジは広報担当の事務屋という設定にして、
軍部にいながら戦闘能力ゼロな主人公を無理くり生み出してます。
おかげでへたれで弱気なトムちんを拝めたのは楽しかったし、最強の男に変わっていく変化も分かりやすかったのは正解。

死んで生き返ってを繰り返すケイジ。
その死に様がユーモラス(しかも大半はエミリー・ブラントに撃ち殺されるw)で笑えるんですが、
緊張感には欠けてしまい途中寝てました(笑)

ところで・・・ここからネタバレしますので、未見の方はご注意ください。


[READ MORE...]
マイノリティ・リポート
2014年02月01日 (土) | 編集 |



二月になりました。
今月もオスカー関連作品を観ていきますが、長丁場でもあるので、ここらで小休止。
二月は逃げるとも言うので、「逃げる映画」を特集します。
脱走、逃走、逃避行ものなどを観ていきますね。

まずはトム・クルーズ主演、スピルバーグの2002年製作のSF『マイノリティ・リポート』です。
マイノリティ・リポート(2002)アメリカ
原題:Minority Report
監督:スティーヴン・スピルバーグ
出演:トム・クルーズ/ コリン・ファレル/ サマンサ・モートン/ マックス・フォン・シドー/ ロイス・スミス/ ピーター・ストーメア/ ティム・ブレイク・ネルソン/ スティーヴ・ハリス/ キャスリン・モリス
 
2054年のワシントンDC
ここでは犯罪予防局なる政府機関により、犯罪が未然に防がれている。
3人の予知能力者の予知したビジョンを映像化し、殺人が起きる前に犯罪者を逮捕してしまうというのだ。
ところがある日、犯罪予防局のチーフ ジョン(トム・クルーズ)は、操作中のビジョンに、36時間後に自分が見知らぬ男を殺すシーンを見てしまう。一転して追われる立場になったジョンは、容疑を晴らすべく奔走することになるが・・・。


フィリップ・K・ディックの原作をスピルバーグが映画化、しかもトム・クルーズ主演とくれば、面白くないわけないですね。
まず近未来映像が素晴らしい。
タッチパネルスクリーンやメモリー装置など、アイディア的には既に実用化してることがいち早く描かれていることにも驚きます。
しかし、この予防局なる機関が、機械ではなく予知能力者の予知という妙にアナログなものに依存しているところは面白いところ。
予知能力者とはいえ人間ですから。その予知ビジョンは必ずしも完璧ではないはず。
そこに「マイノリティ・リポート」なる穴を見出し、真相に迫っていく様子がミステリー的な面白さも生み出していて秀逸でした。

しかしスピルバーグは本当に凄いですわ。
ジョンの逃走シーンに描かれる未来社会の映像にはワクワク。
予知能力者アガサ(サマンサ・モートン)の予知をうまく使いながら追っ手を振り切る演出も見事です。
場末の医師( ピーター・ストーメア)に笑いを伴う麻酔をかけられ、笑いたくもないのに笑うトムちんにも笑えたし、スパイダーと呼ばれる捜索ミニロボットに見つかりそうになるシーンには『ジュラシックパーク』を髣髴とさせる緊張があり、どこをとってもエンタメ性抜群でした。




登場人物の仕事にかける、それぞれの心情の描き方もいいんですよね。
予防局の長 マックス・フォン・シドー、局を捜査する刑事のコリン・ファレルもグッジョブ。
トムちんの子供への思いも丁寧に描かれ、それをミステリーに繋げているところもうまい。
アクションもこなすトム・クルーズのスター性を改めて確認することにもなりました。

「殺人を犯す予定だから逮捕!」って言われてもちょっと納得できないよねぇ。
その瞬間に思いとどまることもあるでしょうし。
というわけで、科学の発達の影に潜む矛盾や危険を描いている点で、往年のSFらしい作品。
最近ではやたら世界の終わりを描くものが多いけれど、スピルバーグにはやはり、こういうワクワクするような未来世界を描くことを期待したいです。
      


