映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【追悼】ジョン・ハート『殺し屋たちの挽歌』
2017年02月02日 (木) | 編集 |
The Hit 1984
殺し屋たちの挽歌(1984
イギリス
原題:The Hit
監督:スティーヴン・フリアーズ
脚本:ピーター・プリンス
出演:
ジョン・ハートティム・ロス/ラウラ・デル・ソル/テレンス・スタンプ/フェルナンド・レイ

【あらすじ】
強盗仲間を裏切り、スペインで隠れ住む男の元へ二人の殺し屋が現れた。二人の目的は、組織のボスが待つパリへ男を連れていくこと。そこへ誘拐事件に巻き込まれた少女が加わり、奇妙な4人組の旅が始まった……。

【感想】
  ジョン・ハートの追悼2本目です。
本作でジョン・ハートが演じるのは渋い殺し屋ブラドック。
彼の任務は、強盗仲間を裏切り10年間もスペインに隠れ住んでいたウィリー・パーカー(テレンス・スタンプ)をパリのボスのもとまで連行すること。相棒に若いチンピラ、マイロン(ティム・ロス)、ひょんなことからマギーという15歳(多分ウソ!)の女性まで巻き込んで、4人の奇妙な旅が始まります。
the-hit-main-review.jpg

ところが間もなく、パーカーの落ち着きはらった態度が2人の殺し屋の心をざわつかせるんですね。
マイロンはパーカーが何か企んでいるのではと気が気じゃない
また、ブラドックは、死を恐れていないように見えるパーカーの心を理解できないのです。

殺し屋映画も数々あれど、殺す側、殺される側の心情にここまで踏み込むものは少ないんじゃないでしょうか。
10年間、いつ暗殺者がやってくるかと怯えて過ごしたはずのパーカーは、しかしついにその時が来て、むしろ喜んでいる。
読書家の彼はいくつもの本を読み、運命を受け入れ、最後の舞台を自分の納得のいく形で終わりたいと思っている。
それでも死の受容のステージは、ちょっとしたことで後戻りするのが人間というもの。
テレンス・スタンプはそんなパーカーを見事に演じていて素晴らしい。

thehitmaggie.jpg
ジョン・ハートはベテラン殺し屋ですが、心優しいゆえの詰めの甘さに、自分が一番落ち込むという複雑な役どころ。
ティム・ロスは若気の至りのどチンピラを奔放かつ繊細に演じていて、3人ともが怪演ですね。
でも本作で最もたくましいのが紅一点のマギー。セクシー投入だけの要員じゃなかったのね。
ブラドックが用なしになったマギーを殺せないのは、単に優しいからだけでなく、マギーのたくましさへの憧憬と尊敬の気持ちがあったのかな。
それぞれの関りが4人の心模様を複雑に絡め合うという卓越した脚本。しかも半分コメディかと思うほどの可笑しみも交えて描き出したフリアーズ監督の演出の素晴らしいこと。

長い旅の終わりを微笑みとウィンクという穏やかな表情で決めたブラドック。
スーツ姿の寡黙なジョン・ハートももちろん最高でした。
thehit.jpg
舞台はスペイン。フラメンコギターの音色も心にしみた、これ間違いなく傑作。


お気に入り度4.7

ブログパーツ










【映画】『The Mind of Mr. Soames(原題)』子供の心を育てるとは
2016年02月24日 (水) | 編集 |
the-mind-of-mr-soames-2.jpg

The Mind of Mr. Soames(原題)(1970)イギリス

原題:The Mind of Mr. Soames
監督:アラン・クック
脚本
:ジョン・ヘイル/エドワード・シンプソン
出演:
テレンス・スタンプ/ロバート・ヴォーン/ナイジェル・ダベンポート
 
  

