映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
デッドマン・ダウン
2013年08月10日 (土) | 編集 |





今年はイザベル・ユペールの出演作品が日本で5本公開されるんだそうです。これは凄いことですよね。
シャブロルやハネケ作品でおなじみのユペール
今彼女が求められるのは何故か。
この機会にその魅力を探るべく、ユペールの出演作品を観てみようと思います。
まずは、秋に公開予定の本作から。



 

デッドマン・ダウン(2013)アメリカ
原題:Dead Man Down
監督:ニールス・アルデン・オプレヴ
出演:コリン・ファレル/ノオミ・ラパス/ドミニク・クーパー/テレンス・ハワード/イザベル・ユペール


『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』のニールス・アルデン・オプレヴ監督のハリウッドデビュー作品です。

コリン・ファレル演じるビクターは、ニューヨークのギャングのボスの右腕的存在。
実はあることから組織に恨みを持ち、ビクターはひそかに復讐計画を実践しているんですね。
そんな彼が知り合うのが、アパートの向かいに暮らすベアトリス(ノオミ・ラパス)。
交通事故で顔に傷が残ってしまったベアトリスは、ビクターと「復讐」という共通項で繋がっていくのです。

組織内に潜入しつつ、ひそかに脅しをかけボス(テレンス・ハワード)を追い詰めていくコリンは静かな怒りを秘めた悲しきアウトローが似合いますよね。

一方ノオミ演じるベアトリスは、復讐に身を焦がし、本来ある人間性さえなくしかけた女。
そのベアトリスをかろうじて救っているのが、ユペール演じる可愛らしい母親です。

でもね、これユペールじゃなくてもいいわぁ。

聴力障害という設定や、ユペールを起用したことが後半きっと意味を持ってくるだろうという期待は裏切られ物足りなさを感じます。
一度は出演を断ったユペールにノオミ・ラパスが長いE-mailを書き説得したようだけど。。
ふむ、名前で映画に格を添えた以外に、彼女の価値を感じられなかったのが残念ですよ。
ナタリー・バイとか、フランス語を喋るおっとり系の女優さんはいくらでもいると思うんだけどね。





静かなスリルにグロテスクなバイオレンスが盛り込まれているのはミレニアムの監督らしいところ。
そこにちょっぴり恋愛風味を加味したいという狙いは分かるけど
個人的にノオミに魅力を感じないのもあって、ロマンス部分にときめきはなかった。

何かとリアリティに欠け、ユペールの使い方にも不満を感じるけれど
コリンファンなら一見の価値あり。

 

■トラックバックいただいてます

Tracked from ここなつ映画レビュー at 2013-11-13 13:57 x

タイトル : 「デッドマン・ダウン」
いや~B級作品でした。何がB級かって、唐突に流れてくるラップ調の音楽のせいでもなく、テレンス・ハワードに大物感がゼロだからでもなく、ともかく、女がステレオタイプというか、古い考え方や趣味に凝り固まっている設定でイライラ。「男は胃袋で掴むのよ」なーんて、イマドキあなた…。交通事故で顔に傷はお気の毒だけど、だからって轢いた相手を殺してやりたいなんて、女のどろどろはそこかい?しかもノオミ・ラパスが顔の傷が似合っちゃうようなイメージだもんだから尚更収まりが悪い。頼まれたメール便も「あなたのためを思って」中......more