映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】光をくれた人
2016年09月04日 (日) | 編集 |
light-between-oceans-movie-reviews-cast.jpg

 光をくれた人(2016 イギリス/ニュージーランド/アメリカ
原題:The Light Between Oceans
監督:デレク・シアンフランス
出演: マイケル・ファスベンダーアリシア・ヴィキャンデルレイチェル・ワイズ/ブライアン・ブラウン/ジャック・トンプソン

【あらすじ
人里離れた灯台守として働き始めた帰還兵のトムは、上司の娘と出会い恋に落ちる。孤島に新居を構えまもなく子供を授かるが・・

【感想
ヴェニスでいちゃいちゃ
今最もホットなカップル マイケル・ファスベンダーアリシア・ヴィキャンデル主演のメロドラマです。
1280_the_light_between_oceans_alicia_vikander_michael_fassbender.jpg
孤島の灯台守として新生活をスタートさせた帰還兵のトム(ファスベンダー)と美しい妻のイザベル(ヴィキャンデル)。幸せいっぱいの二人ですが、まもなく授かった子供を続けて流産しイザベルは壊れ気味に。そんなとき漂流するボートに赤ん坊発見。自分たちの子供として育ててしまうのです。

ファス&アリシアが恋人と噂されるようになって結構経ちますが、2人はこの映画での共演で交際が始まったんですね。こんな幸せな新婚カップルを演じれば、そりゃ恋にも落ちるでしょう。
The-Light-Between-Oceans-trailer-con-Michael-Fassbender-y-Alicia-Vikander_landscape.png
海に囲まれた絶景の地、淡い色調で描き出される美しい二人のラブストーリー。
眼福でございますよ。
でも映画の二人の幸せは意外に長く続かない。
だって海からやってきた子供には本当の親がいて、2人はその真実から逃れることができないから。
でもって監督は『ブルーバレンタイン』のデレク・シアンフランスときた。

まず思うのは男女の違いですね。
わが子を失った悲しみに暮れているときに目の前に赤ん坊が現れたら、もう絶対に手放したくなくなる気持ちは女として理解できます。一方第一次世界大戦でたくさんの仲間の死を目の当たりにしたトムは、イザベルに出会うまでは戦争後後遺症で心を閉ざしていたほど。志半ばで命を落とした若者への思いからトムは罪の意識にさいなまれてしまう。
良心とイザベルへの愛のはざまで苦悩するファスベンダーがなんとも切ないんです。

正直途中までは一番かわいそうなのはレイチェル・ワイズやんと、やるせない思いで観てましたが、最後の最後はファスに泣かされました。




日本公開は来年春?まじか
二人に本当の子供ができちゃうよ。


「英国男優50人斬り」8人目はマイケル・ファスベンダーでした。


ブログパーツ






[READ MORE...]
ライアン・ゴズリング『プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命』
2013年04月17日 (水) | 編集 |



今日はエバート氏塗りつぶしの一本。
『ブルーバレンタイン』のデレク・シアンフランス監督とライアン・ゴズリングが再びタッグを組んだ新作です。
プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命 (2012)アメリカ
原題:The Place Beyond the Pines
監督:デレク・シアンフランス
出演:ライアン・ゴズリング、 ブラッドリー・クーパー、 エヴァ・メンデス 、 レイ・リオッタ、ベン・メンデルソーン、 ローズ・バーン、 マハーシャラ・アリ
日本公開:5/25~
 
ゴズリング演じるルークは各地を転々としながら、祭りのショーで危険なバイクスタントを生業とする男。
ある時、ルークはかつての恋人ロミーナと再会。ロミーナ(エヴァ・メンデス)が自分の子供を産み育てていたことを知り、その地に留まり、子供を養うことを申し出る。
小さな修理工場で仕事を得るルークは、やがて銀行強盗に手を染めることに・・



銀行強盗の後、バイクを使って逃走するシーンの大半が長回しで撮られ迫力です。
しかしある失敗から、逃走中、新米警官のエイヴリー(ブラッドリー・クーパー)に追われることに。
映画は、ルークとエイヴリーの人生を絡ませながら、二世代に渡る「父と子」の関係を描くもの。



ルークの背景は語られず、孤独な天才ライダーという設定が『ドライヴ』に似てますね。
またしてもその腕前を犯罪に生かすことになるのだけど、今回は「我が子のため」であるところが
ようやく得た小さな幸せにすがるようで切ない。
後半はブラッドリー演じる警官エイヴリーの人生にシフト
彼も正義感に溢れ、野心家である一方、心の闇を抱え込むことになる男。
ルークの相棒を演じるベン・メンデルソーンしかり登場人物は善と悪の両方を持ち合わせている。
それが人間だという監督の主張ですね。
警官仲間のレイ・リオッタが醸しだす緊張感は半端なく、サスペンスを盛り上げてくれました。


正直、子供の世代が描かれる後半は助長に感じてしまったのだけど、
終わってみれば、哀しみのループを閉じるには必要だったんだなと思う。
一枚の写真が魔法のように長い間のわだかまりを溶かし
エンドロールになってジワジワと感動がこみ上げてくる作品でした。

ちなみにタイトルのThe Place Beyond the Pinesは舞台となるニューヨークのスケネクタデイが
モホーク語で「松平原の向こう」であることから。
今のところ(アカデミー関連作品を除いて)今年一番ですね。
ゴズリングとメンデルソーンのワンちゃんダンスシーンは、ひと時心が和み最高でした!(笑)




      

[READ MORE...]