 【あらすじ
Dr.バーゲンを招いて行われた実験的脳外科手術により、生まれてから30年間ずっと昏睡状態にあったジョン・ソームズが覚醒した。


【感想

60年代はハマーと並んでホラー作品を手がけていたイギリスのアミカスプロダクションは70年代に入ってSFを制作するようになり、
本作はそのさきがけとなる医学分野のSFです。
The-Mind-Of-Mr-Soames-Original-Lobby-Card.jpg 



30年間の昏睡から目覚めるソームズを演じるのはテレンス・スタンプ
目を覚ましたソームズはいきなり泣く(笑)
そう、身体は30歳でもソームズは生まれたばかりの赤ちゃんと同じ。

組織の長であるメイトランド医師(ナイジェル・ダベンポート)は、そんなソームズに自身のプログラムにそって教育を施します。
睡眠をつかさどる部分以外は脳細胞は正常に機能していたソームズは、普通の乳幼児よりも早い発達を遂げると仮定し、早期に社会に適応する人間に仕上げることを目指している・・ というと聞こえはいいのだけど
メイトランドにとってソームズはあくまで研究の対象なんです。
しかも病院の宣伝のため、ソームズの成長をテレビショーで流す契約まで結んでいる。

mindofmrsoamesterencestamp.jpg 


かくしてスパルタ的な教育を受けるソームズ。問題は心の成長が追いついていってないこと。
ストレスから心を閉ざすソームズを心配するのが手術を担当したバーゲン医師(ロバート・ヴォーン)。


2501920-20The20Mind20of20Mr_20Soames.jpg   
三人の子供を持つバーゲン医師は、愛情をもって子供に接する術を知っていて
ゲームや遊びを取り入れた教育を自ら実践すると、ソームズは興味をもって様々なことを吸収していきます。
しかし、バーゲンとソームズの関係が密になリプログラムどうりにことが運ばないことにメイトランドは苛立ち、2人を引き離します。やがてソームズはある問題を起こし病院を飛び出すんですが・・・

このあとは赤ちゃんのはじめてのお出かけをちょっとスリリングに追いつつ
その顛末を見せていきます。

SFとされているけれど、本作は子供の成長に必要なものは何かを教えてくれる作品でしたね。
いつまでに文字を覚えさせるとか、歩かせるとか、そういったメイトランドの計画も間違ってはいないけれど
心の発達を無視した教育はモンスターを生みかねない

必要なのはやっぱり愛情であり、情操に働きかける育て方なんだと思う。
そういう意味で某ヴァイオリニストのゲーム機パキン事件のことを考えさせられましたね。
ゲーム機は修理できても子供が心に負った傷はお金で修理できないですから。


大人だけど中身は赤ちゃんで、モノを覚える喜びや新しい世界への怖れを表現したスタンプさんはグッジョブ。
ずっとロンパースみたいな姿なのも可愛い(笑)
リアリティテレビを取り上げたものとしては先駆け的存在じゃないでしょうかね。


愛情あるスキンシップが傷ついた心を癒すことに希望を感じさせるラストにホッ。
小さなお子さんをお持ちの若いお父さんお母さんに、ぜひ観て欲しい作品・・
だけどごめんなさい。これ日本ではソフトになってないみたいでした(汗)




ブログパーツ
【映画】遙か群衆を離れて
2015年11月04日 (水) | 編集 |
さてと、うらうらシニア選手権をはじめます。
これね、英国男優だけでは間が持たないので、急遽ヨーロッパに範囲を広げて
欧州シニア選手権とします(笑)。

何人いけるか分からないので順位はないですが、基本カウントダウンで。
まずは今も現役で沢山の映画に出演し渋い魅力を放つテレンス・スタンプを選出。
terens



Far-From-the-Madding-Crowd-poster1

【作品情報】
遙か群衆を離れて(1967)イギリス
原題:Far from the Madding Crowd
監督:ジョン・シュレシンジャー
脚本:フレデリック・ラファエル
出演:ジュリー・クリスティ / アラン・ベイツ / テレンス・スタンプ / ピーター・フィンチ/ プルネラ・ランサム

