映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】A Cure For Wellness(原題)
2017年02月18日 (土) | 編集 |
cureforwellness0001.jpg

 A Cure For Wellness(原題)(2016) ドイツ/アメリカ
原題:A Cure For Wellness(原題)
監督:ゴア・ヴァービンスキー
脚本:ジャスティン・ヘイス

出演:デイン・デハーン
/ジャスティン・アイザック/ミア・ゴス

【あらすじ】
野心家のロックハート(デイン・デハーン)は会社のCEOを連れ戻すためスイスのアルプスにある療養施設に向かうが・・

【感想】
 ゴア・ヴァービンスキー監督の新作は、アルプスの療養施設での滞在を余儀なくされた主人公が体験する恐怖を描くミステリー・ホラーです。

デハーン君演じるロックハートは、CEOを連れ戻しにアルプスの療養施設まで出かけるも目的を果たせず。
帰ろうとしたところで事故に遭い、気づけば療養施設に収容されていた。
足が折れているらしい彼は、しかしそれ以外の病気が見つかったとかで治療を受けることになるんですが・・
Cure-For-Wellness-3.jpg
とにかくこの施設が妙。
ここに来る途中の列車の中からと思われる映像も、途中から車体が半分に割れていくような撮り方になっていて、異次元の世界に足を踏み入れるような不思議な感覚に陥ります。
案の定、ここでは携帯は使えないどころか、時計までも止まってしまう。
患者たちが皆年寄りで裕福そうなあたりは『グランドフィナーレ』を思わせるんですが、温泉治療と称した治療が異様で人々も変。とにかく世界観の作り上げ方が巧い。
rs-a-cure-for-wellness-a519e187-8ad0-4c00-96bf-63d55d73c10b.jpg
よせばいいのに素人探偵よろしく探りを入れるデハーン。
途中までは『シャッター・アイランド』系だろと思わせ、そこから一気にゴアを加速させるあたり流石ゴア・ヴァービンスキー
施設に暮らす謎の少女ハンナを演じるミア・ゴスがシェリー・デュヴァルを思わせる風貌で、アンモラルな世界をゴスな異空間に変える不思議な存在感を発揮しています。
mia-goth-in-A-CURE-FOR-WELLNESS-1024x640.jpg
やがて明らかになるダークな秘密・・
正直途中寝てしまったんですがw秘密が暴かれる終盤は息もつかせぬ怒涛の展開。
思わぬゴシックホラーを堪能しました。



映画の評価は二分してるようで、
ゴア系ダメな人はまずアウトでしょうし、映画に辻褄を求める人も無理でしょうね。
私としても治療効果にもう少し理由が欲しいと思うところはあるんですが、広い心で受け入れました。

城にまつわる秘密同様に、醜さと美しさが混在する映画でしたね。


お気に入り度4.0




【映画】デイン・デハーン主演『ライフ・アフター・べス』 彼女がゾンビになっちゃった!
2015年04月10日 (金) | 編集 |




ライフ・アフター・べス(2014)アメリカ

原題:Life After Beth
監督:ジェフ・ベイナ
日本公開:2015/5/16
作品情報
トレーラー

 あらすじ
突然恋人べスを失ったザックの元に、彼女が墓場から帰ってきた!


感想
『ハッカビーズ』の脚本を務めたジェフ・ベイナの初監督作品。
デハーン君のラブコメ、しかもゾンビ映画ということで観てみました。

デイン・デハーン演じるザックは恋人ベスを不慮の事故で失い、茫然自失。
彼はベスとの最後の会話が別れ話だったことを悔やんでいます。
ところが葬儀が終わって間もなく、ベスの家を訪ねたザックは、窓からベスの姿を目撃してしまうのです。
ベスは生きていたのか?  

なんてね。隠してもしかたのない大前提なので言っちゃいますが
ベスは墓場から蘇ったゾンビなんですよね。

ゾンビ映画は多々あれど、この映画が珍しいのはベスには意識もあって見た目も普通なこと。
そんなベスと再会し、再びベスを愛していこうとするザックですが、、
ただ、やっぱりゾンビはゾンビ。
次第に劣化してくるベスを前に心が離れていくザック。2人の運命は?


コメディのデハーン君を見るのは初めてでしたが彼は頑張ってたと思います。
でもデハーン君を食っちゃったのがベス役のオーブリー・プラザ(『彼女はパートタイム・トラベラー』。もともと強面のオーブリーですが、徐々に凶暴になっていくさまが壮絶で、ブラックな笑いを誘うんですよ。監督とはプライベートで恋人同士らしいけど、監督自身が引かなかっただろうか(笑)


笑えるシーンもいくつかあってコメディとしては楽しめたんですが
映画としてのおもしろさを伝え難い作品でもあります。
それは多分ザックの心情に共感しにくいからだと思うんですよね。
変わっていくベスを怖れ、心が離れてしまうのは仕方ないとしても
そもそも別れ話の出ていた恋人同士という設定や、ザックのバンドのこととか、
散りばめられたプロットがいまひとつ生かされていないのは残念。

お食事シーンがなくても、アクションホラーになってなくても、もう少し恐怖の表現があってよかった思うし、コメディであってもゾンビ化することの悲しさが伝わると、もっとしっとりできたかなと思います。



クロニクル
2012年03月14日 (水) | 編集 |


クロニクル  2012年(米)
原題:Chronicle
監督:ジョシュ・トランク
出演:デイン・デハーンマイケル・B・ジョーダン
   アレックス・ラッセル
 【ストーリー】
高校生のアンドリュー、マット、スティーヴの3人はパーティの日、
森の近くに大きな穴を見つけたことから、物を動かす特殊能力を手に入れてしまう。



今日は特殊能力を手に入れた高校生を描くSFサスペンス・ホラー『クロニクル』を観てきました。
これね、映画オタクの主人公アンドリュー君がいつもカメラを回してるって設定で
ハンディカメラによる映像が揺れるんですよ。
序盤特にそれが強く、友人は最初の15分くらいで退室とあいなりました(;´Д`)

さて、突然特殊能力を得た高校生はどうするか。
もしかしたら『スパイダーマン』みたいにヒーローとして活躍する展開を
期待する人がいるかもしれません。だけど考えても見て。
もし自分だったら、街に繰り出して人助けに奔走する?しないよね普通。
そう、この映画でも3人はその力を、念力が使えたらそれやってみたいなということや
いかにも高校生な幼稚な悪戯に使うんですね。
ところが段々にパワーは強くなり、下手すりゃ人を殺すこともできるのだと気づくことになる。
さて、3人の運命は・・。

いやはや、お気軽ティーンズアクションムービーと思いきや
後半は家庭に問題のあるアンドリューの内なる怒りが爆発し
驚きぶっ飛びのダークファンタジーへと様相を変えます。
クライマックスの恐ろしさはただ事じゃない。
監督が一番影響を受けたのは大友克洋の『AKIRA』だそうで、
未見ですが、観た方は話の展開が想像つくかな。
正直、段々ダークになっていくストーリーに心が落ち着かず、辛いものがありました。
でもなんか凄いものを観たという気持ちになるのも確か。

道徳からかけ離れていく本作、もっとブラックでホラーに着地するところを
ラストシーンでかろうじて救ってますね。

誰にも愛されてないと思ってるあなた。でも愛してくれてる人はいるんだよ とか
力の使い方を間違えるととんでもないことになるよ とか
そんなメッセージも感じる青春映画です。

賛否両論あるでしょうけど、観る価値ありの一本かと。
日本公開は今のところ未定

">