再見したら『オブリビオン』が面白すぎた
2013年09月07日 (土) | 編集 |



『スペクタキュラー・ナウ』からはスペクタキュラー繋がり
映像と物語が壮大!ってことで、今日は『オブリビオン』。

オブリビオン(2013)アメリカ
原題:Oblivion
監督:ジョセフ・コシンスキー
出演:トム・クルーズ、 オルガ・キュリレンコ、 モーガン・フリーマン、アンドレア・ライズブロー 、 ニコライ・コスター=ワルドー、 メリッサ・レオ、ゾーイ・ベル
劇場鑑賞したものの、食事しながらで集中できず
結局よく理解できなかったのでDVDで再見しました。

2077年、エイリアンの襲撃により壊滅的な被害を受けた地球で
ジャック・ハーパー(トム・クルーズ)はパートナーと二人、管理タワーに暮らしている。
ジャックの仕事は自動地球偵察機ドローンのメンテナンスとパトロール。
ある日、いつものようにパトロールに出かけたジャックはカプセルの中で眠る美女を発見する・・




人類が放置した地球で居残り作業をするというのは『ウォーリー』を思い出します。
さらに『月に囚われた男』に似た話であることも分かってくる。
今の時代のSFって、地球を捨てたり、移住した先のために地球を利用するというのが当たり前で
どれも似通った話になるのは無理もないですね。
だから真似っこかと思えば、原作は監督自身のグラフィックノベルで、
2005年くらいに書き始めたものらしいから、十分オリジナルなのでしょう。

ジャックはいつも、NYの雑踏から彼に微笑みかける女性(オルガ・キュリレンコ)の夢を見る。
彼女は誰なのか、そしてジャックは何故生まれてもいない昔のものに懐かしさを覚えるのか
その謎に迫るとき、私たちはノスタルジーに共感し、ラブストーリーにキュンとするのです。




ドローンという探査機も個性的で、その融通の利かなさがおもろい。
カーチェイスならぬ、ドローンチェイスはスターウォーズっぽいし。
地球のジャックらに指令を与えるサリー(メリッサ・レオ)に至ってはHAL9000を髣髴とさせる。
こうなったら、これは人類の進化とそれをコントロールする神の物語なのか?などなど
想像力が膨らみに膨らんじゃいましたわ。

アクションもラブストーリーも、まだまだいけちゃうトム・クルーズって
もしかしてトム49だったりする?(歳ちゃうよ)
スペクタキュラーですよね!(←無理やり?w)




アウトロー
2013年05月10日 (金) | 編集 |




アウトロー(2012)アメリカ
原題:Jack Reacher
監督:クリストファー・マッカリー
出演:トム・クルーズロザムンド・パイクリチャード・ジェンキンス、ベルナー・ヘルツォーク、デビッド・オイェロウォ
 白昼に5人が射殺される事件が発生。現場に残された証拠から、元米軍スナイパーのジェームズ・バーが逮捕されるが、警察の尋問にバーは黙秘を続け、“ジャック・リーチャーを呼べ”と謎のメモを残した・・

原題のタイトルロールでもある「ジャック・リーチャー」をトム・クルーズが演じ
銃撃事件の真相を追うミステリー・アクションです。
このリーチャーという男は元軍人の捜査官として、郡内の事件を解決していたツワモノながら、今はクレジットカードや免許証など現代社会に生きる形跡を持たず、ゴーストのように生きる一匹狼。
こんなやつどうやって探すネンと途方に暮れる警察と弁護士の前に、リーチャーが自ら姿を見せるところが面白く、リーチャーとバーの関係にも興味を惹かれます。




警察の集めた証拠品から事件にいくつかの疑問点を見出だすリーチャーが
バーの弁護人であるヘレン(ロザムンド・パイク)の協力を得て、真相を解明していくという話ですが、
天下のトム・クルーズが、安物の服を着て、バスを利用する男という普段のギャップも面白い。
しかもバスは上手い具合にプロットに活かされています。
でもまぁ、ミッションシリーズとは正反対のアナログな男でもトム・クルーズはカッコいい。
本作では、前半は鋭い謎解きをしてみせ、後半は息も止まりそうなカーチェイスなど
アクションで魅せてくれます。

