映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】僕のワンダフル・ライフ
2017年07月15日 (土) | 編集 |
27-dog-purpose.jpg
僕のワンダフル・ライフ(2017
アメリカ
原題:A Dog's Purpose
監督:ラッセ・ハルストレム
出演:K・J・アパ/ブリット・ロバートソン/ジョン・オーティス/デニス・クエイド/ペギー・リプトン
【あらすじ】
ゴールデン・レトリバーの子犬ベイリーは、自分の命を救ってくれた少年イーサンと固い絆で結ばれていく。やがて寿命を終えたベイリーは、愛するイーサンにまた会いたい一心で生まれ変わりを繰り返すようになるが、なかなかイーサンに遭遇できない。3度目でようやくイーサンに出会えたベイリーは、自身に与えられたある使命に気づく。(映画.comより)


【感想】
今日はラッセ・ハルストレム監督の新作
50年間に三度転生した犬と飼い主の絆を描くファンタジー・ドラマです。

bailey-ein-freund-fürs-leben-2
幼い少年イーサンに飼われた犬のベイリー
ベイリーの台詞は『アナと雪の女王』でオラフの声を当てたジョシュ・ギャッドが担当していて、犬ゆえに少々ボキャブラリー不足、でも意外に観察力はしっかりしていて、彼のおっとりしたナレーションがまた楽しい。

とってもいい子のイーサンだけど、アル中の父親の存在がイーサンの人生に暗い影を落としていく
イーサンとともに成長し、固い絆で結ばれていくベイリーもやがて年老いて・・
でもご安心あれ、ベイリーは新しいワンコとして生まれ変わるのです!(笑)

原題は「ある犬の目的」
ベイリーが何度も生まれ変わる そのわけは・・って部分は
人間様の自己中心的な発想に思えたりもするんだけど
さらりと描かれる転生と言う部分に、意味を与えるかどうかは観る人の宗教観とかによっても違うかな。
なんにせよ、大切なペットを失くし「愛犬にまた会いたい」と思ったことにある人には、これはたまらないはず。
ワンコ好きさん必見の最高にハートウォーミングな一本です。
Dogs-Purpose-2017.jpg
ところでね、この映画で犬への虐待があったと聞いて、凄く残念に思っていたんだけど、中年期のイーサンを演じたデニス・クエイドによると、TMZで流された、「嫌がるシェパード犬を笑いながら流れの速い水の中に落とそうとする」フッテージは、映画撮影者とは全く関係のない何者かによるものだったらしいんです。
スマホ映像を後半の本物の撮影シーンと合体させているというから悪質。投稿者は特定されてないらしいですがプレミアの前に公開されて、プレミアは中止。ラッセ監督は動物虐待者と批判されたそうだからなんとも酷い話ですよね。
実際には安全に配慮され撮影されたらしいので、虐待の噂を信じて観るのをやめるという人が少ないことを願います。

ブログパーツ









ムービー43
2013年08月10日 (土) | 編集 |



ムービー43(2013)アメリカ
原題:Movie 43
監督:スティーヴン・ブリル、 ピーター・ファレリー、 ウィル・グレアム、 スティーヴ・カー、 グリフィン・ダン、 ジェームズ・ダフィ、 ジョナサン・ヴァン・タルケン、 エリザベス・バンクス他
出演:デニス・クエイド、グレッグ・キニア、エリザベス・バンクス、 ナオミ・ワッツ、ハル・ベリー 、 
 ジェラルド・バトラー、アンナ・ファリス、 リチャード・ギア、 テレンス・ハワード、 ヒュー・ジャックマン、ジョニー・ノックスヴィル、クロエ・グレース・モレッツ、 リーヴ・シュレイバー
日本公開: 8/10~
 
デニス・クエイドが映画会社に映画の案を持ち込み、グレッグ・キニア演じるプロデューサーに売り込む。
そのショート・フィルムの内容を豪華キャストが演じてみせるというオムニバスです。


もうね、ロジャー・エバートさんじゃないけど、映画が始まって5分で観たことを後悔しました(笑)
最初のエピソードは、ケイト・ウィンスレットがヒュー・ジャックマンとブラインド・デートをするというもの。
といっても顔写真だけは事前に見てウキウキで出かけるんだけど、やってきたヒュー・ジャックマンが・・・・



いや、もう画像これ以上は載せられませんよ。もしかしてこれに修正入ったりしない?
ケイト・ウィンスレットの反応が、演技うますぎで爆笑モノ。
周囲の人たちが全く気にしてないのも笑えます。
強烈過ぎて唖然としたけど、思えばこのエピソードが一番可笑しくて、
あとはハル・ベリーのドッキリカメラ的なノリはよかった。

とにかくお下劣炸裂な映画だけど、小ネタは楽しめる。
なんといってもこれを豪華俳優陣が演じてるのがミソですね。
あとで出演者リストみて気づいた人もいたけど。

可愛そうだったのはクロエちゃん。思春期の女の子になにやらせるの。
『キック・アス』で共演のレッド・ミストが一緒に出てるのも可笑しかった。

ピーター・ファレリーの思いつきから、多数のネタが持ち寄られ
エリザベス・バンクス含む12人が監督したという本作、
これだけの有名人が出演したのもファレリー兄弟の名前があってこそかな。

コント集のノリなので目くじら立てることもないし
部分部分はそれなりに楽しめたけど
どうでもよすぎるものもあったので、いいお点あげないよw






トラックバック一覧

  1. 1. 「ムービー43」は有名スターによる下品ネタてんこもりの映画でバカに付き合える人にオススメ。

    • [今昔映画館(静岡・神奈川・東京)]
    • August 18, 2013 15:37
    • 今回は新作の「ムービー43」をヒューマントラストシネマ渋谷3で観てきました。初めての映画館だと思ってたら、何やらデジャヴ感ありまして、ここって、7年前に 「2番目のキス」 を観た渋谷アミューズCQNでないかいって気付きました。座席数60で、座席の配置とスクリ
            •