映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】ライオン ~25年目のただいま~
2017年02月15日 (水) | 編集 |
Lion poster  
ライオン ~25年目のただいま~(2015) オーストラリア
原題:Lion
原作:サル―・ブライアリー
監督:ガース・デイヴィス
脚本:ルーク・デイヴィス

出演:
デヴ・パテル/ルーニー・マーラ/デヴィッド・ウェンハム/ニコール・キッドマン/サニー・パワーll

【あらすじ】
5歳の時にインドの駅で迷子になったサル―は、その後オーストラリア人夫婦に引き取られる。しかし彼の心には常に母や兄への思いがあった。

【感想】
 サル―・ブライアリーが自身の数奇な人生を綴った自伝小説『25年目の「ただいま」』を、本作が映画初監督作品というガース・デイヴィスが映画化した感動のドラマです。

初監督作品で作品賞にノミネートされるとは凄いなと思ったら、もともとかんとくはCM筋の作家として高い評価を受けてきた人らしい。
インドで迷子になった5歳の少年がオーストラリアで暮らすことになり、25年目にグーグルの力で故郷に戻ることができた
ストーリー自体が映画みたいなものだから、どう転んでも面白くはなりそうだけど、美術、音楽、映像すべてが美しく一本の映画としてのクオリティーが高い。少年時代のサルー少年がむちゃくちゃ可愛らしくて、少年の冒険を描く前半にも大いに引き付けられました。
lion_anatomy_-_5_-_embed_-_2016.jpg
どこのあらすじにも書いてるので書きますが・・サルーの故郷探しにはグーグルアースが大きな役割を果たしたんですね。
私も初めての場所に行くときなど、前もってグーグルでチェックするようにしています。
先日も、交差点がロータリーになってるのが分かったので、その場で戸惑わずに済みましたよ。ありがたいことです。

この世にグーグルがなかったら、おそらくサルー少年は一生故郷を見つけることはできなかったでしょう。
5歳の子供の記憶力では、土地名も駅名もわからないのだから。
lionkidman.jpg
オーストラリアでの暮らしは普通に裕福で両親も優しい
でも少年が一番幸せだったのは、家族と暮らした少年時代だったのだろうと
何も説明されなくてもわかるほど、インドの描写がいい!
貧しくても互いに助け合い、家族と繋がることの素晴らしさを描いた作品でもありますね。
lion brothers

デブ・パテル君の助演もいいですが、私ならサルーを演じたサニー・パワー君に賞をあげたいです。


お気に入り度4.2

ブログパーツ




















【映画】奇跡がくれた数式
2016年10月04日 (火) | 編集 |
mwki2.jpg
奇跡がくれた数式(2015
イギリス
原題:The Man Who Knew Infinity
監督/脚本:マシュー・ブラウン
出演:デヴ・パテルジェレミー・アイアンズ/デビカ・ビセ/トビー・ジョーンズ/スティーブン・フライ
日本公開:2016/10/22

【ストーリー
1914年、英国。ケンブリッジ大学の数学者ハーディ教授は、インドから届いた一通の手紙に目を止める。そこには驚くべき“発見”が記されていた。ハーディは差出人の事務員ラマヌジャンを大学に招くが、学歴もなく身分も低いことから教授たちは拒絶する・・。

【感想
著名なイギリス人数学者と独学で数学を学ぶ名もない事務員のインド人。
人種も境遇も違う二人が出会い、ともに世界を変える奇蹟を成し遂げるという実話に基づいた話です。

数学者ハーディにジェレミー・アイアンズ、事務員ラヌマジャンにデヴ・パテル
ラマヌジャは画期的な数式をノートにしたため、それを証明したいと思っている。

ケンブリッジ大学のハーディ教授のことを知ったラマヌジャンは手紙をしたため、渡英することになるんですが、数式など簡単に証明できるものではないらしく、彼は差別に苦しみながら大学で長い時を過ごすことを余儀なくされるんですね。
the_man_who_knew_infinity_48050683_st_1_s-high.jpg
当時インドにはカースト制があって、ラマヌジャンの階級では海外渡航すら禁じられていたらしい。
結婚間もなく、世間に冷遇されることを覚悟で夫を送り出す妻の献身がまず偉い。
themanwhoknewinfinity-01.jpg
映画の売りとしては境遇も身分も違う二人の数学者が世紀の数式を証明したということで、ハーディ教授の心の広さと二人の友情を熱く描くものかと思ったけど少し違った。というのもジェレミー・アイアンズ演じる教授の興味はラマヌジャンの数式であって、ラマヌジャン本人にはなかったから。ラマヌジャンがどんな思いでイギリスで過ごしているか知ろうともしない教授には少々腹が立ってしまった。ハーディは学者バカであって悪気はなかったんでしょうけどね。医者は病名を見て患者を診ないというのに近いかな。

ハーディのそんな欠点もちゃんと描いてるのは、正直な映画かもしれません。
ジェレミー・アイアンズが演じると憎めないしね。
人道的な部分で大きな役割を担ったのはむしろトビー・ジョーンズ演じるお友達の教授。

戦争が勃発しカレッジ上空にも敵機が襲来します。
そんな中でも世紀の発明が生まれるんだから凄い。
学問を究めるものは細かいこと気にしてちゃだめってことね(笑)