【ストーリー】
伯父から受け継いだ農場を切り盛りしている若き女主人バスシーバは、羊飼いのゲイブリエル(ベイツ)から求婚されるが、それを断り、女中の恋人だった軍曹トロイ(スタンプ)と結婚する・・

【感想】

トーマス・ハーディの原作小説をテレンス・フィッシャーが映画化した、ビクトリア時代の農場に暮らすヒロインの波乱万丈な生き方を描く大河ドラマです。
今年『偽りなき者』のトマス・ヴィンターベア監督、キャリー・マリガン主演で再び映画化されたものを劇場鑑賞してたので、色々比べてしまいましたが、3人の男に求婚されるさまが唐突な気がして笑ってしまったヴィンターベア版に比べると、170分でじっくり描いた本作はそれぞれの心理描写が明確でストーリー展開がスムーズでした。

ヒロインバスシーバにジュリー・クリスティ
農夫ゲイブリルにアラン・ベイツ、隣の大農場主ボールドウッドにピーター・フィンチ
そして軍曹トロイを演じるのがテレンス・スタンプです。

スタンプは29歳くらいかな。
農場の女中ファニーと恋仲にあって、結婚までしようとしたスタンプですが
式当日ファニーが教会を間違えたことで、恥をかかされたトロイが激怒し2人は離別。

FarFromTheMaddingCrowd2

その後道すがらにバスシーバと出会い、バスシーバの方がトロイの方に熱を上げてしまう。
バスシーバに求婚し返事を待っていた隣の大農場主フィンチは、これをヤバイと思い
トロイに昔の恋人ファニーと結婚する費用を出すからここを出て行けと促します。
しかしそれに反抗したトロイが見せ付けるようにバスシーバに接近し、2人は結婚。
でも悲しいことにトロイはファニーを愛してたんですよね。

ヴィンターベア版ではバスシーバはどうしてトロイに惹かれたんだろうと思ったのだけど
本作ではバスシーバがトロイを深く愛していたことに納得するほどテレンスが危険で奔放な魅力を放ってました。
far-from-the-madding-crowd-1967-still

ただし、バスシーバに剣の腕を見せるシーンはあかん。
ヴィンターヴェア版ではこのシーンがとても官能的で、
S的なトロイにバスシーバのM的な内面の目覚めを感じさせる大事なシーンだと思ったんですが
スレシンジャー版からは官能を感じらないばかりか、ダサくて笑ってしまった。

後に身を隠しサーカスの一員となったトロイの剣捌きから、バスシーバがトロイの面影を重ねるというシーンがあり、その伏線になってはいるものの、2人の愛が加速するシーンというのが印象付けられなかったのは残念。

比較ついでに書くと、ジュリー・クリスティは結婚なんて興味ないと、独立心旺盛の気の強い前半は良かったのだけど、恋する乙女になってからは失速。
弱さと強さを兼ね備えた柔軟性という意味でキャリー・マリガンに軍配。

finch

新作ではただのいい人に感じられたボールドウッド役のマイケル・シーンでしたが
ピーター・フィンチは権力を使ってでも老いらくの恋を成就させようとする執拗さが極まっていて見事。

bate

新作ではマティアス・スーナールツが静かにバスシーバの愛を貫き通すゲイブリエルを演じ、ほぼ主役の存在感でしたが、アラン・ベイツはいい人どまりで印象薄し。

映画全体として観れば、農場の人々や、祭りに沸く民衆など
時代背景を捉えた土地の見せ方が秀逸で、170分という長い作品なのに全く飽きない。
雄大な農場の風景も美しい面白い作品になってました。

ちなみに今回はテレビ放送を録画しての鑑賞でしたが
劇場上映のように、途中インターミッションをとってるのが印象的でした。
 


ブログパーツ