とびきりクールかと思えば、ヘレンに手を出すなと悪者に脅しをかけるトムちんの熱いこと。
終盤の大もの俳優の活躍も爽快だったけど、本作は「思わぬ助っ人」の描き方がいいね。
影の悪人をベルナー・ヘルツォークが演じていて、素人っぽい大物加減が役に合っていた印象。
相変わらず悪と善の判別がつきにくいリチャード・ジェンキンスもミステリーを撹乱する役割を担ってました。

銃器も車も持たないリーチャーだからこそ、悪人との素手の戦いは意味があると思ったけれどそれならば大物をしとめる手段も何か他の手がなかったのか。。と感じたのは私だけかな。

とはいえ、謎解き、アクションの両方を楽しめる快作でした。





トラックバック一覧

  1. 1. 映画:アウトロー Jack Reacher なぜ最近 カーアクションで全く「燃えないか」の理由を一発で悟る(笑)

    • [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
    • May 11, 2013 07:48
    • トム・クルーズ製作・主演。 これだけでイヤな予感が走る。 というのは最近、彼の「ドヤ顔」に少々うんざり気味だった私。 もし130分にも渡り、それを見せつけられたら...と思うだけでゾッとした(笑) だが映画が始まってみれば、それは杞憂に終わった。 とう...
  2. 2. アウトロー ジャパン・プレミア

    • [風に吹かれて]
    • May 13, 2013 10:08
    • トムの新シリーズとなるか公式サイト http://www.outlaw-movie.jp2月1日公開原作はリー・チャイルド著作のジャック・リーチャーシリーズ (講談社文庫)監督・脚本: クリストファー
  3. 3. 映画「アウトロー」 2013年 監督 クリストファー・マッカリー

    • [アンダンテ あっち行って ホイ♪]
    • May 16, 2013 10:46
    • アメリカンな映画〜トム・クルーズは相変わらず イヤミなく格好良い役でした ハイテク全盛の現代に 携帯なし・クレジットカードなし〜のアナログ人生を送るアウトロー  ジャック・リーチャーが主人公 トムはーチェイスと肉弾戦をスタントなしでこなしたとか
  4. 4. 『アウトロー』

    • [cinema-days 映画な日々]
    • May 20, 2013 23:08
    • 女弁護士と被疑者に呼ばれた 一匹狼の元米軍秘密捜査官が 連続狙撃事件の真相を探る... 【個人評価:★★★ (3.0P)】 (劇場鑑賞) 原題:Jack Reacher 原作:リー・チャイルド『ワン・ショット』
  5. 5. アウトロー

    • [マープルのつぶやき]
    • June 24, 2013 13:52
    • JUGEMテーマ:アクション映画全般 「アウトロー」原題:Jack Reacher監督:クリストファー・マッカリー原作:リー・チャイルド  「One Shot」2012年   アメリカ映画   130分キャスト:トム・クルーズ     ロザムンド・パイク     リチャード・ジェン
  6. 6. アウトロー

    • [いやいやえん]
    • July 02, 2013 10:12
    • トム・クルーズ主演。 シリーズものの原作の何作目かの映画化なので、主人公が何者なのか、どういう経緯でアウトローとなったのか、その辺が描かれず突然登場するので、ある意味で「謎の男」というグレーな男を演出するのにはむいています。悪く言えば説明不足ではある
  7. 7. アウトロー

    • [THE MOVIEST CINEMER]
    • July 02, 2013 12:32
    • 観られた方の評では「予告詐欺」なんて声もあったこの作品 その評が気になっていながらシネコン上映がネックで劇場鑑賞を断念したのですが 今回DVDがレンタル開始になってたので観る事ができました...



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。