個人的には二人の成し遂げた共同作業の部分よりも、「奇跡がくれた数式」の、本当に「奇跡」な部分に興味を惹かれましたわ。天才の偉業をよくよく調べると、こういうのもほかにあるかもなぁ。

デヴ・パテルは全身全霊で使命を全うするラマヌジャンを熱演してました。
犠牲にしたものも大きかったけれど、今も彼の数式が宇宙工学など様々な場面で使われていることや、当時植民地であったインドの知性を知らしめたことなど功績が大きいのが救い。
51991072.jpg
撮影は実際にケンブリッジ大学のトリニティ・カレッジで行われたらしい。
古くはアイザック・ニュートンやホーキング、最近ではイアン・マッケランにレイチェル・ワイズ、エディ・レッドメインなどの多くの天才、秀才が学んだ美しいキャンバスを見るのも一興ですね。

ということで、今日の「英国男優」はここのところ教授役がやけに多いジェレミー・アイアンズさまでした。
2016年は6本の映画にご出演の68歳。無理せず頑張ってくださいな。


ブログパーツ
[READ MORE...]
マリーゴールド・ホテルで会いましょう
2013年01月29日 (火) | 編集 |
劇場で観てから数ヶ月が経ってしまった。
まもなく日本公開ということで、DVDで再見しました。




マリーゴールド・ホテルで会いましょう(2011)イギリス/アメリカ/アラブ首長国連邦
原題:The Best Exotic Marigold Hotel
監督:ジョン・マッデン
出演:ジュディ・デンチビル・ナイ、トム・ウィルキンソン、マギー・スミス、デヴ・パテル、ペネロープ・ウィルトン 、セリア・イムリー、ロナルド・ピックアップ


「神秘の国インドの高級リゾートホテルで、穏やかで心地よい日々を」という謳い文句と美しいガイド写真にひかれて、イギリスからインドにやって来た未亡人イブリンら、それぞれの事情を抱えた男女7人。しかし、彼らを待ち受けていたのは「近いうちに豪華になる予定」というオンボロのホテルと刺激的すぎる異国の文化だった。

映画はホテルに集った7人の男女がそれぞれの問題に向き合う様子を
ホテルの再生物語と平行させて描く群像ドラマです。

一昔前は定年したら海外でのんびり暮らしたいと思う人も多かったと思うけど
最近はどうでしょ。住むとしたらオーストラリア?それともハワイ? 
インドを候補地に挙げる日本人は少ないかな。



本作ではインドで老後を過ごそうとする7人のワケあり中高年者が
これまたワケありホテルに集い、それぞれの問題に向き合いながら
進む道を決めていくお話。男女7人+インドの若者の群像劇ですね。

まず老齢のイギリス人とインドという組み合わせが面白いよね。
インドに偏見を持ち、恐々として日々を過ごすマギー・スミスなど
ベテラン陣のコミカルな演技も楽しい。
常套手段ではあるけれど、最初はインドの表面的な部分を描き見せ
徐々にカルチャーや人々の魅力を見せていく手法。

人生も終盤に近づくと、最後の人生をどう生きようかと思うことでしょう。
7人はそれぞれに、何かを変えようと切望していて、彼らの思いには大いに共感できるのですよ。



平行して描かれるのがホテルマネージャーの若者(『スラムドッグ&ミリオネア』のデヴ・パテル)のエピソード。倒れかけのホテルを再建しようと奮闘する彼の情熱が老人たちの気持ちを守り立て、老人たちの英知が若者をバックアップする。美しい恋人も目の保養になりました。
インドの街もまたカラフルで力強い。
欲を言えば、カルチャーギャップをもう少し見せてくれるともっと楽しかったかな。
あくまでイギリス人が垣間見たインドの形だったと思います。




監督は『恋におちたシェークスピア』でジュディ・デンチにオスカーをもたらしたジョン・マッデン
本作でのデンチは悲しみをたたえながらも前向きに生きる女性。素直な笑い声も可愛らしい。
インドの喧騒にも自然に溶け込むデンチ、そして彼女に思いを寄せるビル・ナイも素敵です。

いくつになっても成長できるし人生変えられるのだというメッセージが心地よい作品でした。
★★★★



 

トラックバック一覧

  1. 1. ■マリーゴールド・ホテルで会いましょう■’13(洋2)

    • [ティアドロップス〜涙の数だけ〜]
    • February 04, 2013 16:57
    • ■マリーゴールド・ホテルで会いましょう■     チェック:『恋におちたシェイクスピア』のジョン・マッデン監督が、ジュディ・デンチら実力派ベテラン俳優陣を迎えた群像コメディー。人生の終盤を迎えそれぞれに事情を抱える男女7人が、快適な老後を送るため
  2. 2. 「マリーゴールド・ホテルで会いましょう」 で人生観が変わってしまう!

    • [★ B型的偏見思考 ★]
    • March 19, 2014 13:21
    •     最初に言いたいことを言わせていただくと、   「素晴らしい! 人生観変わっちゃう! 齢取る事なんて怖くない! 世の中明るいさ!」   って思わせる映画ってコトかな!?       ジュディ・ディンチが主演なんだけど、