映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
永遠の命は要らない!『ハンガー』
2012年03月27日 (火) | 編集 |


ハンガー
1983年(イギリス)
原題:The Hunger
監督:トニー・スコット
出演:カトリーヌ・ドヌーヴデビッド・ボウイ、クリフ・デ・ヤング、
ジェームズ・オーブリー、ジョン・パンコウ、スーザン・サランドン、
ダン・ヘダヤ、ウィレム・デフォー
【ストーリー】
不死の生命力を持つ吸血鬼のミリアムは生きた時代ごとに愛する者を見つけ、自分の仲間にしていた。ニューヨークに暮らす今の相手は、18世紀のイギリスで見つけたジョン。ミリアムは吸血鬼になることを条件に彼にも生命力を与えていたが、200年以上も若さを維持することは不可能だった。衰えを感じ始めたジョンは老化を研究している女医サラに会うが……。(映画.comより)



吸血鬼として生きる男女の愛と宿命を
トニー・スコットがスタイリッシュに描き上げたお耽美ホラー!
カトリーヌ・ドヌーヴデヴィッド・ボウイ共演
しかも、美しい二人が吸血鬼を演じるのだから、こりゃたまらんってもんです。

18世紀にミリアム(ドヌーヴ)に見出され、
永遠の命を信じ、生きてきたジョン(ボウイ)は
ある日突然現れた老いの兆しに戸惑います。
救いを求め、老化を研究する女医(サランドン)の元を訪ねるものの
老いは瞬く間にジョンを襲い・・

人間老いても、みんなと歩調をあわせてるからいいのだけど、
自分だけジジイになって、恋人は永遠に美しいとなると、それは辛いですよ。
ジョンはミリアム(ドヌーヴ)の愛を失うことを恐れる。
彼女がジョンに代わる、次の恋人を捜すだろうこともわかっているから・・。

迫り来る老いに苦悩するデヴィッド・ボウイも必見ですが
この映画のもう一つの見所は、ドヌーヴとスーザン・サランドンのビアンな関係!
30年前の麗しきお2人ですからね。なんとも贅沢。





吸血鬼映画なので、血なまぐさく、えぐい描写もあるけれど
青を基調にした映像はクールでスタイリッシュ。
摩天楼のベランダに佇むサランドンを映し出し、
グーーンと引いていくラストシーンの美しさは格別です。

後半一気にお化け屋敷状態になり、
スタイリッシュとは真逆なクリーピーな映像になるので要注意ですが
「永遠の命ってそういうこと?!」と驚き、
「ドヌーヴさんまで?」なクライマックスまで、一気に楽しみましょう(笑)

私としては無間地獄に漂うよりは、歳食って普通に死にたい。
命には限りがあるからこそ、今が輝くのだと思うから。




アンストッパブル
2011年04月14日 (木) | 編集 |
 
トニー・スコット監督による実話を元にしたサスペンスアクションです。
 
アンストッパブル(2010) アメリカ 
監督:トニー・スコット
出演:デンゼル・ワシントンクリス・パイン/ロザリオ・ドーソン/イーサン・サプリー/ケヴィン・ダン
【ストーリー】
ペンシルヴェニア州ブリュースターのミンゴ操車場。この日、初めてコンビを組むことになった勤続28年のベテラン機関士フランクと、職務経験4ヶ月の新米車掌ウィル。始めからソリが合わず、それぞれ私生活でも問題を抱える2人は、険悪な雰囲気で旧式機関車1206号に乗り込むことに。その頃、操車場では、運転士によるブレーキ操作のミスが原因で、最新鋭の貨物列車777号が無人のまま走り出してしまう。
■感想
ちょっとした人為ミスから始まり、不運が重なって
無人の機関車が暴走を始める。
その過程が非常にハラハラさせられました。
 
どの時点で事故報告をするかとか
トップの決断とか
危機管理という点で、今観るとどうしても原発問題を思い出してしまうところ。
 
この映画は実話ベースということに驚いてしまうんだけど
最悪の事態が予測された事故を
最小限の被害で収束させることが出来たのは
やっぱりベテランさんの経験、そして勇気。
 
デンゼル・ワシントンは頼りになる男をやらせたら右に出るものいないっしょ。
 
どこか母性本能をくすぐられるクリスくんの
新人だけど、ちょっと負けん気が強くて、
そっちがそういう態度なら、別にいいっすよー的なところもまた可愛い。
 
はじめから険悪ムードのコンビだったけど
デンゼルの娘ちゃんがフーパーズギャルだという話題で
互いにちょっと和むシーンが好き(笑)
 
線路側からのアングルは、機関車がまるで意思を持つかのようで
恐怖と迫力を高めるのに効果的。映像は迫力でしたね。
 
正直映画は期待以上でも以下でもなかったけど
機関車を止める! そのことに勝負をかける人たちの気迫が心地よく
スポ根もの的な感動を与えてくれました。